2006年09月28日

パンプキン

ハロウィンのかぼちゃが面白いです。この白いパンプキンはベビーブッシュという名前です。シンデレラのかぼちゃの馬車そのものの形ですね。呪文をかけて本当に馬車になれば楽しいですね〜。
白いパンプキンは10月のブライダルにも可愛く演出できます。ベビーブルーのおリボンをつけてみました。白いワイヤーでできた小さいパンプス型の器もしっかり用意してます。花嫁様にたくさんの幸せが訪れますように。
pampkin.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:44 | TrackBack(0) | Flower Lesson

秋明菊

秋のアネモネといった感じですね。菊と名前がついてますが、実際は春のアネモネや、ラナンキュラスと同じキンポウゲ科のお花です。薄いピンクのお花もあります。シベが何ともいえず可愛いいですよね。白いアネモネと似ていますが、楚々とした清楚な印象がします。蕾がたくさんついていますので次から次へとお花を咲かせて楽しませてくれます。

shumeigiku.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:34 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月24日

大輪ダリヤのウェディング会場装花

直径が18cm程の大輪のダリヤを使っての会場装花です。黄色をメインテーマでのご依頼をご新婦さまから受けておりました。このダリヤはモナコという名前です。レモンイエローの優しいお色が会場の雰囲気により一層の優雅さを添えています。バラにもだせないような、花びらの透明感やみずみずしさが魅力的です。春のシャクヤクも華やかですが、秋のダリヤはシックさも加わりとても上品な印象をうけます。昨日は調度お彼岸で暑さやそれに伴う蒸し暑さがぴったりとおさまり、お天気にも恵まれました。もし先週だったらこのダリヤは利用できませんでした。ダリヤのこの透明感は花びらの薄さによるものですので、とても繊細です。花の納品でもほんの些細なことでも傷みをともなってしまうので、尚一層気を使う花材です。
気品と優雅さを兼ね備えた高価なダリヤのご紹介でした。
詳細はまた後ほど、サイトでアップいたします。

dariyakaijou.jpg
dariyakaijou2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:27 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月21日

VIVA ダリヤ

ダリヤがとっても可愛くって、最近ダリヤにはまりっぱなしです。ふうふう暑い7月頃からずっと使っていましたが、普通のダリヤは入荷の時に、一束ごとにセロハンに包まれていて、その中で熱気で蒸れているようで、私の手元で水揚される頃には花びらが少し落ちることが多く、大きなお花で頑丈そうにみえるのに、見かけに比べてかなりデリケートだなぁと妙な共感を覚えてしまったりしていました。
当たり前のことですが、本当に最近はあの頃の暑さは序々に薄らぎ、そんなダリヤも少しずつ体力を回復してきているかのように見えほっとしております。このダリヤ、10月末頃から11月初旬まで何とか出回りますが、その後、ぱったり消えてしまいます。今日もダリヤ!!と思っていた姿が急になくなると、大切な友達が突然失踪してしまったような寂しさがきます。その年の気候にもよりますが、秋が深まるにつれ、いつなくなってしまうのか少しどきどき懼れながら過ごす、それでも楽しい季節です。
前置きが大変長くなってしまいましたが、今日のダリヤは朱がかった和調のダリヤです。漆の器が合いそうなかしこまった雰囲気のダリヤだなぁと感じました。コニカルの実やバラの花をラメで少しおめかしして、このアレンジは、題して『ジャポニズム』??なんていかがでしょうか?色っぽい赤じゃありませんか?
dariyaarrange.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 22:11 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月15日

コルダータ

秋の声をきくと必ず使いたくなる葉もの、コルダータです。
この紅葉したような何ともいえない深い色味が葉もの好きにはたまらない魅力です。この葉をさりげなく使うと生けたお花がより一層奥行きのある印象を受けます。
今日のミルフルールのテーブルには赤いサンゴ水木、赤いポポラス、紅葉雪柳、そしてコルダータにダリヤや実物で秋がいっぱいです。
goruda-ta.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:24 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月13日

八重咲きのコスモス

一見コスモスには見えないですよね。花びらの重なり具合のところがスカビオサのような雰囲気がします。花びらがどんどん重なって、花の直径が大きなもので7〜8cm程度ある大きなものもあります。茎はとても細いので大きな頭を支えるのにとても重そうです。土に根を張ってたときは、ゆらゆらとそれでも安定していたのでしょうが、切花になると水の揚がりが心配なので、しっかり水切りして頭の上まで水がいきわたるようにしましょう。

八重咲きのコスモスは白、ピンク、エンジと色とりどり、大きさもさまざま、飴色のバスケットにざっくり生けて秋を演出します。新しい壁紙に追加しましたので気に入っていただけたら是非ご利用くださいね。
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
yaecosmos.jpg
yaecosmos2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 21:21 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月11日

白いコスモス

コスモスというとピンク色を思いおこしますが、真っ白なコスモスをみると何だか新鮮な気がしますね。
ヴェルサイユというコスモスの品種の白い色になります。
丈の長いコスモスは可憐なようでもあり、風になびいてもたおやかで内面に秘めた強さを感じさせてくれる花です。
whitecosmos.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:55 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月06日

ジュリア

バラの中でも不動の人気を誇るジュリア、初めてジュリアを見たときの感動は今でも忘れません。
蕾の時から開いてくるまで花の形も色合いも微妙に変化します。ジュリアを綺麗にみせる撮影に成功しました。
ジュリアは透過光が一番似合います。光の加減によって、茶色っぽく見えたり、ピンクっぽく見えたり、場所によって全く違った印象を見せるベテラン女優の風情を感じます。この状態の時、「しべ」がきんぽうげ科の花、(例えばアネモネのような。。)のようにも、野バラのようにも見えて好きな瞬間です。

julia.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:46 | TrackBack(0) | Flower Lesson

フーセンポピー

ぱんぱんに脹らんで今にもはじけそうな実、でも、もじゃもじゃの黄がかった葉にお花が咲いている初夏の頃の名残があります。
ポピーと名づけられていますが、ポピーではありません。
淡い水色の花を咲かせた二ゲラの実です。この風船の中にはたくさんの種が詰まっています。ドライフラワーとしてもよく使われる花材です。
二ゲラの花の時には花びらが繊細で、ハラハラと落ちないようにとても気を使いますが、実が付いてからは丈夫で、物怖じしない母のような風格を感じさせられます。

fuusenpoppy.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:38 | TrackBack(0) | Flower Lesson

秋のベリー達

これから秋を彩る実もの、ベリー達をクローズアップしてご紹介致します。
眺めているとまさに実りの秋っといった満ち足りた気持ちにさせられます。

berries.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:31 | TrackBack(0) | Flower Lesson

クロコスミア

やはり5月ごろグラジオラスをとても小ぶりにしたような形でオレンジ色のお花を咲かせたアヤメ科のお花クロコスミアの実です。末枯れた色味が多少混じり素敵ですよね。春に楽しませてくれたお花との形を変えての再会は偶然旧友にめぐり合ったみたいで懐かしい気持ちにさせられます。
kurokosumia.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:26 | TrackBack(0) | Flower Lesson

ティナスベリー

5月頃爽やかな淡い黄緑色で人気の高価な花材ビバーナムが秋にはベリーに姿を変え登場です。年明け2月頃まで出回り楽しませてくれます。あわせるとシックになるのでブライダルブーケにも人気の花材です。
このビバーナムティナスはブルーベリーという名前が付いていました。
アップで撮影してみると、確かにこのツブツブがブルーベリーみたいに写り、とてもおいしそうです。
tinasu2.jpg
tinasu.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:20 | TrackBack(0) | Flower Lesson

ポポラスベリー

ユーカリの仲間です。葉がグニユーカリよりかなり大きめで平たくなっているのが特徴です。ボルドーカラーでマット感があるのが秋の気配たっぷりです。特にこのベリーの部分が可愛いですよね。

poporasu2.jpg
poporasu.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:13 | TrackBack(0) | Flower Lesson

黄花コスモス

目の覚めるようなオレンジ色がとってもおいしそう。葉っぱは切れ込みの入ったしっかりコスモスの葉の形をしています。春菊を思わせるこの葉を見るとキク科の仲間だなぁと実感です。
花ビラがとっても繊細なので少しでもうっかり何かに触れてしまうとそこのところに傷が付き、そこから黒ずんできてしまいます。茎も細いので花同士が絡み合わないように、コードの線をたどるようにして、根元の方から丁寧に選り分けてアレンジします。水揚は良くないので、ぼうぼうとした葉は、上の見える部分だけを残し、落とします。オアシス生けもちょっと難しいかも・・・投げ入れの方が無難です。
kibanacosmos.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:26 | TrackBack(0) | Flower Lesson

秋色アジサイ

いよいよ秋色アジサイが似合う季節の到来です。秋色アジサイといってもその色あいはさまざま。ボルドーカラーのアジサイもあれば、黄緑に赤いふちがついたようなものもあります。
今日ご紹介の秋色アジサイはもとの青色の部分が強いようです。でも角度を変えて眺めると赤っぽいところや茶色っぽいところもあったりです。
束ごとざっくりガラスの器に入れてディスプレイ。ヨーロピアンなたたずまいです。



akiiroajisai.jpg
akiiroajisai2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:16 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月05日

秋色のアレンジメント

お店の開店10周年のお祝いのプレゼントにお届けしたバスケットフラワーです。秋色一色のアレンジです。大きく伸びた枝はサンゴ水木、それから花ナス(ミニトマト?って聞かれます。)ガーベラはオレンジのグラデーションで陰影をつけます。サータキとミノウです。それからケイトウやバラのジュリア、それから秋色アジサイ、ユーカリはボルドーカラーのポポラス、ワックスフラワー、グリーンとお気に入りのお花をバスケットにキュッとつめさせていただきました。お食事処へのお届けは食欲増進のオレンジや黄色系のビタミンカラーでお届けするとお皿にのったご馳走もきっとおいしく見えることと思います。
急に秋めいてきたお花をみるとこれから迎える季節の期待でワクワクしてきます。
akiarrange.jpg
akiarrange2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 01:09 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2006年09月03日

アットホームなフラワースタンド

ファンの方から舞台にご出演の皆さんへのお花のプレゼントでたくさんのメッセージもお預かりいたしました。舞台がとてもアットホームな雰囲気だったことと、メッセージがニックネームだったので、贈られる方も受取られる方も皆が楽しんでいただけるように思い切って、メッセージをスタンドに飾り付けてみました。「妖精のおとぎの国」のようなテーマの舞台なので何となくそんな雰囲気がかもしだせたらいいなぁと考えながらのデザインです。
鳥かごにはプリザーブフラワーのバラの花びらが舞い踊ってます。
スタンドのまっさらな状態だと殺風景なので森を意識してグリーンのラッピングペーパーで器をカバー。
最初に見つけられたご出演の方も「きゃー素敵、何か緊張してきたぁ〜っ」とメッセージをとっても嬉しそうに読まれてらっしゃいました。

flowerstand3.jpg
flowerstand2.jpg
flowerstand.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:41 | TrackBack(0) | Flower Lesson

秋の空

秋明菊のご紹介の時に空の話を少しいたしましたが、今週末はお天気にも恵まれ、空気も澄んでいるせいか一層秋の空が楽しめました。
ふわふわ綿菓子のような雲から、チリメン模様の雲になりました。

sky.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:19 | TrackBack(0) | Flower Lesson