2008年11月30日

カタールのお土産

カタールの旧市街に、街の人が集う「スーク」と呼ばれる市場があります。そこに一旦足を踏み入れると細い路地で縦横につながっている迷路のような町なみが広がります。
そこは映画のロケ現場かアミューズメントパークにはいったかのような錯覚を覚える、まさにアラビカな空間です。
「スーク」は夕方5時ぐらいからお店が開き始めます。
11月の末はカタールでも冬で日本と同じぐらい夕方5時頃が日の入りです。あたりはすっかりまっくらです。

su-ku3.jpg

通りによって、スパイスが売られているお店ばかり並んでいるところ、お茶ばかり売られているところ、ストールのような布地ばかり売られているところとそれぞれに分かれているようです。
今は石油で繁栄しているUAE国家ですが、遠い昔はスパイスの貿易で金銀の富にあふれていたアラビアンナイト、さながらの幻想的な風景です。

カタールの国は仕事をしなくても、国からお給料をもらえます。日本みたいにお小遣い程度のものではなくて何もしなくても安泰に暮らせるほどの待遇を受けています。
なのでホテルでも、工事現場でも街で働いている人はフィリピンとかインドとかその他もろもろのアジアの国からの出稼ぎ労働の人だけでカタール人はいません。
カタール人は何をやっているかというと、白い民族衣装を着て街を徘徊しています。毎日が日曜日のようななんとも羨ましい生活をしています。

最初は白い衣装の人は王族かなぁ。。なんて思っていましたが、それを着ている人は(着用も任意なのですが・・)皆カタール人で、それ以外の人は働きにきている外国人なのです。
そして街に女性が働いている姿は一切見えません。

出稼ぎの労働者は大変安い賃金での労働を強いられているので、カタール人は裕福ですが、国の人口の大半をしめている外国人は貧富の差が激しく、フラワーデザインに利用する両面テープのようなものでも、たかが、と思っても、現地の人には大変な価値のあるものになるので、ちょっとした隙にもなくなってしまうのでいつも手放さないように大変な注意が必要でした。

カタール人の女性は人前に出るときは目しかだせない黒い衣装に身を包んでいます。カタール人の女性と不倫をしようものならその人は死刑になるそうです。そのためアジアからの女性は現地で襲われたりしても、たとえ殺されたりしてもおそらく事件にもならず、そのまま放置されてしまうこともありうるぐらい軽く見られているので、女性の一人歩きはたとえ昼間でも大変危険なそうです。

宗教柄偶像崇拝も禁止されているので、写真を撮ることは許されず、公共の建物をを写真に収めたり、ましてや人の写真を撮るのはもってのほか、特にカタールの女性の写真を撮影しようものなら連衡されてその後どうなるかわかりません。空港で写真を早速撮影していた人も注意されていました。注意をされるぐらいならまだしも、警察や周りの人の判断次第でどんなことをされるかわからないので、カメラを道中みられないように気を使います。

このスークはある程度観光地化されているのと、西洋人が撮影をばんばんしていたので、様子をみながら撮影することができました。

su-ku2.jpg

それでも今まで見たことのない異文化に触れる体験はとても楽しいものです。
暑い国といっても砂漠気候の国は初めてでしたので、ホテルの空調にもおどろきました。
この国の人は日本人が寒いと思うぐらいがんがんに空調をきかせています。お金があるので彼らの辞書に「省エネ」なんて言葉はないのでしょう。
到着後凍えるほど部屋が寒かったので、即刻冷房を切ったのですが、なかなか温まってくれません。どこかおおもとのところで冷房が入っているのかも。。といろいろ探しながらとうとうその日は凍えたまま過ごしました。

アジアのリゾートで、冷房を切ると、もわっとした生暖かい空気がどこからともなくはいってきてけだるい空気が瞬く間に部屋に広がります。

砂漠気候は大変空気が乾燥しているので、冷たい空気はそのまま冷たいまま居座りなかなか温かくならないそうなのです。なんとか2日目すぎたころからやっと普通にくらせるようになりました。空気が乾燥しているので部屋の中はなにもしなくても快適なのです。むしろ空調をいれられないようにと、電源に注意書きを貼っておきました。

前置きが長くなりましたが、今回お土産はハートのプラスチック容器にはいったサフランです。

それからアラビックな雰囲気の岩石の形をしたチョコレート。これが結構甘くておいしいんです。暑い国の人は甘いもの、塩辛いものを良く食します。

レッスンの時にお渡しさせていただきますのでどうぞ楽しみにしてくださいませね。

年内お打合せにミルフルールにいらしてくださるお客様に、このチョコレートのお土産をプレゼントさせていただきます。

kata-ruomiyage.jpg

撮影した画像の整理もまだしておらず、、さすがに不在の期間が長かったもので、毎日あれこれ忙しくしております。
メールのお問合せには最優先で返信させていただいております。もしこちらからの返信がご確認できないことが万が一ございましたら、お手間をお掛けして申しわけありませんが、再度ご連絡くださいますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:06 | TrackBack(0) | フラワー・海外

2008年11月29日

ストロベリーフィールド

センニチコウの花はドライフラワーでも人気があります。
生花の時から花が、かさついているので、ドライフラワーになってからも花色がそのまま綺麗に保てるからです。
水揚の心配もほとんどなく、真夏でも安心して利用できる重宝な花材です。

お花の小ささから、アレンジメントの主役になることはあまりありませんが、全体を可愛らしく仕上げるのになくてはならないたて役者でもあります。

白やピンクの濃淡など種類も豊富な中で、一番人気なのはこの真っ赤な「ストロベリーフィールド」です。白バラにこのストロベリーフィールドを添えると生クリームに落とされたイチゴのようでとてもおいしそうです。

野原のような自然な風合いもあり、クリスマスの赤の演出にも利用できますし、相手次第で変幻自在な役者さんです。

strawberryfield2.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:57 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月28日

カロア

茶系の花が今一番きらきら輝く季節です。
チョコレート色のガーベラは「ショコ」というのがありますが、今日ご紹介のガーベラは茶色に少しオレンジがかった煉瓦色をしていて、初冬に温かさを覚える色あいをしています。
「カロア」という名前のガーベラです。

カジュアルな印象の強いガーベラも、こんな深い色合いですと、オーセンティックなインテリアにも似合いそうですね。
周年入手可能ですが、やはりこの季節はとってもありがたみを感じてしまいます。

焚き火のぱちぱちっといぶしたような音や空気感を漂わせる大人色のお薦めのガーベラです。

karoa.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:31 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月27日

蔓うめもどき

暫くいない間に花の季節はもうクリスマスの赤色になっているようです。11月は収穫の深いオレンジ色、12月は赤い色が季節の色のようです。

11月中にどうしてもご紹介したいお花をこの週末までひとつひとつピックアップしていきたいと思います。

2mぐらいあるつる状の実の付いた枝、「蔓うめもどき」です。
殻を割って実がでている様子がなんとも愛嬌があります。
お正月の羽子板の羽のような形です。日がたつと実に皺がよってきますが、それでも充分可愛らしくて長く楽しむことができます。枝を丸めてリースにすると感謝祭のリースにもぴったりですし、もちろんクリスマスの飾りにしても面白いと思います。

tsuruumemodoki.jpg
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:05 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月26日

カタールから戻りました。

すっかりご無沙汰してしまいました。
昨晩夜カタールから戻りました。休業の間いただいたお問合せのメールには全てご返信させていただいております。万が一ご返信がご確認いただけていらっしゃらない場合はメールの不達が考えられますのでお手間をお掛けして申し訳ありませんが再度ご連絡をくださいますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

カタールのイスラム美術館が開館されそのオープニングレセプションのフラワーデコレーションの作業をしてまいりました。企画の方のご好意でパーティーにも異例の参加をさせていただき、大変貴重な経験ができました。画像は残念ながら公開できないのですが、あとで掲載された新聞や雑誌を折をみてご紹介させていただければ。。と考えております。

朝から夜遅くまで9日間の作業でレセプション参加後の翌2日間は、カタールの市内とそれから飛行機でドバイまで日帰りの観光をしました。観光の分はたくさん撮影したのでまとめてHPで楽しい画像を後日お伝えしたいと思います。

この度は大変長い休業となってしまいお客様には大変申し訳なく思っております。とても間近なご結婚式で注文を出来るか出来ないかも不確定のままずっと帰国をお待ちいただいた花嫁様からのお問合せには、こころからありがたく、お花で精一杯のお礼の気持ちをお返しさせていただきます。本当にありがとうございます。

12月はいつもより少しタイトなスケジュールになっているので
遅くなってしまいますが、またカタールの様子をページを作って皆様にお届けしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

ミルフルールは今日から通常営業です。

su-ku.JPG

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:16 | TrackBack(0) | フラワー・海外

2008年11月15日

臨時休業 11/16〜11/25 のお知らせ

誠に勝手ながら11/25(火)まで臨時休業いただきます。
この期間にいただきましたお問合せやご連絡については26日(水)中にご返信させていただきますので、ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

本日の夕方ごろまでお電話でのご連絡は繋がりますのでお急ぎの方はお気軽にお問合せくださいますようお願い致します。

滞在先のUAE、現地より情報が入り現在のドーハの気温は22℃〜27℃なそうです。さすがにこの季節涼しくなっているようです。寒暖の差が激しいので暑いの、寒いのと衣類だけで荷物になってしまいました。作業場は寒くしてあるので、カーデガンやマフラーがずっと必要な冬支度ですし、帰りにカタールや楽しみなドバイ観光を少しさせていただけるとのことなので、そのときはサングラスや帽子が必要な超真夏の支度をしなければならないのです。その上レセプションではさすがに作業着と言うわけにいかないので、正装も用意して、それだけでパンパンになってしまいました。

又戻りましたらいろいろお話させていただきますね。とにかく体調を壊したら迷惑を掛けてしまうのでやはりこの2、3日は風邪を引かないよう自重しておりました。限られた日にちの中で相当な数のものを仕上げる為、不眠不休とは言わないまでもかなりそれに近い大作業になりそうです。これを機会に痩せれたらいいなぁ。。

さて、出かける前に是非ともご紹介したいお花はこの季節に欠くことのできない、今が旬の「ダイヤモンドリリー」です。
すごく高貴な名前です。この季節は深い色あいのお花が多い中でパステルピンクに輝く愛らしいお花です。

彼岸花と同じ仲間ですが、華やかさが全然違います。
このダイヤモンドの名前の由来は花びらがパールパウダーを散らしたように粒子がのっていて、それが太陽の光に照らされると花びらがきらきら反射で光るんです。ダイヤモンドリリーから抽出されたパウダーファンデーションなんかあったらすごく化粧栄えがするかも・・(?)しれませんね。

ダイヤモンドリリーはブライダルにもこの華やかな容姿から人気があり、周年入荷ができますが、春先はあまり状態がよくありません。そして大変な高級品です。

コスモスが終わった頃、この秋深まった季節がダイヤモンドリリーの旬の季節で花びらも1年で一番ブリリアントな輝きをみせてくれます。冬間近のかなり冷え込んだ空気がお気に入りのようです。そして嬉しいことにお値段もお手ごろになってくれます。

1本の茎に3つと4つとかユリの形のようなお花を放射状につけるので束ねるとお花がいっぱいあるように見えます。
今日の画像はダイヤモンドリリー2本が一緒になっています。

diamondlily.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:02 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月14日

レッドウィロー

クリスマスが近づいてくると出てくる花材、レッドウィローです。長さが1.7mほどあり、そのまま生け込みに利用しても細いしなやかな曲線が楽しめます。柳腰なんて言葉があるのもうなずけます。

今回はそのレッドウィローを利用して冬のテーブルフラワーをレギュラーコースのレッスンで作成していただきました。
手作業がたくさんあって、いつになく大変です。
このようなレッドウィローで作製したアレンジメントの土台をストラクチャーと呼びます。枝ものは日保ちがするので、この土台を生かして花が終わったらまた別の花材で別のデザインを試みていただくのも面白いと思います。

幅が50cmもある陶器の細長い器にレッドウィローのトンネルができました。そしてモカラのアンブラックがレッドウィローに寄り添うようにあしらわれていくと、それはまるで、高級ホテルのロビーのようなラグジャリーな空間にも似つかわしいであろう、インテリアオブジェのようです。このトンネルを抜けると何が目に映るのでしょうか。

丸太を抱えるほどの大きさで、この日は器ごとお持帰りいただいたので、道中かなり大変だったことと思います。

一度ご経験していただくと、アイディア次第でヴァリエーションの幅が広がります。

かなりの大作ですので、是非クリックして大きく伸ばしてお愉しみください。

willowarrange.jpg

(利用花材:レッドウィロー・ガーベラ(カロア)・スズメウリ・センニチコウ(ストロベリーフィールド)・スキミア・ダイヤモンドリリー・モカラ(アンレッド)・スカビオサ(スカーレット)

作品はこちらのページからもご覧いただけます。↓
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/regularnov2.htm"

ウィロー(willow)とは柳のことです。
春先におなじみの猫柳も柳の仲間は全て矯めがきいて自由自在に好きな形を作れます。フラワーデザインには欠かせない貴重な花材です。

お正月飾りの結び柳は、結びが産す(むす)とかけられて、かつ、まん丸な輪の形が「和」であり円満の象徴として、縁起ものですが、柳は物悲しいような一面もあります。

中国から伝わってのですが、その昔、人と別れの時にお互いに柳を一枝ずつ手持つ風習がありました。その柳を結ぶことによって、その柳の輪に辿って、無事旅人が戻ってくることを願ってです。

ウィローと英語で呼ぶと、私はシェイクスピアのお話が頭をよぎります。柳は何故か象徴的なシーンで使われます。
オフィリアが小川で横たわって死んでしまう場面では、その岸辺に柳の木がしなだれていて。そのシーンはラファエル前派と呼ばれる画家達のモチーフとして描かれ続けました。ジョン・エバレット・ミレイ1829-1896)の絵はあまりにも有名です。

悲劇オセローの劇中では無実を信じてもらえない妻デズデモーナが、悲みの中、有名な「willow song」を歌うのです。
「willow, willow, willow, willow」とその言葉の響き自体がとてもうら悲しく響きます。

柳はかなえられない恋を暗示します。

これからクリスマスに使うもみの木やヒバ、杉の常緑樹が元気いっぱいで、微塵の心の弱さも感じさせない頑強さに比べて、こんな儚い、たおやかな柳に、秋のセンチメンタリズムも重なり、心までこのアレンジメントのお花たちのように、思わず寄り添ってしまいます。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:40 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月13日

フローラル・ヒーリング

管理人・まみこ様の人気のブログ、
「HOBBYな毎日」紅茶とお菓子とタイガース、それが私の好きなもの♪ http://alohamamiko.blog57.fc2.com/
でミルフルール・フラワーデザインのバラのカレンダーをご紹介してくださった記事を偶然拝見させていただきました。大変ありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

9月の記事でしたので、もう発売と同時にご購入していただき、本当にありがとうございます!

嬉しくてまみこ様にご連絡を取らせていただき、早速ブログをご紹介させていただくことになりました。
アマゾンのカレンダーのイメージは表紙だけですと分かりにくいので、書店さんでお手にとっていただくイメージで、適宜私が撮影してアップ致しております。
でもまみこ様にこんなに綺麗に撮影していただき、お気持ちが大変ありがたく思います。カメラは3次元のものを撮るのに適しているので2次元のものを綺麗に写し取るのは光が反射したりしてとても難しいんです。
(ご紹介していただいた記事はこちら↓です。)
http://alohamamiko.blog57.fc2.com/blog-entry-1011.html

手作りのドライフラワーや、毎日のお弁当、お紅茶の入れ方など、多方面でお愉しみいただける主婦必見のアイディアてんこ盛りの、心が温かくなる素敵なブログです。

まみこ様の温かなお人柄がしのばれる、大変ご丁寧なお言葉でご紹介していただき恐縮の限りですが、とても感激いたしております。
まみこ様からいただいたメールを一部抜粋してご紹介させていただきます。

---------------------------------------------------------
”・・・ 2008年のカレンダーにめぐり会ったのは、本当に偶然だったのです。
Amazonをよく利用するので、何気なくサイトを見ていると、とっても素敵な写真が目に入りまして、直観的に「これだわ♪」と注文したのです。

それからというもの、毎月のカレンダーをめくるのが楽しみで楽しみで^^わくわくしながら、めくっています。
どの月も、素敵なアレンジと色合いで、一度もがっかりしたことがありません。

なので、2009年も必ず買おうと心に誓っていまして(笑)
Amazonで予約が入れられるのを心待ちにしていたのです。
予約を入れてから、かなり待ちましたけど、その甲斐はあったと思います。

でも、まだ全部は見てないのですよー。
ブログの写真を撮るのに、2月は開けましたが、
毎月末の楽しみがなくなってしまっては、つまらないので、
他の月は見ていません♪

お忙しそうですが、これからのご活躍を楽しみにさせていただいております。・・・・”
-----------------------------------------------------------
まみこ様のような素敵な方がミルフルールのカレンダーのお客様だと知り、大変誉れに思っております。

おかげ様で書店さんで売られている花の全カレンダーで、ミルフルール・フラワーデザインのカレンダーのローズは現在一番好評とのお話もいただいているそうです。
これからもご満足いただけるような商品作りへの励みになりました。本当にありがとうございます。

-----------------------------------------------------------

続々登場!<2009年> ミルフルール・フラワーデザインのカレンダー。「フローラル・ヒーリング」。
こちらは法人様が名入れをしてお客様に配布されるカレンダー仕様です。癒しの効果のある月ごとの花が紹介されています。
ミルフルールはベニバナと12月クリスマスのポインセチアのデザイン、表紙のデザインをご提案させていただいております。

floralhealing1.jpg
floralhealing2.jpgfloralhealing3.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:31 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月12日

クレマチスの蔓

1mほどの長い蔓に数輪ずつ親指ほどの小さなクレマチスが付いています。
レギュラーコースのレッスンではこの蔓10本も豪華にご利用いただきました。

昨日ご紹介のラベンダー色のスナップドラゴンと同じ色あいをしています。

小さなチューリップみたいな形で可愛らしいです。
ただかなり慎重に扱わないと花びらがはらり、はらりと落ちやすいので気を使います。
春先に良く利用する1枝に1つ花がついている小さなクレマチスの花ですと、うっかり花びらが落ちてしまうととても落胆してしまいますが、蔓だと他に何輪かまだ楽しめるので安心です。

ピンクのようなラベンダー色のような色あいは、いつの日も心地よく落ち着いた気持ちにさせられます。

kuremachisu.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:02 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月11日

春の使者

暦の立冬の声を合図に、切花の世界は春の使いがひとり、またひとりと順番に到着しています。

今日のご紹介のお花は皆様おなじみ、キンギョソウです。
一枝にたくさんお花がついていますが、その一つの花を良く見てみるとプックリ膨らんでフリフリしている花びらが金魚が泳いでいる姿にそっくりだからそう呼ばれています。

英語名はスナップドラゴンです。西欧のこの花の見方は茎に登り龍のように勇ましい花つきが印象的なのでしょう。面白いですね。

キンギョソウはこの花に良く似たストックと共に冬から春先まで出回るカジュアル感のあるお花です。
春のお花の代表格でもあります。

でもミルフルールのキンギョソウはちょっと違いますよ。
このお花は「ラベンダー」という優しいモーブカラーの種類です。
親しみ易いキンギョソウが、色が変わると、これだけ高貴な印象に様変わりします。

そして春の本丸、チューリップの本格的な入荷は、あともう少し、春の足音はもう近くまできています。

切り花の季節はいつも実際の季節を数ヶ月先取りしています。
ミルフルールのお花を扱っていると、「あれ、今季節がいつでしたっけ?」と一瞬時間軸の感覚に錯覚が起こってしまうようです。

snaplavender.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:08 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月10日

手脚の長いフラワーデザイン

基礎コースで作成していただいたフラワーデザインです。
器を含めて高さが90cm、幅80cm程のどこに飾っても素晴らしく見栄えがするであろう大作に仕上がりました。
大変こなれた花仕事になっています。

直線のラインを生かしたデザイン3部作がカリキュラムに含まれていて、こちらは総仕上げのレッスンになりました。

グリーンの利用の仕方がアイディアに優れて惚れ惚れするぐらい面白く使われています。

よく花屋さんの店先に売られているようなコンポートに入った小さなアレンジメントなら、ちょっと器用な方ならそれなりに見栄え良く作ることができるかもしれません。
でも、これだけ大きなアレンジメントは形を追うだけでなく、随所に作者の緻密な計算がされてその統合体が全体の仕上がりになります。

見ている人が納得するような作りをするのは、最初はそれなりの細やかなデザイン理論に基づいて作成する必要が出てきます。
そしてプラスアルファで各人のもつデザインのアイディアがスパイスとなってその土台に手を加えられたとき、個性的なデザインとして際立った輝きを放つのです。

芸術性が重視されるスポーツ選手の演技は、(シンクロナイズドスイミングやフィギュアスケート、新体操など・・諸々の)その選手の肢体の長さが際立てば際立つほど、それは先天的なアドバンテージとなって演技をより一層美しく印象づけることでしょう。
全く同じテクニックで同じ内容の演技を、(極端な話)ドラエモンが演じても、不利な点が大きすぎるので、それを超える以上の何かが他の人の何倍も必要になる苦しい戦いを強いられてしまうに違いありません。

以上は大変極端な話ですが、お花を生けるのに、幸い自分が脚を長くしたりする必要もないので、直線を生かしたデザインでお花の作品作りは手脚が長くなったような気分で伸びやかに生けていただくと、自ずと美しく見えると思います。

(画像をクリックすると大きな画像をお愉しみいただけます。↓)

invertedT.jpg

(利用花材:ポンポンダリア・スナップドラゴン(ラベンダー)・カーネーション(クリスティーナ)・ラナンキュラス(フレジス)・ダイヤモンドリリー・ローズヒップ・入才・ローズゼラニウム)

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 01:08 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月09日

緑色のラナンキュラス

ミルフルールで今年初入荷のラナンキュラスです。

ラナンキュラスの入荷はもう少し以前から少しずつありましたが、いつになっても下がらない気温の高さからなかなか仕入を踏み切れずにいました。

緑色のラナンキュラスは「フレジス」です。
冬に見かけるピンクや黄色の華やかな色あいのラナンキュラスより花もちがいいです。花びらが大きくぺらぺらしていないからかもしれません。こじんまりとまとまっている花です。
控えめな花ですが、フレジスには底知れぬ魅力があって、私はどうしてもその前を素通りするわけにはいかないようです。
黄緑なんだけれども、その中に褐色のグラデーションがかすかにある不思議な色あいの今回の「フレジス」でした。

冬間近のある日から、必ず私の顔は皮がむけ始めます。(動物みたいですね〜。)それであわてて保湿クリームを買いに走るのですが、調度その頃が、ラナンキュラスを買える季節柄の合図です。

季節はこうしてまた一回りしたようです。

furejisu.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:53 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月08日

クリスティーナ

薄いピンクの花びら1枚1枚のアウトラインに繊細なエッジの模様が入った大輪カーネーション、「クリスティーナ」という名前です。

お花の印象とお姫様のような名前がとってもあっていますね。

ドレスのペチコートみたいにふんわり広がります。

先日花嫁様と結婚式のテーブルフラワーのお話をお電話せさせていただいた時に、「アイスクリームみたいな感じがいい!」とのご希望がありました。さて、どんな風に花を盛りつけたらいいのかなぁ。。と一瞬その言葉に悩みましたが、きっとこんな風にこんもりということを表現してらっしゃのでしょう。また聞いてみます。

こういうラウンド型のデザインを、アイスクリーム、って表現されるのが、お伽の国のお姫様みたいで、とっても可愛らしいです。

christina.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:34 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月07日

カレンダープレゼント企画

本日12月7日発売のインテリア雑誌「プラスワンリビング」で、ミルフルール・フラワーデザインのフラワーカレンダープレゼント企画を今年もしていただくことになりました。

インテリアにこだわる方はこの雑誌にご自宅を紹介されるのが大変誉なことだといわれるステータス感たっぷりの雑誌です。

当選の方にはプラスワンリビング編集部の方から直接ご自宅に発送されるそうなので、もし良かったら応募してみてください。
年内には送ってもらえます。

コッツウォールズのホテルやプラハの町並みの特集記事が私個人的にはとても気にいりました。
メールオーダーできる雑貨も思わず欲しくなってしまうラインナップがたっぷり掲載されてます。

隔月の発売で書店でも直ぐ売切れてしまう人気の雑誌なのでお早めのお求めがお薦めです。

プラスワンリビング (←クリックするとアマゾンのページで詳細をご確認いただけます。)

plus1living.jpg

スキャンしたので鮮明でなく申し訳ありませんが、もちろん実際はとっても綺麗なページです。
こんな風に掲載されてます。

plus1livingpresent2009.jpg

2008年のカレンダーももうあと、残り1枚となりました。
ふと今日の日付を確認したら、「立冬」の文字が。。。。
秋は何となく過ぎていってしまったようです。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:01 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月06日

いちばん可愛い顔

昨日のレギュラーコースのレッスンで作成していただいた作品です。実際生込みに利用する直系30cmほどの大きな器に直径50cmほどの大きなデザインをしていただきます。

1mぐらいの長さのテッセンの花がたくさんついている蔓を10本もご利用いただき、今回は蔓を使っての花留めテクニックパート3のアレンジメントです。

可憐なテッセンにあわせるお花も、チョコレートコスモスやポンポンダリア、ローズヒップなど、小花が華麗にどんどんデコレーションを加えられていきます。

作品を産み出すその母は、誰も気付かない、その子の隠れた魅力の一番の理解者です。
いつもどおりレッスンの後、撮影をしていたら、おやっと思われるアングルからの撮影をされていました。ちょっと眺めただけでは普通は見逃してしまう、お花もあまり添えられていない角度なのですが、気になって私も便乗してそこからファインダーを覗いてみると思いがけない世界が広がり。。。。

いかがでしょうか。
クレマチスの蕾が大きなフラワーベースから零れ落ちるような様子が奏でる♪のように見えます。蔓が長く伸びた蕾、短く伸びている蕾が、リズミカルに並び花たちがとても楽しそうです。
こんな表情を見たら愛しさに、思わず笑みもこぼれてきちゃいますよね。
お母さんだけに見せる表情、何の衒い(てらい)のない素の美しさです。

wirearrange.jpg

とても大きな作品なので、回遊式庭園のようにぐるぐるとまわって、その場所場所で、新しい魅力を発見できる味わいがあります。

作品をいつもどおりの定番アングルで撮影すると、心なしかよそゆき顔のように目に映ります。

wirearrange2.jpg

利用花材:テッセンの蔓・ラナンキュラス(フレジス)・カーネーション(クリスティーナ)・ダイヤモンドリリー・ポンポンダリア・スナップドラゴン(ラベンダー)・チョコレートコスモス(キャラメルチョコ)・染めユーカリ・ローズヒップ

作品はこちらのページからもご覧いただけます。↓
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/regularnov1.htm

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月05日

ポンポンダリア

一緒に並んでいるコスモスと比べて大きさがご想像できると思いますが、小さな可愛いダリアです。

魚の鱗のような肌理の細かな花びらが同心円状に広がりまん丸のアウトラインを作り上げています。

この形状のダリアを「ポンポンダリア」と呼びます。
大きなダリアは迫力がありますし、可憐なダリアは、ダリア本来の可憐な花の魅力を再認識させられます。

コスモスもダリアもキク科のお花です。
つい最近まで花の舞台でメインを張っていたトルコキキョウが少なくなり、キク科の花の本領発揮の季節となりました。

ponpondaria.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:03 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月04日

キャラメルチョコ

最近は日の落ちるのがとても早くって、1日が短く感じさせられます。

そろそろコスモスの季節も終りになります。もしかしたら今年最後のコスモスでしょうか。
「キャラメルチョコ」という名前です。

チョコレートコスモスは人気の花材なので真夏を除けばほとんど周年入手可能になりました。
チョコレートコスモスの仲間でもこんな風にそのいろいろなヴァリエーションを楽しめるのが秋の季節の恵みでしょうか。

チョコレートコスモスよりは赤みがあり、以前ご紹介した「アンティークレッド」よりは茶がかっている、その中間の色のコスモスです。

caramelchoco.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:14 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月03日

2009年のカレンダー

ミルフルールがご提案させていただいた2009年フラワーカレンダーがどんどん出来上がってきました。
あとで他のもまとめてHPでご紹介させていただく予定です。

このシリーズで3種類ありますが、こちらのカレンダーは2月と6月と表紙のカットがミルフルール・フラワーデザインのアレンジメントです。

出来た品をこうやって客観的に見ると、ミルフルールの花色は甘く切ない色あいだなぁ。。と、感じます。

calender1.jpg

calender2.jpg

calender3.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 12:15 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月02日

ハランを使った簡単アレンジメント

秋晴れの続く3連休には恵まれたとってもいいお天気が続きます。
皆様どんなお休みをお過ごしでしょうか?

前回ハランを使ったディスプレイアレンジメントをご覧いただきました。ミルフルールのレッスンのカリキュラム内容はかなり手間のかかる内容ですが、今日はおうちで気軽にトライできる簡単アレンジメントをご紹介いたします。

必要なのはハラン1枚だけです!
お手持ちの器にハランをくるんと巻き込んで、お好みのおリボンで腰を締めて葉を留めます。葉が落ち着かないようでしたら、ところどころセロハンテープで貼り付けてもOKです。

あとはお好みのお花をぽんと入れ込むだけで出来上がり!です。
葉とお花はどちらも自然のものなので馴染みやすいので、生け方に苦労することなくどんなスタイルでもしっくり出来上がります。

葉に巻くおリボンのテクスチャーでかなり雰囲気が変わってくるのでいろいろ巻いて表情を楽しむのも着せ替えみたいで面白いです。

ハランは水を吸わせなくても丈夫なのでそのままで綺麗な緑を数週間お愉しみいただけます。
ハランの方が葉が幅広で厚みがないので扱いやすいですが、ハランがなければ「谷渡り」でも同じように扱えます。

これは花器につかえないかも。。というような入れ物でも葉をまくだけで素敵な花器に早代わりです。おもてなしのテーブルフラワーにもお薦めです。

haranvase.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:31 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年11月01日

バラの実

気が付くと今日から11月です。
私のUAE行きもあっという間に2週間後となりました。

準備の為、先日US$を新宿ルミネ5Fのワールドカレンシーショップに買いに行ったところ、エレベーターのところにもそして店頭にも各種通貨が売り切れましたの表示がありました。
このところの円高で、ユーロ、イギリスポンド、が在庫切れで次回の入荷は未定、韓国ウォンも売り切れ、とここは何屋さんだっけ?と錯覚してしまうようでした。その後どうなったのでしょうか。でもUS$は無事買うことができました。

ユーロもこの2年ほどは、どんどん右肩揚がりの高騰をしていたので、円がずいぶん過少評価されているなぁ。。とずっと厳しい春のパリ滞在だったので、個人的には嬉しい気がします。

パリもフランのときは、嗜好品は別として、食料などは安くて暮らしやすいイメージだったのですが、ユーロになってからはずいぶん物価が上がりました。

商店でバナナ2本と小さなペットボトル2本と、日本では絶対買わないであろう甘いだけの砂糖の塊のマドレーヌのようなお菓子を数個買い、ホテルに戻って、よくよく計算してみたら「えっこれで¥2000!」と、もうあせってしまいました。為替の評価で物の価値ってずいぶん変わってしまいます。日本に帰ってきてからバナナの束を見て、やっぱり日本はいいなぁと思いました。

今年泊まった先のホテルの周辺は、かなりすかした感じの人が住むところなのである程度は仕方がないとは思うものの、それでも高すぎますよね。

少々愚痴が長すぎ、失礼しました。

さて、今日のご紹介のお花は「ローズヒップ」です。
バラの実です。
最近実をご紹介することが多いです。植物は結実の季節を迎えているのですね。
「ローズヒップ」も、もともとのバラの花次第で、出来方が違います。小指の爪の先ほどの大きさのものや、そうかと思うとサクランボより大きなサイズの物とか、どれも違います。

今日ご紹介のローズヒップは、大きすぎもせず、小さすぎもせず、アレンジメントには使いやすい大豆ぐらいの大きさのものです。

実ものの中でもローズヒップは存在感が格別です。実のキュンと閉じた先っぽが愛嬌があります。

花の結実した形って、花が終わったあとの円熟した大人の形なのか、それとも、たくさんの可能性をもって今生まれたばかりの花の赤ちゃんなのかと、とりとめのないことを考えてしまう、そんな秋の日です。

rosehip.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 12:12 | TrackBack(0) | Flower Lesson