2008年06月10日

パリのおみやげ

今日の基礎コースのレッスンでは大きな花束づくりをしました。
梅雨の季節に颯爽とあらわれるふわふわのスモークツリー。
お色もボルドーカラーのものや茶色のものなど種類も豊富です。
今回はグリーンのスモークツリーです。和名はケムリの木といいます。名前の通りお花とあわせるとスモークがかかったようになり、幻想的になります。

スモークツリーは水揚が悪いので扱い方の注意点と、いろいろな楽しみ方をご説明させていただきました。

スモークツリーの大きさを生かして花束作りをしたので今までで一番大きな花束になりました。枝の長さを充分にいかしたので1m20cm以上のビッグサイズなのでデザインされているご本人さえも全容が見えないぐらいの手探り状態での作製です。

あわせたブラックのヒマワリは『ココア』といいます。

束ねた花束の処理、ラッピング、リボンの取り付け、花屋さんの実践でのお仕事と同じことを習得していただきます。

presentation.jpg
(利用花材:ヒマワリ(ココア)・スモークツリー(ピンクファー)・デルフィ二ウム(クリスタルピンクスプレー)・アルケミラモリス・赤入才・カンガルーポー(グリーン))

パリでのおみやげ、いつも悩みます。
今回レッスンでお渡しさせていただいたお土産はアクアブルーの素敵なメダイユにしました。
これはサンジェルマン地区の町なかにひっそりとたたずむ小さな教会で、奇跡のメダイユ教会とよばれる教会があります。
ガイドブックによると、130年もの間、修道女「聖カタリナ」の遺体が腐らずに眠っている場所として世界中からカトリックの信者が集まる教会で、聖カタリナが身に付けていた聖母マリアを刻印したメダルが聖母マリアを信じるものには理屈では説明できない様々な不思議な現象を起こすといわれているそうです。

身に付けると幸せになれる。。と実は日本人観光客にひそかに人気のメダイユです。いろいろ種類があったのですが、青い色が綺麗なのでお土産用に選んでみました。ペンダントヘッドやお財布に入れたりして楽しんでいただけたらと思います。

もっとカジュアルなメダイユもあったのでラッピングにも素敵かも。。と心動いたのですが、何分本来は宗教的な意味合いのものなので、突然こういうものをわたされるのもいかがなものか・・と考えて、プレゼントにお渡しさせていただくのは、アレンジメントのレッスンのお客様だけにしました。

みなさん急に幸せになったら面白いですね。すごい神だのみです!
medaille.jpg

教会の入り口に書かれてあります。
[CHAPELLE NOTRE DAME DE LA MEDAILLE MIRACULEUSE]
デパート「ボンマルシェ」の実は直ぐ裏側にあります。
miracle.jpg

入って直ぐ建物をみあげるとこんな象徴的な彫り物があります。
ノートルダム教会はいつも観光客で溢れかえっているのでカメラ片手でも違和感は全くないのですが、こちらは敬虔な信者の方ばかりなので、チャペルに出入りする人はみなかかさず手をあらい、十字を切り祈りをささげています。メダイユの売り場だけかなりこみあっています。

miracle2.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:55 | TrackBack(0) | フラワー・海外