2008年10月30日

レオニダス

レオニダスというとベルギーチョコをイメージしてしまいますね。ゴディバはベルギーでもやはり高級品なのに対して、レオニダスはカジュアルなチョコでお店もたくさんあり、いつもお客さんで長蛇の列です。
もともとは古代ギリシアの王の名前なので、箱にも戦士の絵が描かれています。ロゴもギリシア文字風です。

このバラ、レオニダスも、もう何十年も前からある秋の定番のロングセラーのバラですが、どうしてレオニダスなのか?花色がチョコレート色なので、チョコレートといえばレオニダス、ということで名づけられました。日本では考えられないほど、チョコレートは生活の必需品なのです。

バラのレオニダスは深いオレンジ、茶褐色の色です。
花びらの外側が濁った黄色でバイカラーなのが花びらの厚みを感じさせ、ベルベットっぽく温かく見えるので、より一層秋から冬にふさわしいです。

花びらがしっかりしているので花保ちもよく安心して利用できます。花びらが横に広がって開くので大輪になり、伸びやかな別の表情を時間の経過とともに楽しめます。

leonidas.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:27 | TrackBack(0) | Flower Lesson