2022年06月29日

初夏の1日教室 6/29(水)10:30-12:00

1日教室のご案内です。
会員でない方も簡単な手続きでご参加いただけます。
費用は受講料以外はかかりません。

プリザーブドフラワーを手にするのが全く初めての方でも楽しんでいただける内容です。

お問合せ等ございましたらお気軽に下記のメールまでお願いします。

ミルフルール・フラワーデザイン、メールアドレスはこちら↓
mille-fleurs★gg.em-net.jp(★を@に置きかけて、メール送信お願いします。)
LINE、Instagram、twitter等のSNSからのご連絡でもOKです。
万が一こちらからの返信が24時間以内にない場合は見落としがあるかもしれませんので、すみませんが、再度ご連絡お願い申し上げます。m(__)m
******************************************************************
はかなげな色合いのアジサイをワイヤリングで丁寧に箱に詰めて、ニュアンスカラーのバラ1輪をアクセントにして仕上げます。

ギフトにはもちろんですが、お部屋のディスプレイにも長くお楽しみいただけます。

日にち:6月29日(水)新中野(コープみらいカルチャー)
費用:4,805円 (花材費込)

_36A1794.JPG
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2022年05月15日

カスミソウのオーバルリース

baby's breath wreath, oval.

カスミソウのオーバルリース。

一花ひと花が
雨上がりの光の粒子みたいです。

今日は蒸しますね。

カスミソウを編んでいると、子供の頃秘密の場所に毎日出かけては、シロツメグサのリースを編んでいた記憶が蘇ります。

どうやって作るのか忘れてしまったけど、毎日ひたすら誰もいない空き地の叢、シロツメグサは摘み放題で飽きるまで一人で遊んでました。

やり始めるとやめれなくて、どんどん長く重くなって、しまいには綱のようになって、でも楽しくてやめれないんですよね。
_36A5598.JPG
#カスミソウ #オーバルリース #babysbreath
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2022年05月13日

クレマチスの名前変更 インスピレーションからキーウへ

clematis kaiu.
name has been changed from inspiration.

お馴染みのクレマチスのインスピレーションが2022年4月8日付けでキーウと改名されました。

変更理由は、輸入元の会社の説明によると
オランダの花き生産企業Marginpar(マーギンパー)が、商品名をウクライナ首都キーウ(キエフ)に改名することで、ウクライナで困難な状況に追い込まれてしまっている方々への人道的支援と連帯の意を示すための変更なそうです。

マーギンパーはヨーロッパを拠点とするグローバル企業であり、日本以上に身近にウクライナで起きている問題を捉え、行動しています。

マーギンパーは本商品の売り上げを一定期間オランダのウクライナ支援組織(Giro555)に寄付することを受け、日本でもも連携し同期間の売上をすべてマーギンパー経由で同組織に寄付されます。


【参考】マーギンパーのWebサイト

https://www.marginpar.com/nieuws/clematis-amazingr-kyiv-tribute-ukraine

!

オランダの皇室か所有しているお城を一棟丸ごとウクライナからの移民に開放することをすぐに決めたり、一般の家庭でも積極的にウクライナからの日難民を受け入れたり、オランダはヨーロッパの国の中でも突出してウクライナ問題に積極的に取り組まれているように感じます。

それに比べて、ウクライナからのわんこに対しての日本の検疫の対応、今戦火を逃げてきた人に真面目な顔でやっているところが、日本人あるあるジョークのようで笑えません。

動物検疫所 成田支所
料金のご案内です。
一泊3000円×181日分と交通費3,000円で54万6000円。
もしお支払できなければお世話をする事は出来ません。

_36A5253.JPG

#クレマチス #キーウ #clematis #kaiu #maginper
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2022年05月12日

バーガンディーアイスバーグ

rose, burgundy iceberg.

濃紫のワインカラーのバラはバーガンディ・アイスバーグです。
茎がツルのように細くてつるんとしています。
この茎の特徴を活かしてしなだれた妖艶な雰囲気をだします。

また花びらの裏が白くなっているのもユニークです。

その視覚的効果のせいで、花びらの質感について、他のバラならシルクのような、と例えられるところを、このバラはネルのような起毛した暖かさを感じさせられるのです。

実際触るとそんなことはなくツルツルしてますけどね。

ところで紫色といえば、紫外線。
シミに大敵で悪者扱いされがちですが、脳の代謝には大変重要なそうです。

リモートワークでこもりがちだと外に出ないで一日過ごされることも多くなりますが、リフレッシュも兼ねて数分でも太陽の下を歩きましょう。

落ち込んだ心もきっと太陽が癒やしてくれるはずです。

_36A5332.JPG


#バラ #バーガンディアイスバーグ#rose #burgundyiceberg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:10| Flower Lesson

2022年05月11日

カスミソウのハンドルブーケ

baby's breath.

ハンドル部分をひと握り程度に狭くするとウェディングの二次会のカジュアルなブーケとしても利用出来るデザインです。
このデザインのブーケは両手がフリーになることで花嫁がホストとしてゲストへの接待が可能になります。


インテリアとして飾るのなら、ハンドル部分はあと3倍ぐらい広げたほうがバランスがいいですね。

今回は2パターン画像を用意しましたので違いをご確認ください。

リースを素敵な仕上がりに見せるのはアウトラインの滑らかな曲線を作り出すことはもちろんですが、立体的な奥行を演出 するためにはそれ以上にリースの内側のラインに気を配る必要があります。

クリスマスリースの枝物を扱うのと違って、華奢なカスミソウは可能な限りたくさんの本数を1回ワイヤーを巻き上げるごとに 入れていかないとなかなかボリューム感は出せません。

花の位置を横一列に揃えたら、リースに垂直にワイヤーを2回きつく回し花留めします。
その際に花首すぐ下できっちりワイヤーで縛ると土台の蔓と一体化したフラワーリースができあがりますし、 花首から数センチ下のところをワイヤーで縛るとふんわりと空気感のある仕上がりになります。

きっちり花首下で短くワイヤーで止めるとドライフラワ―になってからも茎の綺麗なラインが楽しめます。
しかし花の本数はかなり多く必要になってきます。

カスミソウはカーネーションと同じナデシコ科なので、5月に旬を迎えます。普段の月より用意に入手可能になります。
大変身近な花材ですし、土台は蔓でなくても簡単なワイヤーを利用して花をつないでいくと自由な形のリースを作ることができます。 そのままドライフラワーになるので一年と言わず数年間は楽しめます。
ちなみにカスミソウの匂いの成分は「イソ吉草酸」といいます。調べてみてくださいね。

_36A4556.JPG

_36A4167.jpg

コープ未来カルチャーさんのレッスンHP↓
(ご入会はどなたでも、いつからでも可能です。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/index2.htm
#カスミソウ #babysbreath #babysbreathbouquet
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:08| Flower Lesson

2022年05月08日

取り扱い注意のスズラン

Bonne Fête Maman!

今年は5月早めの母の日です。

ゴールデンウイークに重なるのも珍しいです。
そのため、うっかり忘れてしまってる方も多いのではないでしょうか。

そして、5月1日のすずらんの日、遅れてしまいポストが今日になってしまいました。

スズランは今が旬です。

根に最も強い毒素を持ちます。花も葉も植物全体が危険なので、お花をあしらうときは、毒物を扱うような慎重さが大事です。甘い香りがあるから一層要慎が必要です。

ぴゅんはもともとは食事に興味がなく、鶏肉の匂い以外は冷静な子だったので、拾い食いもせず、鉄壁の信頼が今まではありましたが、発作止めの薬が食欲を過多にする副作用があるので、今は何でも漁って食べるようになってしまいました。
しかも小さな花なので床に花を落としてないか見落とさないよう気をつけます。

キッチンの柵もこの一年でつけ始めたところです。

5月は公園も花盛りでたのしいですが、口にすると神経系の毒物を含む植物も春の花に多いのでわんこのお散歩は十分お気をつけください。

_36A4356.JPG
#スズラン #muguet #母の日#BonneFêteMaman
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:28| Flower Lesson

2022年05月07日

スターリングセンセーション

rose, starring sensation.

モーブ色のバラはスターリングセンセーションです。

この色合いのバラはすぐに開いて日持ちが良くないのですが、今回はかなり頑丈です。
やはり好きな色なので見ていて一番心落ち着かせてもらえます。

毎朝ぴゅんはご飯の催促に来るのですが、まだ2時間もあるので寝たふりをしてると、ぴったりお尻をくっつけて添い寝をしてくれるようになりました。
この4月に入ってからです。

病気をしてからは情感が分からなくなり、甘えることがすっかりなくなってました。

おしりにぴゅんのぬくもりを感じながら、このまま時が止まってくれたらどんなにいいだろうと、幸せを感じます。
一緒に背中合わせで寝ていると、ネロとパトラッシュになった気分です。

アイドルの後追いとか、社会問題になったこともあるけれど、これだけわんこを飼っている人がいて、ペットロス以上に、ペットの後追いとかきいたことがないので、みんな踏んばって強く生きてるんだなぁと、自分の弱さが身にしみます。

怖いから後追いはできないと思うけれど、ただぴゅんがいないと生きていけないなぁ、と毎日思います。

_36A3848.JPG
#スターリングセンセーション #バラ #rose
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2022年05月05日

ニゲラ ミッドナイト

nigella, midnight.

淡い水色のニゲラと違って、ダークな色合いが珍しい、ミッドナイトという品種です。
花の芯も真っ黒です。

ゴールデンウィークはどこにもいけないので、せめて旅行気分を味わおうと、またまたアマゾンで映画鑑賞です。

今回はエリックロメールの映画を全部見ようと、着々と制覇してます。

昔岩波ホールで観たのも何本かありますが、いつものごとくほとんど記憶から消えているので新鮮です。  

中でもお気に入りが、[レネットたミラベル4つの冒険]という作品。

出てくる女の子が可愛いのと、二人の会話がクールでいかにもフレンチなんです。

突き放してるように見えていて、協力したり、反目しても、もとに戻ったり、中心には信頼があるからこそなのだと思いますが、こんな関係いいなぁと、ハートウォーミングなほのぼの系です。

映画を見始めると、この監督のを見てみよう、とか、この俳優が出てる他のもみてみたい、と芋づる式に欲望が広がるのできりがないです。

中でも今はファブリス・ルキーニという俳優がちょこちょこ出ていて、なんか変なので気になります。
年取ってからは普通なのだけど、若目のときの風貌がちょっといらつくような、面白い雰囲気を醸し出していて気になる、気になる。。

_36A3452.JPG
#レネットとミラベル #エリックロメール #ニゲラ #ミッドナイト #nigella  #ファブリスルキーニ #ミルフルール映画の記録
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2022年05月04日

エターナルローラ

rose, eternal Rola.

オフホワイトのスプレーバラはエターナルローラです。

ピンクのローラの枝変わり品種です。
オフホワイトと言うけれど、正確には、クリームの薄い色をしています。

さて、明日5月5日は子供の日で、立夏です。

この一ヶ月半ほど、週2ベースで新タマのご飯を炊いて春の味を楽しんでました。

春キャベツ、新ジャガ、春野菜は柔らかくて美味しいですが、そんな春もゆっくり次のステージへ、移り変わっていきます。

_36A3381.JPG
#エターナルローラ #ローズ  #rose
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2022年05月03日

黄色いバラ スペード

rose, spade.

ゴールデンウィークのイメージにぴったりのバラ、スペードです。

大輪で花びらが波打っていて楽しそうに見えます。

今年の連休は久しぶりの帰省やお出かけとかで、いろいろな場所が賑わっていそうです。どこにもいかない私でさえ嬉しい気持ちになります。
コロナはなくならないけれど、だんだんともとの生活に戻れるように日常が動き始めてるのを感じます。

私は、
爽やかな晴天で次から次へと洗濯機をまわし、大物洗いをして連休を過ごしてます。
お布団もそろそろ片付けたいですね。

街はツツジや羽衣ジャスミンの甘い香りに包まれ、きっと切り花には目もくれてもらえそうになさそうです。

どうぞ素敵な連休をお過ごしくださいますように!

_36A2310.JPG
#スペード #バラ #rose #spade
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson