2006年08月29日

アイスフラワーの睡蓮

時が止まったかのような印象を受けるお花、アイスフラワーのご紹介です。
プリザーブドフラワーと違ってアイスフラワーは氷点加工されたいわばお花のフリーズドライです。なのでお花の色もナチュラルで生花と見間違えってしまうほどの美しさです。生花よりはお値段は高いですが、その分3〜4ヶ月の長い期間楽しめます。バラの種類も豊富でプリザーブドフラワーのように人工的に着色されていないのでお式が終わってからもずっと余韻を楽しみたい花嫁様にお薦めです。これからブライダルのブーケでもどんどんご紹介させていただこうと思っておりますのでご期待下さい。
そしてこれは睡蓮のアイスフラワーです。睡蓮は生花ですと水揚が難しいのでこのような形で利用するのが不可能です。でも7月8月の真夏のブライダルでアイスフラワーの睡蓮を並べたメインテーブルなんてとても高貴な感じがしませんか?ぜーんぶゲストの方にお持ち帰りいただけますのでご参加される皆さんにも喜んでいただけることと思います。



waterlily.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson

ワックスフラワー

花芯のところが特にキャンドルの芯のようにみえますね。花びらも蝋のようにコチコチしているので、その触感から名前がつけられました。白い色とか薄いピンクとか色のヴァリエーションが楽しめます。秋になるとこのぐらいこっくり深いピンクのワックスフラワーを手にとりたくなります。茎を鋏でパチンパチン切ると松脂のようないい香りがします。もしかしたら好き嫌いがあるかもしれませんが、私はとても好きな香りです。あの香りが嗅げるなぁと嬉しくなって仕入れることもあるぐらいです。

画像で眺めると可愛いいピンクでしかも小花で、というように写るかもしれませんがその実、芯の強いしっかり者といったお花です。
waxflower.jpg

http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:21 | TrackBack(0) | Flower Lesson

秋明菊

楚々とした、たたずまいが魅力的な秋の花です。まだまだ残暑が厳しいですが、花の季節は確実に秋へと足を掛けているようです。窓からさす陽の光も強烈な黄色にぎらぎら照りつける光から鈍いオレンジ色に少しずつ変化をし、空の高さが一段と高くなり雲も細長くただようようになってきました。

ほんのりピンクの秋明菊は細長い茎ののっぽさんで、その姿は秋の山に風に揺られる姿が目に浮かぶようです。名前は菊ですが、キク科の花ではありません。春のラナンキュラスやアネモネと同じきんぽうげ科のお花です。茎の1箇所から放射状についた葉の形や、花が開いたときの花芯の形や花粉の状態までアネモネのそれにそっくりです。首の長いところとかはかなげで美しいその姿はモディリアー二の描く女性の姿を思い起こさせます。花びらがハラハラしてしまうので、優しくそーっと茎からお花を持ち上げます。
shuumeigiku.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:13 | TrackBack(0) | Flower Lesson