2007年06月30日

睡蓮

夏を演出する涼しげなアイテム、睡蓮です。
英語ではウォーターリリーと呼びます。英語名が可愛いので、私の頭の中では、いつもウォーターリリーと呼んでいます。
植物園の一角にある熱帯植物コーナーの温室に入ると、必ず睡蓮の池があって、白や黄色、紫、ピンク、さまざまな色の花を咲かせています。睡蓮は今が季節のお花です。

カエルが休んでいそうな、葉の形も特徴的です。
(本当に休んでいたら、ちょっと嫌ですけど・・)

睡蓮の正しい生け方、では花と葉を綺麗に並べてあしらいます。
waterlily2.jpg
茎の切り口断面はこんな風になってます。
さすが、蓮根を思わせる形です。
waterlily3.jpg
水揚が悪いので、なかなかうまく咲かせることができません。
池では元気なのですが、切花ではずっと付き添うぐらいの心構えでいないと直ぐに水が下がってしまいます。
蓮もそうですが、花も水揚が悪いし、葉もすぐ丸まってしまうので、1時間おきにでも、水揚処理をします。
(本当は1時間おきでも心配なぐらいです。欲を言えば30分ごとと
申し上げたいぐらいなんです。)

蓮の水揚用の特別なポンプがあります。これで茎から直接注射をするみたいに水を注入します。
蓮の葉はへそと呼ばれる部分から水をポンプで入れてあげると、血管のように放射状に大きく広がる葉脈にどんどん水が葉の先端まで行き届く様が手に取るようにわかり面白いです。
waterlilypomp.jpg

睡蓮がお好きな方も多く、会場装花でご利用のお問合せもいただきますが、生花はちょっとむずかしいかなぁ・・と思います。
アイスフラワーでこんなに素敵な睡蓮がご用意できます。生花をそのまま瞬間的に氷結加工した状態なので、生花の風合いそのままです。
ご利用後も長くインテリアになさっても長く楽しめますのでお薦めです。
waterlily.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:21 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月28日

アナスタシア

シャムロック系のマムは花形の豪華さゆえにブライダルでもとっても人気があります。
アナスタシアは色合いも優しく、とても好きな花です。
今週のフラワーアレンジのレッスンでもアナスタシアをたくさん使ってデザインしていただきました。

手前味噌になってしまいますが、ミルフルールへレッスンにいらしていただく方は、こんな素敵な花材を季節ごとに毎回実際手に触れることができて、本当に幸せなこととつくづく思います。

細い花びらがしゅっしゅっと放射状に伸びていて、内側に巻いた感じが繊細で、かつ伸びやかです。
直径が13cm以上もあるので存在感がたっぷりで豪華さは逸品です。
八重咲きヒマワリのモネの色違いのような印象を受けます。

anastatia1.jpg

アナスタシアをさくっとあしらう時、つややかなかしこまった器に盛ってしまうと、まさに菊の顔が全面にでてきてしまい、ややもすると仏花のように見えてしまいます。
カジュアル感のあるシャビーなブリキの器に入れてみました。

大輪ダリアのようにも見えてきます。
いろいろな表情が見たくて、あれやこれやと遊んでいると時のたつのも忘れてしまいそうです。

anastatia2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 21:05 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月25日

レイニ−シーズンのテーブルフラワーは

沖縄は梅雨明けとのことですが、日本列島は只今梅雨真っ只中です。曇り空やしっくりしないお天気の中、楽しくなるレイニーシーズン期間限定テーブルフラワーアレンジです。

蛇の目傘のような和の雰囲気でもあり、色とりどりの傘がテーブルの上に広がると、「シェルブールの雨傘」のようにも見えてきて、思わずあの切ないメロディーを口ずさみたくなります。
♪Mon amour, ne me quitte pas〜 ♪〜
 
kasaarrange1.jpg

kasaarrange2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:17 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月22日

チャイブの花

昨日ご紹介したギガンジウムが葱坊主の親分だとしたら、このチャイブは葱坊主の中では赤ちゃんですね。
ユリ科のネギ属の花なので、ネギの匂いがします。
ミントは気をつけないとアブラムシが直ぐついてしまいますが、チャイブはこの匂いのせいか、虫もほとんど付くことがなくその点はご自宅での栽培も楽かもしれませんね。

お味噌汁に入れる”アサツキ”がありますが、それと全く同じで中が空洞で細いチューブのような葉の形をしています。ヨーロッパではチャイブをスープにいれたりと、同じような使い方をします。

ハーブ全体にいえることなのですが、ハーブの葉の精油が一番質がいいのは花が咲くまでなので、ハーブショップでは花が出きるだけ咲かないように花芽を摘んだりして管理をしています。花が咲いてしまうとハーブとしての価値は極端に下がってしまうのです。
花にほとんどの栄養が取られてしまうからです。
チャイブの花は咲いてしまうと、食用する葉の部分が固くなってしまいます。

chaibu.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:58 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月21日

ラベンダー色のギガンジウム

梅雨時から夏に掛けて出回る葱坊主の仲間達。その中でも親分のギガンジウムのご紹介です。とにかく大きくって存在感があります。色目が柔らかくて優しいです。

最初は野球のボールぐらいだったのですが、球状にびっしり詰まっている一つ一つの花が咲き始めるとソフトボールほどの大きさに成長します。現在直径13cm程のサイズです。これがまたしばらくすると爆発したように一回りサイズアップして、最後の頃にはハンドボールぐらいになるんです。

この花は茎から赤い液がでるので注意が必要です。
水揚したとき、茎から液がたらたらと出てきます。出てきた瞬間は透明のようにも見えるのですが、どんどん赤みを帯びてきます。なのでガラスの器にいけると水が黄色がかった赤い色に染まってしまうので、透明でない器をご利用の方がいいと思います。
この液体が一緒にあしらうお花に悪影響を与えるとよくないので、切り口を暫く水洗いします。ただ、水洗いしても花器の中ではどうしても水は色づいてしまいますのでそれは仕方がありません。

ギガンジウムのこの液ほど、強烈で脱色が難しいものは他に私は知りません。
ユリの花粉、つぶれてしまった実、その他色の液体を出す切花はいろいろありますが、このほとんどは床を汚しても電解質の水でふきとれば大概きれいになります。
ですが、このギガンジウムは何をやっても一旦ついた色はしつこく絶対とれることがなく、とてもやっかいなのです。
洋服につけても恐らくクリーニングで取れないのではないのかなぁと思います。

花束にとりあわせると豪華になる見栄えのするお花ですが、受取られた方が、うっかり洋服や家具を汚されたりすることの心配もあるので、茎をオアシスに差し込んでしまうアレンジメントに利用の方がお渡ししたあとのことを考えると安心だと思います。

新鮮だから液が出るということではなく、もう花が咲ききった状態でも茎をむき出しにしてるとやはり液がでてくるので、油断なく、くれぐれもご注意ください。

gigan.jpg

gigan2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:00 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月20日

バイカウツギ(梅花空木)の薫り

パリのdiptyque(ディプティック)キャンドルは数え切れないほどの花の香りの種類があります。

今回バイカウツギの花の香りのキャンドルをパリで買ってきました。
フランス語でセレンガ(SERINGA)と呼びます。
バイカウツギは5月〜6月頃咲くお花です。
枝物で入ってくる、小さな白いお花です。

アジサイと同じユキノシタ科のお花で、花が梅の花に似ていて、茎が空洞になっているということからこのような名前が付いています。

花に顔を近づけてみると、石鹸のような爽やかな香りがします。

baikautugi3.jpg
枝から小さく切り落として、ポットに生けてみました。
すると枝についているときの閑静な印象とはまた別のスプレーウィット(小さなオールドローズ系のバラ)のような清楚な姿を見せてくれました。
baikautugi2.jpg

baikautugi1.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:49 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月19日

ヒオウギアヤメ(檜扇文目)

葉の付き方が檜扇に似ているから、ヒオウギアヤメと呼ばれます。3方に広がる外側の花びらの全長でも子指ぐらいの小さな花を咲かせます。
蕾のままで入荷し、水揚すると直ぐ咲きますが花も1日ぐらいで終わってしまいます。大きなアヤメでも咲くとこの種類の花は切花では花のもちはあまりよくないのが常です。
花びらの面が広くそしてとても薄いです。
hiougi.jpg

hiougi2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 23:47 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月18日

こだわりのローズブーケ

5月のウェディングのお客様からブーケのお写真をいただきました!
厳選したバラのウェディングブーケでひとつひとつのバラのかもし出す雰囲気のニュアンスカラーウェディングブーケです。

お花のお写真を特別にプロのカメラマンさんに撮っていただいたとのお話をいただき、お心遣いにありがたく胸がいっぱいになりました。

それでは、挙式用の白いブーケのバラをひとつずつご紹介いたしましょう。
メインのぷっくりしたバラは『ブルゴーニュ』。
お花好きの花嫁様からはリクエストいただく、超人気の高級バラです。

それから黄緑色のバラ『ライム』をハイライトカラーに。

小さなオールドローズ系のスプレーバラ『スィートオールド』を散りばめました。
スィートオールドも咲き方が可愛らしいです。
花びらが薄くとっても柔らかいので、暑さには弱いです。
デザインにご利用も大事をとって5月が時期的にぎりぎりかなぁ・・と思います。

それから萌黄色の印象を出す為に、柔らかな緑のアルケミラモリス、や、初夏の涼しげな実物、グリーンのサンキライもところどころにさりげなくあしらわれております。

burugonyu.jpg

お色直しのカラーブーケも雰囲気を変えたお色のローズで、ご用意です。
たくさんの種類のバラで陰影をだします。

明るいリバーシブルカラーでフリルの花びらのオレンジ色のバラは『アップルティー』。

一番濃いオレンジ色は『ジプシーキュリオサ』。

後の方にのぞいている、コロンコロンとした蕾のような形のまん丸いバラは『ベビーロマンチカ』。
私の一押しのバラでこのバラをメインに作成しています。
(ハンドルの向きであまり写っていませんが、花嫁様側にたくさんあります。)

画像には写ってませんが、より肌色に近い明るいオレンジのバラ『アリアンナ』もハイライトにデザインされてます。

babyromantica2.jpg

babyromantica.jpg

ミルフルールではウェディングブーケは可能な限りの花材の鮮度を保つ為、挙式当日の明け方に作成します。
それから朝早く納品に出かけます。
朝は納品の準備で精一杯で、せっかくのきれいなブーケを撮影、ということが実のところあまりないです。
なのでプロの方からこんなに素敵に撮影していただいたものを頂戴して本当に嬉しくありがたく思います。

この他にもとてもたくさんお写真をいただいたので、お客様からのお写真のコーナーを特別につくりサイトで後ほどご紹介させていただきたいと思います。(ちょっとお日にちをいただいてしまうかもしれませんが・・・。)

サイトが仕上がりましたら、お客様にメールであらためてご報告させていただきますね。

この度はとっても素敵なお写真をたくさんいただき、温かいお気持ちに深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:01 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月17日

夏色ロマンティックブーケ

くるくる巻いた花びらと、ガーリーピンクがキュートなミミエデンを使って夏の香りがする爽やかブーケのお届けです。
実物はブラックベリーです。ブラックベリーでもとりわけジューシーなベリーをご用意いたしました。
ピンクにシルバーのユーカリが可愛い中にもシックな雰囲気で甘すぎない可愛らしさを演出してくれてます。

ちっちゃなまん丸マムもピンクの中に少しアンティークな色合いが含まれています。

ころころと音を響かせる幸せの笑い声が夏風に誘われて吹き抜けていきます。
mimiedenbouquet.jpg

mimiedenbouqet2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:45 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月16日

アルプスからの贈り物 その2 〜エーデルワイス

昨日に引き続き、高山植物、エーデルワイスです。
映画サウンドミュージックの音楽でも有名なあの〜♪エーデルワイスです。アルプス原産のお花です。
ふかふかの毛に覆われた温かそうな姿をしています。
菊科のお花です。お花の中心に見える黄色いところが花の役割をしています。
ミルフールのフラワーアレンジメントのレッスンでレギュラーコースの花材で今回お渡しすることができました。
ご出身柄、暑さにはとても弱いので切花の管理でも、他のお花以上に温度管理に気を配る必要があります。
e-deruwaisu2.jpg

ヨーロッパでもエーデルワイスは人気があり、インテリアのモチーフに良くデザインされています。
エーデルワイスのオブジェを見つけたので早速飾ってみました。
やはりフランスのメーカーさんからの輸入のお品なそうです。香りはアルプスの香りということで、さっぱりした爽やかな香りがお部屋いっぱいに広がります。
e-deruwaisu.jpg

明日が最終日になってしまいますが、上野の国立科学博物館で開催されている花の科学展を昨日見に行って来ました。
エーデルワイスもこんな風に咲いているところが紹介されていました。
ミルフルールのフラワーダイアリーをご覧くださってる方には見覚えのある花も色々出てきて楽しめることと思います。
e-deruwaisu3.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:58 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月15日

アルプスからの贈り物 その1 〜ヒマラヤの青いケシ

梅雨頃にひょっこりと現れる、貴重なお花、ブルーポピーが
本日入りました。ヒマラヤの青いケシと呼ばれています。
花の事典では「メコノプシス」と出ています。
標高の高い山頂は寒さも厳しく、強風の中、紫外線も強いので、植物が育つには過酷な環境です。そんな中、目の覚めるような青さのこのポピーは神がかりのように神々しく輝いていることでしょう。
山に生えるポピーは、強風に耐えれるようにか、丈も申し訳程度の長さで地面近くに咲いています。

暑さも25度以上超えるような暑さになったり、湿度も一定を保たないとすぐに弱ってしまうので、栽培はとても難しいそうです。

デルフィニウムの青とも又違った、抜けるような素晴らしい青さです。ブルーの中のブルーです。

素晴らしい状態で入ってきました。
日保ちも仕入た日を含めて2日ほどなのと、とても高価なこともあって一般に出回ることはまずありません。
正真正銘の「一夜の夢」を見せてくれるお花なのです。

以前お仕事でソムリエの方とお話した時に、幻のワイン、というお話をうかがった際、「お花でもそういうのありますか?」と聞かれたときに、私は「青いケシかな〜。」と即座に答えました。

ランなどで高価なお花もたくさんありますが、日保ちのこととかいろいろ考えるとやはり花の中で高価さでは一番かな、と思います。
ブルーポピー10本で、デパートでブランド物のワンピース1着はかるく購入できてしまうぐらいかもしれません。
本日は究極の花の道楽三昧をしたような気がします。
至福の一夜を過ごせそうでございます。

さて、今日は幸いお天気も良かったのでブルーの色が綺麗に撮影できました。どうぞごゆっくりご堪能くださいませ。



bluepoppy.jpg

bluepoppy2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 21:06 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月14日

紅スズラン

季節は少し前、2週間ほど前にさかのぼります。
5月下旬の頃です。
ピンクの色のスズランが入荷しました。
白いスズランは清楚な美しさが自慢ですが、このピンク色のスズランは頬が染め上がったような色っぽさを感じます。
色づくと鈴の形がはっきり見えてますます可愛いです。

benisuzuran.jpg

スズランのお話はしたことがありましたでしょうか。
このスズラン、可憐な容姿に反して、とても強力な毒をもっている植物として有名です。
特に根の部分の毒性は強いです。

スズランは切花や、たまに根付きのスズランをご用意しておりますが、このスズランをガラスのコップなどに生けて楽しまれたあとの水やグラスの処理には充分ご留意ください。

お花を飾ったあとのグラスの水をお子さんが間違って飲用して命を失ったというニュースがあったぐらい恐ろしいものなのです。
花生けにご利用後のグラスの消毒も充分にしてください。

お花の部分も毒性が強いです。小さなお子さんですと、香りもとてもいいので、間違って口にしてしまう可能性も大きいです。

有毒な植物でトリカブトは有名ですが、それに並ぶぐらいの危険な植物ですので、その認識はきちんと持っていただきたくお願い致します。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:29 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月13日

モナルダ

6月最初のレッスンは花材の中にハーブが彩りを添えてくれました。ミントやローズゼラニウム、それからベルガモット、などなど、ハサミを入れるたびに手や部屋中に爽やかな香りが広がります。ハーブは挿し木で意外と簡単に栽培ができますので、簡単にご説明させていただきましたが、来年はベランダやお庭でピンクの可愛いお花を咲かせてくれるといいなぁと思います。

切花として出回っているハーブは、自分で育てるのと違って、数倍大きくて、背も高くがっちりしています。
モナルダは皆さんおなじみのベルガモットです。
柑橘系の素晴らしい香りがします。
目の覚めるような真っ赤なモナルダ、それからラベンダーピンクのモナルダをご用意しました。
小さなピンクのお花はローズゼラニウムです。
葉を指でなでると、すーっとするようなバラの香りがします。
私はバラの香りよりも、ローズゼラニウムの香りの方がすきなぐらいなんです。

「春も花の香りが楽しかったですけど、夏は夏で肌にじかに触れる草のかおりが楽しいですね〜。」とお声をかけられ、何だか私も嬉しくなりました。
monaruda.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:42 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年06月10日

フランスの紙屋さん

8日の深夜に帰国して8日までにいただいたメールにつきましては全て返信をさせていただきました。もしこちらからの返信がご確認できない場合は、大変申し訳ありませんが、再度ご連絡くださいますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ほんの1週間いなかっただけなのに、全盛だった芍薬の季節はとうに終わってしまい、固い蕾の記憶のアジサイが満開で出迎えてくれたことに驚きを覚えました。花の季節は人の都合はお構いなしに淡々と過ぎていきます。

翌日早々の東京市場の仕入は既に夏山の草花やベルガモット、ミント、センティッドゼラニウムとハーブで満たされていました。
おかげで今日のアレンジのレッスンは気が付くと両手がメントールのす〜っとする草の香りで山遊びをしたみたいでした。

去年お話させていただいたことですが・・・。パリのマレ地区の一角は紙専門のお店が軒を並べています。
その中でもお気に入りのお店、「メロディグラフィック」。
ショーウィンドウはシックにディスプレイされています。

melody.jpg

お店の中には繊細なカードやレターセット、ペン類など、紙周りのものが売られています。
こんなグリーティングカードは、もったいなくてなかなか使えないことでしょうね。
お店のご主人がジュエリーを扱うようなとても丁寧で慎重に商品をラッピングしてくださいます。
来年も来てね、とのお誘いに、頑張って伺えるようにしたいものだと心に誓うのでした。
melody2.jpg

レッスンにいらしていただく皆さんには、エッフェル塔のレターセットを1組ずつお土産にお渡しさせていただきました。
描かれているエッフェル塔のレイアウトもセンスを感じます。
melody3.jpg

今年は南仏も訪れたので楽しいお話を画像をまじえて近々にご紹介できるよう頑張りますのでどうぞお楽しみにしてください。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:14 | TrackBack(0) | フラワー・海外