2007年05月29日

5/31〜6/7 水野の不在のお知らせです。

今週5/31(木)〜6/7(木)の間、水野が不在の為、メールやお電話でのご連絡が出来ません。ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

6/10(日)のレッスンのご変更やお申込については私からの返信メールは6/8(金)以降になります。不在の間いただいたお問合せやご連絡については6/8(金)中には全てご返信させていただくつもりでおりますが、状況はサイトでまた逐一ご連絡させていただきます。
レッスンのお写真のアップ等もそれ以降になってしまいますので、楽しみにして下さっている方には大変申し訳ありません。

仕事でフランスに行きますが、またお花屋さんなどもご紹介できたらなぁと思っておりますので、どうぞ楽しみにしてくださいね。



kirimanjaro.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:47 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月27日

虹色のバラ

学祭のイベントでタレントさんへのご依頼の花束です。
虹色のバラで花びら一枚一枚が違う色をしている、見ているだけで不思議なバラです。オランダからはるばる取り寄せた珍しいバラです。
インパクト大のプレゼントですよね。
rainbow1.jpg

もともとは白いバラに色を吸わせて加工されていますが、その方法はトップシークレットなそうです。花びら1枚1枚はそれぞれ1色の色で、決して濁りやグラデーションなど交じり合うことなく純粋な色をしているのです。もちろん生のお花なんですよ。考えれば考えるほどミステリアスなバラです。
rainbow2.jpg

直接私が花束をお渡しさせていただく為に会場におうかがいしたのですが、ご依頼のお客様も駆けつけてくださり、お渡しの前に花束を持たれて記念にパチリ!
お受け取りになられたタレントさんも、嬉しいサプライズにとても喜んでくださいました。
ミルフルール・フラワーデザインでお届けさせていただくお花のギフトは好評で、贈られたタレントさんの方々のブログでご紹介していただけるとのことで、ご依頼のお客様から喜びのお言葉を頂戴するのは、私も何とも嬉しい限りで花屋冥利に尽きます。

ご依頼のお客様の為に、お花をお届けさせていただくという行為以上の、達成感のようなものを感じていただけたら、とご注文を頂くごとに心を配ります。
お花をお届けしたいというご依頼のお客様の気持ちを大切に、メッセンジャーとして精一杯の表現ができれば・・とお届けさせていただくたびにひたむきに続けていることが、こうしてお客様からご評価いただくことは何よりも一番の私の明日へのエネルギーとなります。

rainbow3.jpg

「水野さんからお花を渡していただきたくて・・、」「水野さんのお花を毎年母がいつも楽しみにしてるんです。」気が付くと素敵なお客様のたくさんのお声に日々に、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:59 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月24日

アクアブルーのテーブルフラワー

今年は水不足で猛暑の夏になるとか・・・
暑くない夏も大変ですが、数年前の猛暑ぐらいになってしまうのかなぁと思うと、夏を迎える前から、気がめいってしまいそうです。

さて、気を取り直して、涼しげなテーブルフラワーのご紹介です。
周年人気のデルフィニウム。
デルフィニウムの青は本当にヴァリエーションが豊富です。
アクアのイメージでご用意させていただきましたお花は「パールブルー」という名前です。

これだけ純粋なアクアブルーのお花は他になかなか見つけることが出来ません。透明にきらきら光る水面が目の前に弧を描いて広がっていきます。

アクア色の透明な海を映し出す白い砂浜、波の調べがこだまする貝殻・・素足に感じる太陽の温かさ。
貝殻をひろい集めて瞬間(トキ)を楽しむ。思い出の一つ一つがこのテーブルフラワーに託されました。

「海辺の思い出」、貝殻拾いをしたり、裸足で白砂の感触を確かめたり、指先からさらさらとこぼれおちる砂を何度もすくいあげる、それぞれの穏やかな時間の経過を確かめます。

アクアブルーと白の小石をグラスに注いで、マリンなカクテルのできあがり!です。

souvenir1.jpg

涼を呼ぶ夏のブライダルの会場装花、楽しいアイテムが勢ぞろいでゲストの皆様をおもてなし致します。
souvenir2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 12:16 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月23日

ポピーの実

中野駅まで歩いて行く途中紅葉山公園の横を通ります。
シロツメクサの咲き終わりの群生や5月の花、アウグステンマ(ナデシコ科の花です。)が風にふかれて気持ちよさそうにそよいでいました。アウグステンマはとても長い茎です。

そして、道路に50cmもあろうかと、われもワレもと伸びている植物を発見!
popynomi.jpg

ポピーの実も味がありますよね。春の終りを実感するような気がします。
そしてあたりには白い綺麗などくだみの花が背を低くして場を占め始めていました。
今年の春もことあるごとにビバーナムのスノウボールを利用していましたが、「あれっ、ビバーナム」と一瞬思ってしまうほど、街中アジサイの緑色の蕾が膨らんできています。

梅雨の季節の到来を街のいたるところの植物の気配で刻々と感じ始めます。

雨降りはやはり好きではありませんが、「そろそろ梅雨入りですよ〜。」の植物からのお知らせは、植物と交信しているみたいで、こんなサインに心弾みます。

ポピーの実をアップで撮影しました。
シャーリーポピーという名前でよく7月のドライフラワーのレッスンの花材としてたくさん使っていただくので、見覚えのある方もいらっしゃると思います。去年レッスンで使ったときは、「オレンジみたい、」とか、「カッパみたい」との皆さんの柔らかな感性をとても楽しく感じました。
popynomi2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:42 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月22日

ラベンダーの香りにつつまれて・・・

大きなラベンダーが入荷しました。
レッスンでもラベンダーをあしらうときは、ほのかな石鹸の香りがただよい気持ちいいです。
この季節にまだあまり見かけることはありません。よく7月の数週間出回るので、フラワーアレンジメントのレッスンで生花を利用するレッスンの際にめぐり合わせがあればご紹介している程度でした。
梅雨の頃調度出回るので、むしっとする季節、ラベンダーの花箱をそっと開けると花の心地よい香りで気持ちがリフレッシュされるのです。


その頃のラベンダー、生花のままだと仕入れてすぐに色が黒くなってしまうので、ほんの2,3日の保ちでもせっかくだからご利用いただこうかなぁ、と思い切ってレッスン花材として用意しました。
丈も充分長く穂もしっかりしていたこともあってかもう5日たつというのに生き生きとしています。

私は数あるアロマの香りの中でやはりラベンダーが一番大好きです。
ラベンダーの香りを嗅ぐとすーっと心がどこかに飛んでいくような、不思議な気持ちになります。(なんか危ない感じに聞えてしまいますね。。。笑)
そして時をかける少女のあの実験室のシーンが、飽くことなく私の脳裏によみがえってしまうのです。

ラベンダーは代表的な香料ですが、どちらかというと男性用の香水に利用されると聞きます。マスキュリンな香りの一般的なイメージ、私には分かるようで分からないようで。。。

lavender.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 22:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月21日

房すぐり

翡翠色の真丸い透明な実。カラントとかグーズベリーと呼ぶと「あ〜、あれか」と思い浮かぶ方もいらっしゃることと思います。
ジャムがでてますよね。
葉っぱをご覧ください。ベリーの葉の形もキュートです。

赤くぷっくりと熟す前のこのエメラルドグリーンが爽やかで梅雨入り前の楽しみです。
枝にライン状に少しずつ付いているので、アレンジの為に切り分けると短い枝がたくさん取れますが、切り口があまり目立たないような切り方を考えなます。
花瓶に枝の長いまま飾っても初夏の雰囲気を感じます。
水につけておくとうまくいけば赤く熟してくれるかもしれませんが、ちょっと難しいかも。。。
私はこのグリーンがとても気に入ってます。

赤い実がでるのは又もう少し時期を待つ必要がありそうです。
suguri.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:24 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月20日

おいしそうなバラ

これからバラの季節でバラ園もフェスティバルがはじまりますね。

本日ご紹介のバラは、デザート」という名前のバラです。花びらの外側が反り返って少しグリーンがかっています。

この色合いもなんと表現していいものか、悩んでしまう程のニュアンスカラーです。(液晶の画面で個人差はあるかもしれませんが、花色は忠実に表現できたかなぁと思います。)
茎も太くお花も大きいのでこのバラ10本だけでもかなり立派な花束ができます。名前が可愛いですよね。
ビバーナムとあわせて並べてみたら、フレッシュなお花のサラダのようです。

茎がしっかりしていて、お花も適度な固さがあるので頑丈かなぁと思ったのですが、花ビラが意外に開き易かったです。短くアレンジで利用した方がいいバラかもしれません。

desert.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:59 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月19日

トキ芍のこと、それから母の日〜お客様からのお写真ご紹介

昨日トキ芍をお客様からご注文のお電話頂戴したのですが、季節が既に終わってしまいお答えできず残念でした。
フラワーダイアリーでご紹介させていただいたのが5月7日ですので、そんなにお日にちが経ってないような気がしますものね。

トキ芍は4月の中旬終わったぐらいから5月の初めで今年の入荷は終わりました。工業製品のように、出荷はいついつまで!と人間の意志で花の入荷時期が決められているわけではなく、あるときはいつまでもあるような気がするし、入荷しなくなって初めて花の時期が終わったのだなぁ・・と、特に花の季節の終りは結果論みたいな感じになるんです。

あの花は実在したのだろうか。。と夢か幻でも見たようなトキ芍の入荷です。でもこのようなお花のお問合せを頂戴することはとても嬉しい気持ちになります。清楚なたたずまいのお花、是非たくさんの方にお楽しみいただきたいです。花の開きが早いので入荷しましたらすぐに蕾のままでお届けさせていただきます。産直状態ですので新鮮です。

「いつもHP楽しみにみてます!」とのありがたいお言葉いただきとても感謝いたしております。私も気にかけるように致しますので、また来年近くなったらご連絡いただけましたら幸いです。また来年までのお楽しみ・・です。

チューリップにしても、ヒマワリにしても、季節を感じられる花が季節を問わず入荷できるようになり便利になりました分一層、トキ芍のようなお花は貴重な存在に思えてきます。

☆☆
さて、お話は変わりますが、
母の日のブーケをお届けしたお客様から早速お届けしましたお花でアレンジのお写真をいただきましたのでご紹介です。
ミルフルールのお花は長く楽しんでいただけますよう鳥の巣のようなチューテにブーケにしてお届けしています。なのでそのまま花瓶に挿すだけで飾れます。茎を長くご用意しているので、アレンジが得意なお母様は腕を振るって素敵なアレンジメントを作成していただけるんですね。お嬢様からのプレゼントは何より嬉しい贈り物です。

今年は涼しげな初夏を感じるようなお花のラインナップでご用意させていただきました。お花にあう和かごにアレンジなされたのですね〜。
山の風を感じる優しい風情のあるデザインでとっても素敵です。
お庭のミヤコワスレとそれからオアシスのところにモスをあしらって、大変細やかに作りこまれてらっしゃるので、見ていて益々楽しくなります。
バスケットの中でお花の楽しいおしゃべりが聞えてきそうです。

スペシャルな黒百合も下の方に入っているのですが、どうしてもブラック系のお花は写真にすると色が沈みこんでしまいます。
5月は急に気温が上昇するので母の日の配送には心配がつきものですが、お写真をいただきお花が元気そうで、私はそれで何よりほっと安心いたしました。

右側にはテラコッタのマドンナが、そして左にはレースのカーテン、お花の下は可愛いキルト、画面全てにコーディネートされています。
特にこの可愛いカーテンは、私のツボにはまってしまって、申し訳なく思いながらも気になってあれこれしつこくうかがってしまいました。ごめんなさい。

carrange.jpg

それからこちらはパリのティーハウス、ラ・デュレのマカロンのお写真です。

先日サイトでラデュレみたいなアレンジ(http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/laduresouka.htm)をサイトでご紹介させていただいた折、ちょうどラ・デュレのマカロンのプレゼントがお客様のご友人様からお手元に届かれたとのことで、パチリ、と記念に私はそのお写真をお客様からプレゼントしていただきましたのでご紹介しますね。

パステル調のグリーンとカラフルマカロンの色使いが素敵で食べてしまうのはもったいないです。ラ・デュレは映画マリーアントワネットのお菓子の監修をしてます。

楽しいお写真をありがとうございました。
cdure.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:26 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月17日

春のロマンティックフラワー「二輪草」

5月は季節の小花が楽しみなシーズンでもあります。
シックで大人っぽいお花が多くなります。

今日ご紹介のお花は2輪草です。二枝に先が分かれて白い可憐なお花を咲かせます。サクランボみたいで、ロマンチックなお花です。

レッスンで1枝ずつおすそ分けして楽しんでもらいました。
小さなお花なので3日ほどで花びらがハラハラと散ってしまいます。
太陽と大地の恵で生き生きとした生命を感じる好きなお花のひとつです。

花束のお届けやブライダルではご紹介させていただくことのないお花ですが、レッスンにいらしていただく方にだけでもこんなに可愛らしい小さな命をご紹介していくことも私の仕事のような気がしております。

nirinsou.jpg

こんな風に竹筒にあしらってみました。
白い色が際立って周りに静寂を誘います。
nirinsou2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:44 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月15日

初夏の果実

街は清々しい風が吹き渡る5月の真っ只中です。
風を切って自転車乗りが一番楽しい季節ですね。

春に頑張って楽しませてくれた花々の果実がまた新たに形を変えて、私達の目を楽しませてくれています。

寒さ厳しい時節、春の期待をいっぱいに花チューリップ。
こんな風に変身です。
チューリップシードです。
チューリップをお庭に植えられているご家庭はたくさんいらっしゃることと思いますが、なかなかチューリップシードを作ることは難しいと思います。
まさに生産者のプロの技。

お花を咲いた後、理論的にはこんな形で種ができるはずなのですが、普通はこんな風に結実の形を見せる前に残念なことに腐ってしまいますよね。
色や形がいぶし銀のように底力のある美しさを湛えています。

tulipseed.jpg

それから翁草、お花の事典などには、この様子で写真がでていることが多いのではないでしょうか。人差し指ぐらいの小さな小さなお花でしたのに、すごい大きさになって登場するので驚いてしまいます。
花が終り温かくなって成長したのでしょうか、手首から肘ぐらいの長さになってます。

この形が面白くて翁草として呼ばれていたのだと思います。
私はこの翁草をみると、ゲゲゲの鬼太郎の砂かけ婆を思い出して、またまたいろいろなイメージが広がってしまいます。砂かけ婆は妖怪アパートを経営しているんですよね。こんな勝手なイメージをしてしまい、翁草にはもしかしたら不本意かもしれません。

季節感たっぷりで茶花で床の間に生けると風情を感じます。

okinagusa2.jpg

翁草は2月にご紹介してましたね。

http://mille-fleurs.sblo.jp/article/3317886.html

okinagusa2yoko.jpg

最後に二ゲラの実。お花の時と結実したときと何故か呼び名が変わります。
実のついた状態になると「フウセンポピー」と呼ばれます。

お花の時の痕跡がまだまだありますね。でもあなたのその毛深い葉は二ゲラそのもの。寒かった季節の頃の記憶が脳裏をよぎり、「お久しぶり〜っ」と懐かしくなってしまいます。

こんな楽しい花たちが5月にはどんどんお目見えしてくれるので、嬉しい再会に気持ちはどんどん高まってしまいます。

nigeranomi.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:12 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月13日

母の日、ありがとうの感謝の気持ちを込めて・・・

5月の第2日曜日は「母の日」です。
皆さんはどんな母の日をお過ごしでしょうか?

お花は、花そのもの、だけではなく継続する優しい時間と空間をも与えてくれます。本当に素敵なプレゼントだとつくづく思います。

「ミルフルールさんのお花を見ると、日ごろの忙しい毎日にふとそよ風が吹きわたる気がします。そんな時間を是非母にプレゼントしたくて。。」と嬉しいお言葉をくださるお客様、ありがとうございます。
ミルフルールでは仕入れてすぐその日のうちにご予約のお客様に配送させていただておりますので、産地直送状態のとってもフレッシュなお花です。
(通常のお花屋さんは準備のため、もう何日か前に仕入れています。)

今年の目玉は黒百合。透き通る光に包まれた山の上にひっそりとたたずむ修道院に咲いている・・そんな高貴な花のイメージを私は勝手にしています。(笑)黒真珠のような輝きと優雅さを兼ね備えた初夏を感じさせる高級感ただようお花です。

ミニブーケに黒百合は本当に大判ぶるまいです。
思っていてもなかなか言葉にだしていえない、「お母さん、ありがとう」の気持ち。そんな心を優しくなでてくれるようなお花をお渡しさせていただきたいなぁ・・とミルフルール・フラワーデザインからのプレゼントです。

今年のミルフルール・フラワーデザイン<母の日>ミニブーケは、麻のチューテに小花をたっぷりあしらって、草の香りがする初夏のイメージでクールに仕上げてお届けさせていただきました。

mothersday1.jpg

お花が組まれた状態ですので、チューテごと花便に飾って楽しんでいただけます。花束なのでずっとお楽しみいただけます。
パリジャン風のかわいいバッグ型ボックスにたっぷりの水につけた状態でお届けいたしておりますので新鮮です。

mothersday2.jpg

モダンでスタイリッシュなお母様にはスペシャルブーケを・・。
mothersday3.jpg

素敵な日曜日をどうぞお過ごしくださいますように。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:14 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月10日

ポピー

先日久しぶりにJR秋葉原駅を降りたのですが、駅の前に広がるポピーの花壇の色が華やかでした。

切花で使っていたのは、寒い2月頃に良く出回っていましたので、なんだか懐かしい再会をしたようで見入ってしまいました。真夏のような暑さを記録した日の太陽がぎらぎらと照りつける中、その光に負けないだけの花の色に力強さを感じます。

akihabara.jpg

この花段は駅前に何十メートルも広がっています。
秋葉原を歩いたのはもう10年ぶりぐらいと思えるほど、久しぶりでしたが、自分の記憶にあった町並みから大きく変貌していてただ驚くばかりでした。
近代的な建物が青い空を突き刺すように立ち並ぶオフィス街でした。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 23:47 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月07日

トキ芍

5月の中旬以降旬を迎える芍薬の前に、ほんの短い期間出回る一重の芍薬があります。
蕾の時は薄いピンク色で、ひらくとそのピンクも薄くなり、白い花のように見えます。咲いた姿がとりが精一杯羽を広げたような優美で気高さを感じる花です。

トキ芍が見かけられるのはほんの1〜2週間ですぐ幻のように消えてしまうので、姿形とその儚げな存在が、より一層いとおしく感じられるのかもしれません。

トキ芍を見ると必ず思い出してしまうのが、子供の頃に読んだ「天女の羽衣伝説」です。
天から舞い降りてきた白鳥の姉妹たちの群れが湖に水浴びに降りると、次から次へと天女の姿に変わります。それぞれ木の枝に透き通った羽衣をかけて、水浴びを楽しむのですが、そこに通りかかった村の男がその美しさに魅せられ思わず木の枝にかけられてあった羽衣を盗んでしまいます。
気付いた天女達は次々と羽衣を羽おり、白鳥になって飛び立っていきますが、羽衣をとられてしまった一番末っ子の天女は空へ帰ることもできず、その村男のお嫁さんになるのでした。。そんなお話です。

花の開き方が鳥の羽をひろげたようでもあり、その花びらは天女の羽衣はこんな感じだったのかなぁと想像をかきたたせる透明感があるのです。

トキ芍がいつの間にかなくなると、そろそろ芍薬が本番の季節となりそうです。

tokishaku.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 22:43 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月06日

新緑の中のウェディング

今年のゴールデンウィークはお天気にも恵まれ、みなさん楽しい休日をお過ごしになられたことと思います。

このゴールデンウィークに、新緑の広がる広大なキャンパスの中で素敵なフラワーウェディングです。
チャペルのエントランスのウェルカムリースも新緑色にデコレーション。
ICUwreath.jpg

バラはライム、イヴシルバ、メタリナ、グリーン色のお花はスノーボール、ピットスポラムや、アルケミラモリス、ブラウンティナス、そしてグリーンのサンキライの実を利用してとっても豪華なリースが出来上がりました。
ICUwreath2.jpg

リースと一緒にあしらったおりボンは「木馬」のオーガンジーリースです。
おリボンの中でも木馬のブランドは超一流のお品でパリコレなどでもご紹介されているものなのです。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 22:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月03日

ライムグリーンのオアシスで。。

ゴールデンウィークもお天気に恵まれ、毎日清々しい5月の空ですね。
皆様はどんな休日をお過ごしでしょうか?
お花を生ける際に利用するフローラルスポンジ。
通常この土台は見えないように葉で隠れるようにあしらいますが、最近はあえて見せて楽しんでもらう「カラーオアシス」が販売されています。
白やピンクや色もさまざま楽しめるんですよ。

今日はグリーンのオアシスを使ってこんなアイテムを作成してみました。
ハート型にして、そこにグリーンのフェザーをデコレーション、です。
いっぱい並べると、爽やかなグリーンが空間いっぱいに広がるみたいです。

oasisheart.jpg

ゴールデンウィークなので、お花のお話から少し離れたお話を。
去る4月の中旬の日曜日は私の誕生日でした。仕事を終えた夕方、誕生日の記念に映画でも見ようかなぁ、と適当に入ったのが、『ブラッドダイヤモンド』。
映画が始まってすぐのシーンで、「しまった・・・」と思ったのも、ものの5分程度で、それからすごい勢いで映画の中に引き込まれていきました。力のある映画です。

ディカプリオが素晴らしいです。
全然ファンでもなかったですし、むしろディカプリオだけど、まぁいいか、という感じで入ったのに、ディカプリオの、心を震わす演技にどんどんスクリーンに魅せられていました。
10年の歳月にわたる、日々の研鑚の賜物だと思います。
このハリウッドの頂点を極めるだけのすごい役者だなぁと、今更ですがあらためて感じました。

お休み何しようかなぁ・・と考えてらっしゃる方には是非お薦めします。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:14 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年05月01日

スズランの日

5月1日はフランスではスズランの日ということで、日頃お世話になっている方にスズランの花を贈ります。

スズランは贈られた方に幸せを運んでくれます。
ベルの形をした鈴なりの花がそれぞれ奏でるハーモニーが心に響きそうですね〜。

ミルフルールでも大きな花束のお届けにあわせてスズランのミニブーケも合わせてお届けさせていただきました。
クラフトっぽいカジュアルなラッピングがスズランには良く似合う。。そんな気がします。
suzuran.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:41 | TrackBack(0) | Flower Lesson