2007年09月05日

秋の山野草

秋の七草は9月の初秋に出回ります。
全部名前いえますか?
万葉集で山上憶良の詠んだ歌、「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七草の花。萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌の花」と花屋さんにも説明書きがされていますね。
「尾花」はススキ、「朝貌(あさがお」は、キキョウであろうといわれています。

そんなたおやかな花を眺めていると、趣ある日本の秋の山の風景が自然と心の中にひろがっていきます。
秋の七草は食べれません・・なんていう注意書きもあったりして・・。

秋の七草には紹介されていませんが、秋の花というと大切な花がまだまだあります。

山のリンドウはお店で売られているのと比べて、お花も小さく慎ましいたたずまいです。
リンドウを見ると直ぐに野菊を探してしまいます。
「野菊の墓」の二人がみた花はこんな感じだったのかなぁと、もう100年も昔のことなのに、草花は変わらずこうやって山に花を咲かせ続けていることに、凛とした逞しさを感じます。

物語に出てくる花。たけくらべの最後のスイセンの花も印象的で心に残ります。

物語の中の花は可憐でみずみずしく、その花の中に、もう会うことのできない人の姿をを重ねあわせる思いは、せつなくまた美しいです。

rindou.jpg

nogiku.jpg
-----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
(無料の壁紙もお楽しみいただけます。)
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:28 | TrackBack(0) | Flower Lesson