2008年06月23日

ブラッシング・サン

ポピーのような可憐な野の花の風合いです。
このお花何の種類か実は分からないのですが、花びらが柔らかくて可愛らしいなと手に取りました。
6月もお花が、特に野の花が面白い季節でした。

季節を刻むお花は一期一会でそれを逃すとまた来年まで待たなければならない幻のようです。それがまたその花の魅力になります。

最近頓に嫌なニュースが流れてきます。そこはかとない閉塞感はもしかしたらどんな人にも身に覚えがあるかもしれませんが、結局は全て自分で解決していかなかければならないことです。
そこで他の人にあたってしまったら、大変なことになってしまいます。でもそんな時、大切な花にあたってしまうことがあってもたいした問題にはなりません。美しいとただ愛でるためだけでなく、苦しい心のもちようの時にも花はどんな自分にも物言わず寄り添っていてくれる存在のような気がします。

だから人間になくてはならない存在であるような気もするのです。

blushingsun.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:19 | TrackBack(0) | Flower Lesson