2008年07月31日

アリウム・皐月

なかなか花が日保ちをしなくなる暑い季節の強い味方、アリウムです。葱坊主ですね。

アリウムなので茎が造形的にくねっていて見ているだけで楽しくなります。
まん丸の楠球のようですが、ツブツブにみえるところがひとつひとつが花でゆっくり花を咲かせていきます。花が咲ききる頃にはこのボールもまた一回り大きくなります。

「皐月」は白い花を咲かせるので夏の入道雲の窓際の夏の風景にも涼しげに映ります。

水揚もいいのでお水は浅くはる程度で充分です。水が深すぎると柔らかい茎のところを夏の水温で腐らせてしまいかねません。

丈の長いお花です。長さが1m近くあるんですよ。
花の直径は最初は10cm程度でしたが、花が咲くと13cmぐらいになります。

涼しいところで丁寧にお世話をすると、この季節でも3週間ぐらい楽しめるありがたいお花です。

ariumsatsuki.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:11 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月30日

セレモニーピンク

7月ももう終りですが、今年はとにかく暑くてこれからまだ夏本番を迎える先の長さを考えると気が遠くなるようです。
何かが足りない。。と昨日ふと気付いたのですが毎夏手元にある「ウチワ」です。通りでもらっていつの間にか増えてしまっていつも持て余してしまっている「ウチワ」が今年は1本もありません。
昨日一番そういうのが激しい通りを歩いたのですが結局そのような光景はみあたりませんでした。ウチワの持ち手の部分が石油製品だからでしょう。今年はウチワなしで過ごす夏になりそうです。

さて、今日のお花は、トルコキキョウです。
「セレモニーピンク」といいます。
何のセレモニーなんだろう。。と気になりますね。

ピンクなんだけれども、少し濁りがあって、透明感の中に深みのある大人色です。
トルコキキョウはお店で「リシアンサス」とも呼ばれていて、周年入荷可能な高価なお花です。7月ごろが一番の旬です。

ヒトエダにたくさん花をつけるので、数本でボリューム感を楽しめます。

花の形状も一重や八重など種類がたくさんあります。このお花はフリルのスカートをはかせたみたいでデコラティブな印象を受けます。

トルコキキョウは名前と違ってキキョウ科の花ではないことは周知のことと思います。キキョウの花に似ているからこのような名前がついていますが、本当はリンドウ科のお花です。葉の付き方をみるとよくご納得いただけることと思います。
トルコとも実際は特に関係は無いのですが、花の形がトルコ人のターバンににているからそう名づけられたのでしょう。
こんな風に花の名前は意外にいい加減な(?)ところがあるので花だけでなく葉の形などをよく見る習慣をつけると惑わされません。

品があるお花なので、プレゼントにも、ウェディングブーケにもご利用いただけますし、バラと違って仏花にも喜ばれるオールマィティーなお花です。

ceremonypink.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:44 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月29日

夏のギフトにアイスフラワーのアレンジメントを・・

夏のご挨拶にお届けさせていただいたアイスフラワーのシャクヤクのアレンジメントです。
バラとシャクヤクとどちらにしようか悩まれたのですが、やはりシャクヤクの存在感に魅せられました。

この暑い季節にみずみずしいシャクヤクのアレンジメントはひとときの清涼剤にしていただけることと思います。
大切な方へのギフトに、ありきたりの贈り物はもうマンネリ化してしまったし、お花もこの暑さだと心配だし。。とお悩みの方、是非お薦めです。

アイスフラワーのご説明やお取扱ご説明書もあわせてお届けさせていただくので、ステータス感のあるプレゼントなのがご理解いただけ喜んでいただけることと思います。

画像だとこじんまりと見えますが、実物は直径20cm以上で高さも25cmぐらいあり、お部屋でお愉しみ頂くのにボリューム感たっぷりの大きさと華やかさです。

iceflowershakuyakuarrange.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:44 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月28日

花の王様、プロテア

今月のレギュラーコースのレッスンで利用したドライフラワー。
「バービゲラ」と記載されていましたが、一般的に呼ばれるのは「プロテア」です。大変高価なお花です。

ドライフラワーになってもその存在感は保っています。
生花ですともうすこしピンクがかっています。
この花より一回り大きくてギザギザの花びらがついたのが「キングプロテア」です。

水保ちがいいのと、高級感があるので、花展などで好んで利用されます。

花事典には、「水切りで水揚します。(しなくてもよい。)」なんていう面白い説明がされています。
花をいきいきと長持ちさせるためやはり、水揚はしたほうがいいでしょうね。でもしなければしないで勝手にドライフラワーになってそうです。

花材のドライフラワーはドライフラワーの専門メーカーさんのものですので、本当に花色がきれいです。
自分でつくるとドライフラワーには簡単になりますが、黒ずんだものになると思います。

業者さんはドライフラワー作製用専門の機械で短時間(半日ぐらい)で花の中の水分をぬくことができるので花色が綺麗に残るのです。

お花の好みとは人それぞれで本当に面白いです。
このお花でブライダルブーケを作製させていただいたこともあります。ふかふかしたウールみたいな手触りのお花のところががブーケになるとまた違った可愛らしさを見せてくれるのがウェディングマジックです。

オーストラリア産のお花はワイルドフラワーと呼ばれて面白いお花が多いです。
オーストラリアは海で周りから遮断されているので独自の生態系が育まれています。その恩恵でオーストラリア独得の面白い動物の宝庫と呼ばれていますが、植物も又然りです。

私もいつの日かオーストラリアに行って実際にカンガルーポーやプロテアが咲いているところを見てみたいなぁと夢見ています。

protea.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:34 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月27日

ドライフラワーアレンジメント

7月の基礎コースのアレンジメントのレッスンで作製いただいたドライフラワーアレンジメントです。
直径が25cmぐらいある、ドライフラワーをたっぷり使ったボリューム感のあるアレンジメントです。

ハーブのオレガノとラベンダーが入っているのでお部屋に飾っていただくと風にのってほのかに夏の香りが楽しめます。

小麦が2本ずつぽんぽん可愛くあしらわれていてハートの形のように見えます。とってもラブリーな出来上がりです。

キッチンにもあいそうなデザインですが、あいにくドライフラワーは湿気や高温を大変きらいますので、蒸気のあがりやすいキッチンでのディスプレイは避けた方がいいと思います。

やはり玄関とか寝室とか、直射日光の当らない、室温の安定しているところがお薦めです。

こんな小花を集めたバスケットアレンジメントはカントリーな雰囲気がたっぷりです。

dryflowerarrange.jpg
<ドライフラワー花材:麦わらギク・ルリ玉アザミ・ベニバナ・フーセンポピー・ラベンダー・オレガノ・センニチコウ・小麦・ギンドロ(グリーン)>

少し話しは変わりますが・・・

タマゴ料理が好きでオムレツなどには目が無いのですが、学生時代も、そして卒業してからも年に何回かいっていた「ラケル」というタマゴ料理のレストランがあります。そこはイギリスの湖水地方をイメージした店舗内装で、お店のいたるところにドライフラワーのアレンジメントがところ狭しと飾られていました。

食器は「made in England 」の不思議の国のアリスのお皿とか、ピーターラビットのお皿でお料理がでてきます。
そしてオムライスと一緒にでてくる、そこのパンはバターが恐ろしいほどたーっぷりととろけだしてとにかくおいしいんです。

レッスンをしながらここ数年暫く行っていないこのお店のことをふと思い出しました。
週末新宿に行く予定があったので行き着けのカメラ屋さんでの用足しを済ませて、まだあるかなぁ・・とかなり心配しながら探しましたが、片隅でいつもどおりお店が営業されていました。やはりトロトロバターのパンはとってもおいしくって、食事のあと、何個かまた持ち帰りさせていただきました。

自由が丘のDEPOTさんが店内のドライフラワーを飾られていたと思いのですが、数年前にDEPOTさんが閉店してから、今はドライフラワーが全く飾られていませんでしたが、お花がなくても、お店の雰囲気はそのままでとても可愛らしかったです。

ドライフラワーを見るといつも思い出してしまうお店です。
チェーン店なので、お近くにあるかもしれませんので、是非このパンをお試しください。「ラケル」のHPはコチラです。↓
http://www.rakeru.co.jp/

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:19 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月26日

スーッとする夏の香り

夏はハーブの季節です。ハーブはこの季節でないと手にすることが出来ないので、夏の楽しみのひとつです。

「モナルダ」という花です。「ベルガモット」と呼ばれて親しまれる事が多い花です。ミントと同じシソ科の花で茎が角ばっているのが特徴です。

今日ご紹介のお花はラベンダー色ですが、他に真っ赤なものやピンクのお色などいろいろ種類があります。

茎や葉を切ると、植物のもつ精油が飛ぶのかスーッとしたオレンジに近い柑橘系の香りがします。花をもつ手もいい匂いがしてきます。

もともとは「ベルガモット」という本家本元は地中海産のオレンジがあるのですが、ほとんど香り付けで利用されていて食用ではでまわることがないので目にすることがありません。

紅茶の「アールグレイ」はベルガモットで香り付けされているので、深い香りが楽しめます。
「アールグレイ」の缶を開けたとき、柑橘系の香りが一瞬するのもそのためです。

「モナルダ」はそのベルガモットの香りにとてもよく似ているので通称「ベルガモット」と呼ばれています。

monaruda2.jpg

花の形から別名「松明花」(たいまつばな)とも呼ばれます。
このお花ではあまりよく分かりませんが赤いお色の「モナルダ」をご覧いただくとご納得いただけることと思います。
<赤いモナルダはこちらで画像をご確認いただけます。↓>
http://mille-fleurs2.sblo.jp/article/6351415.html

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:55 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月25日

線香花火のような夏の花

「朱夏」という季節の言葉にぴったりの真夏のお花です。
ガーデンに咲くサルビアぐらいのお花を咲かせます。
たくさん付いている蕾は下の方から順番に咲かせていきます。

大切に水揚すると上の蕾も花を咲かせてくれるかもしれませんが、なかなか難しいです。

7月の生花のレッスンでお渡しさせていただいたとき、この蕾の雰囲気が「ニモ」(クマノミ)みたい、と面白いコメントがありました。色あいを注意深くみると、まるで小さな熱帯魚です。

私はこの細くてしっかりした茎と真っ赤な小さな花が、夏の夜に愉しむ線香花火のように感じます。
まん丸い日の玉が地面に零れ落ちないように固唾を呑んで見守ったその一瞬が心をよぎります。

kurokosumia2.jpg

秋になるとまたこの花の実が出荷されます。
あの華やかさとはいっぺんして渋い役者となって帰ってくるのが面白いです。

(去年の秋の頃の記事です。実をご覧いただけます。)
http://mille-fleurs2.sblo.jp/article/6351302.html

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:27 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月24日

アーバンスタイルのドライフラワーアレンジメント

レギュラーコースの夏休み前最後のレッスンで作製いただいたアレンジメントです。

ドライフラワーはドライフラワーでも、個性的な花材ばかりを集めてのデザインなのでひとつの作品にまとめあげるのがより一層難しくなります。

ドライフラワーならではの花材をご紹介したくてあれもこれもと欲張って花材を揃えたのですが、素晴らしい姿にまとめあげられ、凛としたオーラを放ってます。

メインに利用している花材はワイルドフラワーとよばれる、オーストラリア原産のお花です。

花器も生花では普段利用できないような素材のものをご利用いただける楽しみがあります。
今回レッスンでご用意させていただきましたのはレザー調のちょっとした高級感を感じさせる器です。
エントランスにもリビングにも主張しすぎない品のよさで馴染んでいただけることと思います。

モダンでありながら重厚感のあるミッドセンチュリー調のインテリアに、あいそうだなぁと思いました。
黒や茶の革張りのソファーの横のサイドテーブルの上に飾られたり、会員制クラブのロビーに置かれていたり。。。とまたも妄想が果てしなく広がります。

折込チラシのマンションのショールームの写真を見るのが好きで、「ここにはこんな花を・・」と考えているだけで楽しくなります。

wildflower.jpg

花材:リューカデンドロン・黒ムギ・ハス・バービゲラ・コンパクター・ココバキア・ブラックベリー・ダリア・チランシア
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:57 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月23日

ティータイム

何とも優雅な名前のバラです。
一重で花びらの外側がきれいなピンク色をしています。
花びらが柔らかくて落ちやすいので花びらに衝撃をあたえないように気をつけてあしらいます。

半夏生(ハンゲショウ)の本来の季節からもう既に1ヶ月は経過しておりますが、北の産地から届いたのでしょう、思いがけずめぐり合った葉ものとあわせて、暑さ知らずの涼しげな表情をしています。

それにしても今年の夏は特別に暑いですね。
これほど暑いと切花延命材はやはりご利用いただいたほうが懸命です。
私は業務用の延命材をたっぷり利用しています。

延命材のラベルの裏に「店売りまでお水の交換は不要です」のような効用がかかれていますが、それは信用しない方がいいでしょう。延命材を利用しても朝夕1日2回の水替えは欠かしません。
もし延命材が勿体無く感じられるのでしたら、延命材は使用せずにむしろ花の水変えをこまめにしていただくほうが花にとっても喜ばしいことです。
植物は人間と一緒です。

「塩素がたっぷり入っていますから大丈夫ですよ〜。」といわれてどろどろ白く濁ったようなプールで泳いでいたらお腹を壊してしまいそうですよね。消毒材が入っていなくても綺麗なお水に入っているほうがここちいいのです。

延命材にはお花の栄養剤に加えて、漂白剤と同じ成分のものが含まれています。漂白剤は殺菌作用があるので、水の中のバクテリアを退治したり腐敗をできるだけ防いでくれます。

お花好きの方が水を汚さないようにする為に漂白剤を入れたお話をききました。「確かに水は汚れず綺麗なままだったのだけど、お花が見事に真っ白になってしまって、本当にお花が水を吸ってるのだっておもったわ。。」とのお話に思わずいっしょに笑ってしまいました。お花が漂白された様子をみてみたいような気がします。
漂白剤はお花には刺激が強すぎるのでお花のために充分に研究されている商品である延命材をせめて厳しい夏の暑さの間だけでも、是非ご利用いただきたく思います。

teatime.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:50 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月22日

天文草

「テンモンソウ」と読みます。
長さが50cmほどの大きな葉ものです。
ふさふさとしているのでオアシスのカバーリングにしても利用できますし、この季節ですと、そのまま生けてあげると涼げな印象を受けます。

以前アレンジメントのレッスンで利用した折、「金魚の水槽の草みたい。」と言われましたが、本当にそうですよね。
水の中でゆらりゆらりとゆれているのが似合いそうです。

金魚といえば、去年の夏、ふとしたことで八百屋さんで購入してお付き合いすることになった金魚が2回目の夏を迎えます。
水が冷たい分には零下何度というぐらい氷が張っても生きられるのですが、正念場は夏です。暑さには極端に弱いので夏休み4日ほどお世話できないのが心配です。

金魚を飼ったことのある方から聞いたところによると、「病気さえしなければ10年ぐらい生きてくれるよ、」とのことです。
「器が小さいとそのままの大きさだけど、器を大きくすればしただけ鯉ぐらいまで大きくなるよ、」とも聞かされました。
とんでもない、小さいままが可愛くて充分です。

tenmonsou.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 12:28 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月21日

カジュアルなウェディングパーティーに

ガーベラは優しいサーモンピンク色が人気の『ミノウ』です。
ボックスにお花をアレンジして、テーブルにさりげなく飾ります。
カジュアルなウェディングパーティーや2次会にご利用いただくと、会場がお花で華やぎます。

minou.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:38 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月20日

アイスフラワーのローズブーケ

アイスフラワーのローズブーケです。ニュアンスカラーのお色で長くお楽しみいただけるブーケが実現しました。プリザーブドフラワーですと、染色されているので花びらの色が均一ですが、アイスフラワーは花本来の花びらの微妙な色のグラデーションまで存分に楽しめます。

このアイスフラワーとはどのようにできるかご説明いたしますと、生花を氷点加工で一瞬にして花のもつ水分をとりさる、いわばフリーズドライフラワーなのです。
花の一番美しい瞬間の時間を閉じ込めます。

今までバラのブーケを、それもニュアンスカラーのブーケは花びらが柔らかいものがほとんどなので、花保ちや保管の点から、持つことが不可能だった、ビーチリゾートでのウェディングにもアイスフラワーのブーケでご利用いただけるようになります。もちろん海外でもウェディングにもご持参いただけます。
ご帰国後、国内でご披露宴の時にも、挙式での同じブーケをそのままご利用いただけるメリットもあります。

真夏のウェディングにも最適な花材です。

前撮りのご必要な花嫁様も、アイスフラワーのブーケでしたらご準備も安心ですね。

素晴らしい花材を是非ひとりでも多くの花嫁さまにご利用いただければ。。と願っております。ミルフルールではブートニアもお付けして、とてもお求め安い価格でご提供させていただいております。

お打合せの折、どんな風合いか、実際にご覧いただけます。

iceflowerrosebouquet.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 04:06 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月19日

頬を染めるバラの色

夏のバラのブーケはバジルとあわせて清々しいです。

限りなく薄いピンク色のバラ「マハ」といいます。
バラの名前の由来は分かりませんが、あの有名なゴヤの「マハ」の絵からとったのかなぁ。。と勝手に思ってしまいます。
こんな素敵なバラをつくられる生産者の方はきっと絵心のある方なのでしょう、と想像が膨らみます。

絵によくあるモチーフですが、ベッドの上に綺麗な女の人が横たわっている絵です。
そのマハのうっすらとピンク色の頬がこのバラの初々しい花色にそっくりなのが印象的です。

以上は私の勝手な想像なので、全く違うかもしれませんのであしからず。。です。

バラはまだ蕾の状態ですが、開くとぷっくりとした妖艶な別の表情を表します。

maha.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:28 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月18日

雪の精

今週はローズウィークのようにいろいろバラをご紹介させていただいております。ブライダルで人気のバラですのでこれから秋のシーズンのご参考にお役立ちいただければ幸いです。

「フェデネージュ」"Fees de neige"という白いスプレーバラです。”Fees”はフランス語で妖精、"neige"は雪です。
この暑さの中にひんやり気持ちいい響きですね。
幻想的な花の名前と花の姿が優しく呼応しています。

手のひらに落ちてはそのまま解けてしまう淡雪のように繊細なお顔のバラです。 細かなレース使いのドレスにふんわりとろけそうでフェミニンな雰囲気を高めてくれることでしょう。

「フェデネージュ」"Fées de neige"・・・
高級アイスクリーム・マシュマロ・チーズケーキ・・お菓子のネーミングにふさわしい素敵な名前です。

余談でどうでもいいことなのですが。。
昔子供の頃お習字で「墨の精」という墨液を使っていたのが懐かしくふと思い出しました。雪の精と真反対ですね。

fedeneige.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:04 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月17日

夏が似合うバラ

西日本は完全梅雨明け宣言がありました。
関東ももうあと少しです。雨降りの日はあまり無かったような気がしますが、どんよりと曇りの日が多い季節でした。真っ青な夏の空が楽しみです。

緑色のバラ、「ライム」は新緑の春も、そして夏も人気のバラです。バラの花びらは気温が高いと花びらの巻きが直ぐゆるくなってしまって長保ちしませんが、ライムは花びらの巻きも固く安心して利用できるので夏も安心してお薦め出来ます。
ライムだけですと、緑のバラといわれてもぴんとこないかもしれませんが、白バラとあわせるとそのバラの緑色がきわだちます。
一緒にあわせている白バラは「ローズユミ」です。

左側のアジサイのような花は「アナベル」です。
アナベルは乾燥しやすいのでドライでも人気ですし、プリザーブドフラワーとしてもデザインに華やぎをだすのに重宝なので多用される花材です。

lime.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:20 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月16日

高潔な王女のように

ピュアなウェディングにぴったりのバラ、「オードリー」です。
一重の花びらはベリーとあわせると桜の花のように見えてきます。

名前の本当の由来はわかりませんが、このバラを名づけた人はあのオードリーをイメージしたのでしょうか。
確かに『ローマの休日』の高潔なプリンセスのイメージにふさわしいバラだなぁと思います。
オードリーと同じように、このバラのウェディングに人は永遠の幸せを夢みることでしょう。

一重のバラは花びらがはらはら脆そうで心配ですが、このオードリーは意外に花びらのつきがしっかりしています。

o-dori-.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:03 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月15日

プリザーブドローズ&ベリーのアレンジメント

7月はプリザーブドフラワーとドライフラワーのレッスンです。
先日基礎コースで作製していただいたプリザーブドフラワーのアレンジメントです。

色違いのバラとカーネーション、アナベル、それからプリザーブド加工のリーフと、全部プリザーブドフラワーで仕上がっています。ラズベリ−でキュートさをプラスで出来上がりです。
このラズベリー、もちろんフェイクなのですが、実の毛羽だち感とかが巧妙にできていておいしそうなのです。

陶器の器も上部のレリーフ部分が素焼きのようになっていて、バラのモチーフが描かれています。
今回のプリザーブドフラワーのお色目と相性がいいものをいろいろ探してたどりついた器です。

プリザーブドフラワーの成り立ち、取り扱い方法や注意事項などのご説明をします。生花のあしらい方との違いや綺麗に見せるコツをお話させていただきますが、デザインについてはお任せです。

ご家庭のリビングテーブルやダイニングでお楽しみいただける豪華なアレンジメントです。

preservedarrange.jpg

レギュラーコース/7月1回目のレッスンをアップしました。
あの、パリコレみたいな素敵なローズメリアの画像を大きくしてご覧いただけます。

http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/regularjuly2-1.htm

教室通信も7月分既に更新済みです。↓
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/tushinJuly08.htm

それから、お問合せを受けて私も気付いたのですが・・・
少々気が早いお話ですが、2009年のミルフルールのカレンダーがアマゾンで予約が開始されています。
実はまだ商品があがっていないので、画像もまだ出ていない状態です。
分かりにくいかとは思いましたが、とりあえず右コラムのところでご紹介いたしております。

今年は壁掛けのカレンダーの発売日が1ヶ月繰り上がり9月中旬の発売になっています。卓上カレンダーだけ10月の中旬発売になっています。

アマゾンでご注文いただける方は最後の注文の確認のページで、一括で配送を選ぶと(デフォルトでそうなっています。)10月中旬に一緒に配送してもらえます。

2009年のカレンダーもいろいろ工夫を加えて皆様により一層楽しんでいただけるような仕上がりになりました。
イメージは9月中旬に掲載しようと思います。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:05 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月14日

ポストイットみたいなフランネルフラワー

白い産毛が全身に生えているようなシルバーのお花、フランネルフラワーです。全体的に水分が少ないので、ドライフラワーにもよく利用されます。

”水分が少ないと言えば?。。。”
そうです、オーストラリア原産のお花です。
オーストラリアから来日されるお花はみんな水分が少なくても生きていけそうな見た目のするのが特徴ですね。
ステップ気候というのでしょうか、乾燥した気候に耐えうるよう植物もそれに適応するものが生育しているのです。
リューカデンドロンやプロテア、などワイルドフラワーと呼ばれるものは人気です。

フランネルフラワーはそれらのワイルドフラワーと一緒のカテゴリーにいれてしまうのは力負けしてしまいそうなので、そっと守ってあげたくなります。
水分が少ないとはいえ、水揚があまり良くないお花なので、きちんと水揚しないと生花として楽しめず、しおれ易いので意外に要注意です。

星のように開いて尖った花びらの先端が黄緑色に色づいています。おもしろいですよね。
良く左端だけ色がついているポストイットみたいだなぁと思いました。フランネルフラワーのポストイット、。。素敵なデザインかもしれません。

花びらの質感が布地のフランネルのように起毛を感じる質感なのでこの名前で呼ばれています。キク科のように見えますが、せり科のお花です。

私自身は最近日常で見ることがなくなりましたが、昔は肌着の生地などに利用されて冬には温かかったものです。祖母がよく「ネルの何とか」といろいろ用意しては、周りにいろいろあったので、当時は何だか垢抜けないような気がして実はあまり好きではありませんでした。
もしかしてフランネルと呼んでいてくれていたら、率先して身につけていたかもしれません。
(ネルはフランネルのネルで、同じものです。)

flannelflower.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 01:51 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月13日

真夏の果実

来週末からは夏休みになりますね。
暑いのは苦手だけど、夏休みという言葉の響きに気持ちだけはワクワク感が反応してしまいます。

ブラックベリーを実ものでご紹介してきましたが、夏がまた前進しているのを感じさせる、「野いちご」。
ブラックベリーは比較的長い期間出回りますが野いちごは季節が短いです。野いちごを見ると夏休みカウントダウン!!です。

葉はとても大きく手のひらぐらいで、それでも苺の葉の形をしているところが可愛いです。
実もの独得のべたつき感が身体全体にあります。
日にちがたってくると、ちくちくする羽毛のようにみえる殻が開いて、苺のツブツブの顔がのぞいてくるのがまた楽しいです。

noichigo.jpg

あれからパイナップルリリーのお花がどんどん開いてきています。フラダンサーみたいに見えませんか?
茎が柔らかいので茎がぶよぶよにならないように気をつけて管理してあげるとこの暑い夏でもかなり長く楽しめるお花です。

pineapplelily3.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:40 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年07月12日

緑色の蓮の実

東京は週末からお盆を迎えます。
蓮やホウズキなどがたくさん並べられています。

今日はこんな可愛い蓮の実が入荷しました。
直径2cmから3cmぐらいの小ささです。
クリスマスのリース作りで蓮の実のドライを使いますが、調度このぐらいの大きさです。中の種の入っているツブツブ感がこの子の魅力ですね。

こういう風にぼこっと出ているのを見ると、思わず潰したくなってしまいますが、ゆめゆめ蓮にはそんな可愛そうなことは致しません。

今日は昼過ぎから外では雷がごろごろなっています。
本格的な真夏がもうそこまで来ています。

hasunomi.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:09 | TrackBack(0) | Flower Lesson