2008年08月05日

真夏の草花シリーズ タケニ草

いよいよ山野草のご紹介です。

ふさふさしたしている部分、ぷちっとオレンジ色の部分といろいろな表情が楽しめるお花です。

切るとオレンジ色の汁がでてきますが、この汁が有毒なので注意が必要です。

茎の様子が竹に似ているからこの名前がついているとのことです。

この茎の汁は皮膚炎などに効果がある場合があるそうですが、使い方によってはただれてしまったり、飲用は絶対危険ですし、毒性のある植物に一般にいえることですが、毒性のあるものは少量の上手な使い方で薬になったり、使い方を間違えると毒になったりします。

この花がふさふさ花を咲かせるのは真夏の真っ只中で、雑草のようにいろいろなところに2mぐらいの高さまで大きく成長するそうなので、お近くで目に触れられる方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

見た目は全然違いますが”ケシ科”の花というところが面白いです。

takenigusa.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:24 | TrackBack(0) | Flower Lesson