2007年05月23日

ポピーの実

中野駅まで歩いて行く途中紅葉山公園の横を通ります。
シロツメクサの咲き終わりの群生や5月の花、アウグステンマ(ナデシコ科の花です。)が風にふかれて気持ちよさそうにそよいでいました。アウグステンマはとても長い茎です。

そして、道路に50cmもあろうかと、われもワレもと伸びている植物を発見!
popynomi.jpg

ポピーの実も味がありますよね。春の終りを実感するような気がします。
そしてあたりには白い綺麗などくだみの花が背を低くして場を占め始めていました。
今年の春もことあるごとにビバーナムのスノウボールを利用していましたが、「あれっ、ビバーナム」と一瞬思ってしまうほど、街中アジサイの緑色の蕾が膨らんできています。

梅雨の季節の到来を街のいたるところの植物の気配で刻々と感じ始めます。

雨降りはやはり好きではありませんが、「そろそろ梅雨入りですよ〜。」の植物からのお知らせは、植物と交信しているみたいで、こんなサインに心弾みます。

ポピーの実をアップで撮影しました。
シャーリーポピーという名前でよく7月のドライフラワーのレッスンの花材としてたくさん使っていただくので、見覚えのある方もいらっしゃると思います。去年レッスンで使ったときは、「オレンジみたい、」とか、「カッパみたい」との皆さんの柔らかな感性をとても楽しく感じました。
popynomi2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:42 | TrackBack(0) | Flower Lesson