2006年11月08日

オレンジのラナンキュラス

咲ききったラナンキュラスは花びらの重なりがミルフィーユみたいですね。
もう水仙やラナンキュラスが当たり前のようにでていて、花の季節はクリスマスと春のお花にうつりつつあります。とはいえ、この季節、まだらナンキュラスにはちょっと早いような気がします。寒くなったとはいえ、まだラナンにとってはまだ気温が高いんですね。見る見るうちに薄い花びらを広げてしまいます。

オレンジ色のサイザル麻が編みこまれたまん丸器に首を短くしてラナンをあしらってみました。
私のイメージは、「だるまさん」、もしくは「おきあがりこぼし」。
コロンコロンと私の思惑通り右に左にオレンジ色のフィルターがかかった秋の陽射しの中、ずっと揺れていました。
ranan.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:50 | TrackBack(0) | Flower Lesson

深いオレンジのカーネーション

秋晴れが続きますね。最近ベランダから富士山がくっきり見えて気温もどんどん低くなってきたなぁと実感します。秋も終盤、晩秋へと向かっているようです。
どうしてもこんなあったか色のお花に目がいきます。
レッスンでは「ナナ」というきれいなオレンジ色のスプレーカーネーションでリースを作っていただきましたが、このカーネーションはもう少しオレンジ色が濃く「オータム」という名前です。
(かなり似ているんですけどね・・。)

オレンジ色が美しいのでオレンジ色のワックスペーパーでまん丸花束にラッピングです。一緒に添えられている実はノバラの実です。

autumn.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:41 | TrackBack(0) | Flower Lesson

ジプシーキュリオサ

秋色のバラですね。色のトーンが2段階に見える面白い花びらです。画像では分かりにくいのですがかなり大きなバラです。この器も結構おおきいのでお部屋に飾ると存在感大です。
オレンジのくすんだ感じ?茶バラ?ピンク?とこのお花のお色を表現するのに人それぞれで、それゆえにこのお花ずばり必要なときには、しっかり名前も記憶にとどめていただきたいお花です。
gipsy.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson