2007年09月30日

オールドファンタジー

今日から10月。
月末にはハロウィンがあります。
そしてもうクリスマスが目の前。
夏を過ぎると、時の速さがどんどん加速していくような気がします。

陽が短くなりますが、これから花の楽しみが増える季節でもあります。秋の実物、鈴バラもたわわに実って、それこそ鈴なり状態です。冬を迎えるまでそんな実物が楽しい秋のシーズンです。
早春の華やかな球根花の美しさもうっとりしますが、秋の深い深い色あいの花材は眺めているだけで心が落ち着きます。
そんな時、私も大人になったなぁ・・としみじみ実感するのです。情緒にまさる楽しみは、他にないと思います。

昨日はロートレックをご紹介しましたが、今日のスプレーバラ、「オールドファンタジー」も空気が冷たい季節の方が安心して楽しめるバラです。暑い季節も比較的出回っていますが、ほとんど、婚礼需要での花材です。花びらがとにかく柔らかいので、暑い季節は仕入れて直ぐに、桜の花びらのように、ハラハラ舞い散ってしまい、私の心もはらはらドキドキさせられます。

薄紅色で、スプレーウィットより花びらのボリューム感が少し多いです。

ひとくちに白といっても、白の見せる表情は多彩な広がりがあります。
フランスのアスティエ・ドゥ・ヴィラットの器は深みのある白色で角度によって微妙な色あいを見せます。日本でも大変人気がありますが、そのアスティエの器の白に、まさに似合うバラだなぁと感じます。
アスティエとオールドファンタジーのコラボ、いかがでしょうか?
oldfantasy1.jpg

花束にするとパフみたいで、ふわふわマシュマロみたいです。
oldfantasy2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 21:09 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月29日

バラ ・ 『ロートレック』

朝夕、肌にあたる風がめっきり冷たくなると、優しい表情のバラが恋しくなります。
ウェディングブーケに人気のある黄色いバラ、ロートレックです。
ロートレックとはフランスの画家で、直ぐ浮かんでくるのが、ムーランルージュの、あのポスター。

あのロートレックのけだるいような、そして退廃的な印象からは結びつかない、元気いっぱいの明るいバラです。
お花の名前って、何で?っとあまり深く考えないほうがよさそうです。

レモンイエローの柔らかい黄色です。

rotorek.jpg

rotorek2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:38 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月28日

花を大切に思う気持ち

また素晴らしい大輪ダリアが入りました。
「ムーンワルツ」という名でピンク色をしています。
一輪が直径20cm近くあるのでブライダルの装花で利用すると豪華絢爛なテーブルフラワーデコレーションになるので人気のダリアです。
moonwaltz1.jpg

高級なダリアなのですが、うまく入荷できてレッスンでお一人5輪ずつご利用していただきました。
ダリアの高貴な印象と、その高貴さゆえの儚い花の命、是非手に触れて実感していただきたく思っていたので、とてもいい機会でした。

今回の基礎コースのレッスンではフレンチスタイルのまん丸いブーケを作製していただいたのですが、花の量が多いので花の重さで握力も要求されます。一旦花を組み始めると、もう手は握ったままで途中で休むことができなくなってしまうので、手がつりそうになってしまうことも度々の手ごわいカリキュラムのひとつなのです。

レッスンでは、お花の水切り用のタライに水をはって、お一人ずつお渡ししています。その水に何度も両の手をじっと浸して冷やしている姿を発見!手が痙攣でもしてらっしゃるのかなぁ・・と、もう少し様子をみて、レッスンを止めに入る必要もあるかもしれないと心配しておりました。

贅沢な花束が完成し、やっと落ち着いたところで、手の状態をうかがったところ、思いもかけない答えが返ってきました。
「お花が温まるといけないと思って、手を何度も冷やしてました。」とのこと。

昔お料理で手を冷やしながら生地を練った私の中で埃をかぶったような記憶がおぼろげに浮かんできました。
確かに手を冷やしながら花組みをするとお花が温まらず、とても理にかなったアイディアです。
私もさまざまな機会に一流の方々とお仕事をさせていただいて、学ぶことが多いですが、手を冷やしながら花を扱うというのは今まで見たことも、考えたことも、したこともありません。なのでとてもショッキングで新鮮な出来事でした。

ダリアは大変デリケートな花材なので、少しのストレスでも花びらがダメージを受ける原因になります。お花を大切に思う気持ちが、自然とこのようなテクニックを編み出したのでしょう。

お花のワイヤリングのテクニックも出来る限りお花に負担をかけないような方法で使いわけをしています。
花組みだって、お花により負担がかからない方法があればどんどん積極的に取り入れてお花を守る必要があります。
これからのミルフルールのハンドタイドブーケのレッスンでは手を冷水に浸すというのをマニュアル化しようかなぁ、なんて思ってしまう、心に残る1日でした。

とにかく家に帰ったらご自分のことはさておき、まずは花の水遣りのお世話が大事、と嬉しいことをおっしゃる方なのですが、発想が超一流の考え方だとこれには私も感服でした。

そんなこんなで出来上がったハンドタイドのブーケ、花嫁人形に持たせるとナチュラルステムが可愛いウェディングブーケにも利用できそうなぐらい華やかです。
ワックスペーパーでカジュアルダウンさせたラッピングでお持帰りいただきます。

moonwaltz2.jpg

痙攣・・とかいろいろフラワーアレンジメントとは、程遠いような痛い言葉が並んで、いつもこのダイアリーを読んで下さっている方には、少し驚かれてるかもしれませんね。実はうちのレッスン、かなり体育会系なんです。(笑)

基礎コースのレッスンをサイトで具体的にご紹介を始めて調度1年がたち、毎月のサイトでのアップは一旦終了致します。いままで通りデイタイムのレッスンでは、毎回の撮影はさせていただこうと思っておりますが、当面この「フラワーダイアリー」でピックアップしてご紹介の形をとらせていただこうかな。。と考えております。

レギュラーコースは2年間のコースなので、今まで通りあと1年間、サイトでアップを続けさせていただく予定です。

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 23:25 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月27日

ルビークリップ

秋になると出回るヒマワリの色あいもすっかり秋色です。
「ルビークリップ」という名前のヒマワリです。
お花もガーベラぐらいの大きさで、茎も細くアレンジメントには使い勝手がいいです。
花芯の周りの赤い色の輪が特徴的です。
同じ種類なのですが、花一輪一輪のそれぞれが色味が少しずつ違っているので、1種類の花だけで生けても程よい強弱が生まれて単調になりません。

これからクリスマスまでこんな深い色合いが好まれる季節です。


rubyclip.jpg
-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:13 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月25日

10月のレッスン日について

今日はお月見ですね。お天気もいいのできれいなお月様が見れるといいですね。
これからどんどん陽が短くなっていき、気持ちも年末まで慌しくなりそうです。

10月のレッスン日のスケジュールをアップさせていただきました。
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/lessonschedule.htm

10月のレッスン日についてなのですが、私のドバイでフラワーインストレーションに参加の為のスケジュールでレッスン日を組ませていただきました為、かなりイレギュラーになってしまい、大変申し訳ありません。

実はその後、急遽来年になってしまった・・という連絡が入り、私はずっと東京にいることになりました。なのでレッスン日の組みなおしも可能なのですが、一旦お話をしてしまった後なので、いろいろ悩みましたが、そのままのスケジュールで10月は進めさせていただきたいと思います。それにあわせて皆さん、翌月のスケジュールを組んでくださっているので、この方をたてると、あの方のご都合がたたず・・・と益々混乱を招いてしまう可能性の方が大きいので、大変申し訳ありませんが、そのままのスケジュールで進ませていただきますことを、ご理解の程、どうぞ宜しくお願い致します。

このお話があったとき、少しでも早く皆様にスケジュールのお話を・・と思っていたのですが、そこに行き着くまでも先方からのスケジュールの変更の連絡が数回あったので、ちょっと危険だな、と思って、気ばかりはあせりながらも、私の中で保留にしておりました。いよいよ1ヶ月を切って、パスポートのコピーを送付したあとだったので、さすがにもう大丈夫と思い、ちょっと強硬なレッスンスケジュールを決定して、皆様にご連絡したあとの今度は急な日程延期の先方からの連絡だったので、力が抜けてしまいました。大きなイベントだったので、日本ではありえないことですが、相手がアラブの国だけによくわかりません。
言い訳のようなことを申し上げることになってしまい心苦しく思っております。

9月の2週目のレッスンと10月最初のレッスンが週を続けてになってしまいますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

それから10月から12月までレッスンの週を基本的には第1週・第3週で組ませていただく予定でおります。
12月のクリスマス直前にあたる日程でのレッスン日を避けるために、ついでなので、今年は10月から調整に入りたいと思います。


今日のお花はミニダリアです。
一見ピンポンマムの様にも見えますよね。
後ろにセンニチコウがありますので、その大きさと比べると
サイズもご想像していただけると思います。
大輪のダリアを買ったときに脇芽に蕾の小さなダリアがついてることが多く、その蕾を頑張って咲かせるとこのぐらいのダリアになることがあります。

大輪のダリアも足が速いですが、ミニなだけに、スタミナが幾分弱いのか、あまり花の保ちはよくありません。

まん丸の形がお月見のお団子みたい(また食べ物〜っ??)で
おいしそう!
凝視していると、お花の中にお餅を搗くウサギのシルエットが見えてくるかもしれませんよ。
minidaria.jpg

minidaria2.jpg


-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:12 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月24日

ナチュラルな山野草 「山ラッキョウ」

三連休、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?
お天気にも恵まれ、素敵な秋の行楽シーズンだったことと思います。
暑さ寒さも彼岸までとは、本当によく言ったものだと毎年思います。お彼岸を境に暑い暑いといっていた毎日もやっと落ち着き、お花の楽しいシーズンが到来です。

夏は利用できなかったバラのジュリア、そろそろ楽しめそうです。花のひらいた「しべ」の雰囲気がキンポウゲ科のお花に似て見えますね。
今日ご紹介したいのは、実はこのジュリアではなく、その脇にあしらわられている小花です。

山ラッキョウの花はユリ科のお花でアリウムの小さな形をしています。山野草は線が細いので、いつものフラワーデザインに添えてみると、アレンジメント全体が柔らかいベールで包まれた優しい表情を生み出します。
さてさて、どこにあるか探して見てくださいネ。
julia.jpg

山ラッキョウのお顔はこんな感じです。
アレンジメントの中でみると実際の大きさが良くお分かりになると思います。
ラベンダー色に癒されます。

yamarakkyo.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:44 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月23日

薫りの素敵なバラ『リーク』

濃紫色のバラで深い芳香がします。
優雅で落ち着いた印象のバラですが、真っ赤なジャグでバラの可愛らしい部分がひきだされます。

深い色合いなのであわせる小花にはいつもより気を配る必要があります。遠目で花色が沈み込んでしまうと、せっかくの花のプロフィールが見えなくなってしまいますので、隣り合うお花をコントラストの弱いグラデーションカラーでひとつひとつのバラのアウトラインが浮き立つようにすると華やかさが増します。

リークは花の開きも早くとてもデリケートなバラですので、ウェディングブーケ作りも花の閉じた状態で、そしてパーティーの始まる直前の作製をお薦めいたします。

leek3.jpg 
深い色はエスニックなインテリアにもぴったりです。
控え目な色あいは一層に奥深い存在感を与えてくれます。

どんな場所でもその場の雰囲気を汲み取り、変幻自在にその印象を変えて自分の魅力を演出する、円熟した役者さんのようです。

leek2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:00 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月21日

箱根トリカブト

「トリカブト」というと、まず頭に浮かぶのが毒性の強さですよね。気の毒なことに、保険金事件などで、有名になりました。これまでも折につけお話させていただいておりますが、植物には多かれ少なかれ毒性のあるものが多いです。

トリカブトの名前は花の形が舞楽の被り物の鳥兜ににているからその名前がついたといわれていますが、私は実際にその由来の鳥兜を知りません。逆に花の形から平安時代ごろの烏帽子のような形のものなんだろうなぁ・・と想像します。
深い青色が鮮やかで、魅力的なお花です。

「箱根トリカブト」の名で売られていたこの花は通常の
ヤマトリカブトより背が半分ぐらいの低さで花もその分密集しています。

hakonetorikabuto.jpg

トリカブトはキンポウゲ科のお花です。
下の方から覗き込むような角度で花を撮影してみると、お馴染みのデルフィニウムのような顔立ちをしていますよね。
デルフィニウムもキンポウゲ科のお花です。だから深く切れ込みの入った葉の形もかなり酷似してます。

キンポウゲ科の植物は山菜でおひたしにして食べられるものもあるので、花がないと葉の形だけで判断してしまい、誤ってトリカブトを摘んでしまうと大変危険です。

キンポウゲ科の植物には毒性のあるものが結構多いです。
ただ毒といっても適正な利用で鎮痛作用や強心作用の有効利用ができるので、一概に悪者扱いはできません。

昔々その昔は植物の薬用や効用を利用して病気の治療をする医者の役割をする植物使いが魔女と呼ばれていました。

魔女というと直ぐ頭に浮かぶのが『マクベス』の最初にでてくる3人の魔女。物語の最初にオドロオドロしいものを次々と鍋でぐつぐつと煮ていましたね。
「fair is foul, foul is fair」(きれいは汚い、汚いはきれい・・」と呪文の様に、これから始まる恐ろしい物語を予告するかのような言葉を繰り返します。

壮大なこのストーリのことはさて置き、この「きれいは汚い、汚いはきれい。」っていろいろなことに置き換えて考えられるなぁ・・と思います。
物事には同じ事象を捉えるにしても、表側から見えることが、裏側からは全く相反する見え方がしてくるわけで。。。
トリカブトの毒のことからふと、人生についてまで、ふと感じ入ってしまいました。

hakonetorikabuto2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:49 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月20日

糸芭蕉でラッピング!

昨日お約束した、糸芭蕉でのアレンジメント。
葉っぱで花器をラッピングです。
糸芭蕉の葉の中心の葉脈はとても太くてあまり撓らないので、葉を傷めることの無いよう用心深く作り上げます。

いつも使っている器も葉のお洋服を羽織らせてあげると、全く別物に変わりますね。ナチュラル感たっぷりです。

itobashouarrange.jpg

花束もラッピングしちゃいましょう。
お包みするように、ブーケの周りをぐるりと葉が取り囲みます。
こんなときの花束は結びも、ラフィアの自然素材で仕上げると、ハートに優しいブーケの出来上がりっ!です。

itobashouhanataba.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:21 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月19日

糸芭蕉

葉ものがたくさん取り揃えられているお店はとても魅力的です。
花よりも葉の形にフラワーデザインのインスピレーションをうけることが多いです。
この葉も曲線のフォルムが魅力的で、1枚だけでも絵になります。糸芭蕉といいます。50cmぐらいのサイズです。
糸芭蕉は芭蕉の葉の小さいものです。
芭蕉の葉は7月にレギュラークラスの生け込みのレッスンでご利用いただきました。1m以上もある手に余る大きさでしたが葉の面を生かして風流に生けていただきました。
(↓こちらのサイトがレッスンでの素晴らしい作品です。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/regularjun.htm
これから比べると糸芭蕉は可愛いものですよね。
itobashou.jpg

グリーンの花を集めてみました。
グリーンは私の好みなのか、いろいろ集めてにんまりしてしまいます。
バラは先日からお話しているライムとグリーンローズ、右側にある黄緑色のケイトウはポンペイシリーズのグリーンです。もう頬を摺り寄せたくなる様な立派な毛並みです。
明日は糸芭蕉を使ってのアレンジをご紹介させていただきますね。
greenarrange2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:24 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月18日

吊り花

仕入れたばかりのレッスンの時は蕾が固く閉じていて、秋の実物のようで可愛らしかったのですが、昨日の好天気もあってかみるみる開花しました。

蕾の時はマット感のある色調で控えめな印象だったのですが、花が開くとその印象が一転します。
鮮やかな朱色の花が垂れ下がった状態で生まれてきました。
この状態から「吊り花」と呼ばれています。
英語名はハンギングフラワー、です。

1m以上の枝物として入荷したものを、アレンジにデザインしやすいように、脇枝のところから少しずつ切り落としてみました。
花なのですが、実物のような魅力もあり秋の楽しい花材です。
turibana.jpg

吊り花の枝はしっかりしていて、木工などで利用されるそうです。紅葉したたくさんの葉も魅力的です。紅葉した葉はハラハラと枝から落ち易いです。落ちた葉を集めて、秋のディスプレイに早速利用!キャンドルのファンデーションにして、なんだか温かい。。。

ochiba.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:19 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月17日

グリーンのバラ

あと1ヶ月もすると公園のバラが咲き始めます。
春に咲く春バラのシーズンが5月、秋バラは10月頃が東京ではシーズンになります。
調布にある神代植物園はバラのシーズンは広い敷地がバラいっぱいに埋め尽くされ夢の花園のようで素敵でお薦めです。
やはり去年の10月中旬バラの最高のシーズンに駒込の古河庭園でバラが咲き乱れる中でのブライダルの会場装花を務めさせていただきましたこと思い出されます。

旧古河庭園の館内は通常は年に数回の決められた日時に、ハガキでお申込の抽選で当選した何名かの限られた方だけが係の案内で館内巡りをできるように制限されているのだそうです。
建物が重要記念物なのでそうやって守られています。
また結婚式というのは年に数組しか受けてらっしゃらないとのことですので、実はかなりの難関の会場さんなのです。
月に1組も受けてらっしゃらないとのお話でしたので、本当に本当にラッキーなカップルですよね。

というわけでバラの旬の時期は巷でローズフェスタのようなことが開催されているころだなぁというのは簡単に推測できることと思います。
その前の9月、その準備に向けてバラも着々と成長しているのでしょう。9月にはいるとブライダルのシーズンもはじまりますが、この季節のバラは比較的花のつき方が小ぶりのものが多いです。いつも見ているバラのつもりで注文したものが、全然違った荷姿であらわれます。いつもなら6〜7cm直径の花を咲かせる見慣れた花が、親指ほどの大きさでミニチュアサイズの新鮮ささえ感じるほどです。

ウェディングのブーケに使うバラはある程度の花の大きさがないと形が作りづらいので、この季節のバラの注文はあまりこまかな花の名前や種類を特定しない方が賢明です。
お花屋さんに注文をされるときは、目安のバラの名前と用途をお伝えして、状況を見ながらお任せ、でお願いするのがベストです。

今日ご紹介させていただくグリーンのバラ、ライムは何度かご案内させていただいたことがあるかもしれませんね。
薄黄緑色の花は清涼感があり周年人気があります。
花びらの形も特徴的でフリンジしていて優雅な面持ちなんです。
ただ遠目には白バラのようにも見えますので、そばに白いバラをあわせることによって、あらためてこのバラの微妙な色目がきわだってきます。

rijme.jpg

そしてこちらのバラは紛れもない、グリーンのバラ。
その名も「グリーンローズ」といいます。
私の知り合いの方でもアトリエ名をグリーンローズとしているぐらい、バラ好きの間ではファンの多い人気のバラです。
スプレー咲きで1本に4〜5輪ほど花がついています。
一見「葉もの」のようで知らないと高価なバラとは認識されません。なのでこれこそ玄人受けする究極のバラといえるかもしれませんね。お花のシルエットをみると、他のバラと同じ様に子房があって、葉の形も全くバラのそれと変りありません。花の部分をかくして頭から下はまさにバラそのものなのです。

greenrose.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:05 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月13日

自家製ダリア

これは夏にご紹介させていただいたダリアの「黒蝶」か?
私が生産した新種のダリアでございます。

さてさて、こちらは赤唐辛子の実をひとつひとつ細工してみました。くにゃくにゃっと針のような形で曲がっているところがダリアの花びらにそっくりだなぁと思いつきました。
一見ダリアに似ているようでも、表面のエナメルみたいにテカテカした質感がおやっと一瞬思ってしまいますよね。

ほんの何分かで拵えた渾身の一輪ですが、自分で作ったお花って、より一層愛しく思えてきますよね。
いつも手にするたくさんの切花は、長い季節を越えて生産農家の方々の気持ちがいっぱい込められているんだろうなぁと、ほんの少しだけかもしれませんが、花を産み出す方々のお気持ちをあらためて感じさせられたような気がします。

pepper1.jpg

pepper2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:27 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月11日

秋の黄色い花々

フラワーアレンジメントのレッスンで利用された秋の黄色い花々。同じ黄色でも見せる表情は形も色のグラデーションもさまざまです。

左上から順に花の名前を挙げてみます。
●ニュアンスカラーが魅力的なポンペイシリーズのケイトウ
●黄花コスモス(サニーイエロー)
●スパイダー咲きの黄色のガーベラ
●クラスペディア(ゴールドスティック)

花の形はそれぞれ個性的ですが、ケイトウを除いては皆キク科のお花です。
陽が短くなるにつれて、キク科の花が目覚め始める・・そんな季節に今年もなりました。

pompei.jpgkibana.jpg

spider.jpggoldstick.jpg
-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:23 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月10日

紫金唐松草

紫色が輝くほどきれいな山野草です。
「しきんからまつそう」といいます。
ガクの部分の紫色と下に長く垂れた黄色いオシベの色からこのお花の名前がきているのかもしれません。

去年もご紹介させていただきましたが、これほど、紫色が綺麗なお花を他に知りません。
山野草ならではの優しい色合いです。

こんな上品なお花を手にすると、山あいにひっそりとたたずむ老舗旅館の女将になった気分になり、品良くお部屋を飾りたくなります。

歩きつかれた旅人がゆっくり休めるように。
それは絹の夜具の優しさで包み込んでくれそうです。
yama.jpg

karamatsusou1.jpg

貝殻を利用するときはしっかり湯煎にかけましょう。
放っておくとかなり臭ってきますのでご注意を。。!
karamatsusou2.jpg
-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:20 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月06日

2008年フラワーカレンダーご予約開始しました。

今日は夜から台風が関東に上陸かと・・これからベランダのいろいろなものを低い位置に置いたり、室内にいれて大風の対策をしなければなりません。
台風の時の雨は急に晴れたり、激しく雨が降り出したりが断続的に続きます。この晴れ間のインターバルでちょこちょこ用事を済まそう、というのが台風の時の私の過ごし方です。『晴れているうちに!と思って今出てきました。』なんて合間を見て出かけたらその方は九州出身の方で私のこの口調に『台風を甘く見ている』とお話されてしまいました。
台風の通り道になり、それも勢力が一番強い状態ですから、台風の対策は東京のそれとは全く比べ物にならないそうです。
「家族みんなで家の戸を全力で押さえ込んだりするんですよ。」とのお話に台風の本当の手ごわさを再認識させられました。

皆様の地域でもどうぞお怪我などなさいませんよう充分お気をつけくださいませね。

さて、お話は変わりますが、2008年のミルフルール・フラワーデザインのオリジナルカレンダー発売のご予約が始まりました。
発売は10月中旬予定です。
今年は大判のバラのカレンダーもお楽しいいただけます。
バラのカレンダーはサイズが(300mm×380mm)とかなりの大判で迫力があります。
パリでの撮り卸しのイメージも多数掲載されています。

いつもご購入いただいているお客様にはおなじみですが、ちなみに卓上カレンダーのサイズは(145mm×165mm)、それから壁掛けのフラワーコレクションは(255mm×255mm)のサイズです。

カレンダーひとつひとつにテーマがあって、全部雰囲気が違いますので、いろいろお楽しみいただけることと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<2008年ミルフルール・フラワーデザインのフラワーカレンダー>ご予約受付中です。10月中旬以降全国有名書店でもご購入いただけます。
1000円以上のご注文ですと送料・お振込手数料無料で版元よりお送りするできますので、
ミルフルール・フラワーデザインに直接お問合せください。




-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:58 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月05日

秋の山野草

秋の七草は9月の初秋に出回ります。
全部名前いえますか?
万葉集で山上憶良の詠んだ歌、「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七草の花。萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌の花」と花屋さんにも説明書きがされていますね。
「尾花」はススキ、「朝貌(あさがお」は、キキョウであろうといわれています。

そんなたおやかな花を眺めていると、趣ある日本の秋の山の風景が自然と心の中にひろがっていきます。
秋の七草は食べれません・・なんていう注意書きもあったりして・・。

秋の七草には紹介されていませんが、秋の花というと大切な花がまだまだあります。

山のリンドウはお店で売られているのと比べて、お花も小さく慎ましいたたずまいです。
リンドウを見ると直ぐに野菊を探してしまいます。
「野菊の墓」の二人がみた花はこんな感じだったのかなぁと、もう100年も昔のことなのに、草花は変わらずこうやって山に花を咲かせ続けていることに、凛とした逞しさを感じます。

物語に出てくる花。たけくらべの最後のスイセンの花も印象的で心に残ります。

物語の中の花は可憐でみずみずしく、その花の中に、もう会うことのできない人の姿をを重ねあわせる思いは、せつなくまた美しいです。

rindou.jpg

nogiku.jpg
-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:28 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月04日

グリーン使いのしっとりアレンジメント

夕方窓を開けると虫の声が響き、季節はすっかり秋なのだなぁとしみじみ感じる今日この頃です。ジージーセミの声が聞えていた季節がすっかり昔のように感じてしまうのは不思議です。

お花はこの季節にぴったりの秋色のトルコキキョウですが、ヒューッと伸びているグリーンはミスカンサスといいます。
ミスカンサスはすらりとのびた線が美しくデザインに繊細なデザインを作り上げるのに大変貢献してくれる花材です。
お花よりも日保ちもしますので、ミスカンサスだけ飾っていてもお部屋が爽やかな空気になります。

最初に買ってきたお花は茎が長いですが、花瓶の水替えをするときに水揚を良くするために、茎を少しずつ切り落として新しい切り口を見せてあげますよね〜。それを繰り返すとついには茎が短くて花瓶にも挿しにくくなってしまったりして。。。

このアレンジメントでは、花を短く使っていけるので、かえってそれが利点になります。
そんな短いお花を有効利用してあげるのにももってこいのデザイン、いかがでしょうか?

toruko1.jpg

上からみるとこんな感じに仕上がってます!
ツルコケモモの蔓やシュガーバインの蔓をくるりと巻いてあげるとアレンジメントに動きがでます。
シュガーバインはよく鉢で売られてますので、一鉢あると何かと便利ですよ。
結構丈夫で手間いらずです。
切花になって出回ってもいますが、切花になると水揚がかなり悪く神経をつかう手ごわい相手となります。

toruko2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 21:09 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月03日

青いアネモネ

アネモネといえば、早春のお花ですね〜。
切花ですと1月〜2月頃が一番安心して利用できる花材です。
花びらがとても薄いので、温度が少し温かいと花びらがぺたぺたになったり、花びらが反り返ったりします。花壇で咲き誇るのは3月4月なのですが、切花の出回り季節はチューリップと同じような前倒しになります。

ブライダルの季節とご希望のお花がちょうどぴたりとあうとそれ以上の喜ばしいことはないのですが、どうしても季節とご希望のお花の時期があわないことがあります。
青いアネモネに変わるお花はその表情なども合わせて考えると難しいですが、アートフラワーでこんなに柔らかなお花の表現がされています。色あいもニュアンスカラーもあったりと、お花をみているだけで、こんなドレスもいいかなぁ・・なんてイメージが膨らんできそうですね。

これなら秋のウェディングにも安心してアネモネをご利用いただけます。
anemone1.jpg

国産のチューリップがまだ出回らない時期にヨーロッパからの輸入物で調達できることもありますが、ブライダルでは季節的なことで生花をあまり無理をしてご利用しないようにお話しています。ブライダルのお花は華やかそうに見える反面、式場の強烈なライトや、人ごみの熱気などでお花がいきいきとするには環境がよくありません。なのでそれに耐えうるだけの頑丈な体力が美しさにプラスαで必要条件になるからです。

anemone2.jpg

-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:17 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2007年09月02日

ダリヤの色

8月のあのうだる暑さが夢だったかのように思える最近の涼しさです。今年の7月は涼しかったのに遅い梅雨明けとともに始まった8月1ヶ月は大変な暑さで、今年の天候は極端だなぁと思います。

涼しくなるとやはりまたお花が恋しくなる季節がやってきます。
秋のお花は情感があって本当に楽しいです。
ダリヤも徐々に安心して使える季節になります。

色によって同じダリヤでも受ける印象がかなり違います。
dariyapink2.jpg

dariyapink3.jpg
-----------------------------------------------------------

ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:02 | TrackBack(0) | Flower Lesson