2008年12月29日

冬のヒマワリ

本日はたくさんのお花をライブ会場にお届けさせていただきました。お花に思いを込める気持ち、贈られる方のお気持ちを考えてあれこれ考えられる、とても優しいお気持ちだと思います。

そんな中で、ヒマワリのご注文がありました。
夏の元気なヒマワリのイメージとがらりと違って、冬のヒマワリはとても小さなサイズしかでまわっていません。
親指と中指でまるを作った外側の円周ぐらいの大きさです。
夏のヒマワリだったら悠に両手の親指と中指を合わせたぐらいの大きさです。

夏のヒマワリの姿を当然思い描いてらっしゃることと察するのですぐに事情を説明させていただきました。
夏のヒマワリだったら貫禄のあるアレンジメントができるであろうに、値段のわりに、ガーベラよりも小さい大きさのお花のご用意になってしまうので、「ヒマワリでなくてお任せさせていただいたほうがもっと見栄えをするものをお約束できるのですけれども。。。」と事情を説明させていただいたのですが、あれこれご検討していただいた結果、やはりヒマワリを、との強いご希望でした。

誰にでも思い入れのあるお花、それは心の中の核であり、何ものにもかえることのできない、大切なものなのだと思います。

冬に咲くヒマワリ、特に年末のヒマワリは大変希少で貴重なお花です。
小さな花を咲かせる冬のヒマワリは可憐で清楚な美しさがあります。

そんなヒマワリを「はい」と手渡す気持ちになってあしらいました。高さをだしたので、ボリューム感もでました。

sunrichorange.jpg

以前ミルフルール・デザインがデザインを提供させていただいたヒマワリのシールシートをメッセージカードにお付けしてみました。

himawariseal.jpg

今年もお客様のおかげで1年無事何とか終えることができました。お花を贈ること、それは非日常の贅沢で優雅な時間を贈る側と贈られる側で共有できることであります。
お花はそんな2人をつなぐエンジェルです。

ご家族であっても、ご友人様同士であってもそれは全て同じです。贈られる方の気持ちにたってまさに、プロポーズのここ一番の真剣勝負の気合でいつもお届けさせていただいております。

お客様のお声がいつも励みとなっております。
お花を愛してくださるミルフルールの素敵なお客様、本当にこの1年ありがとうございました。
1年の終りに、仕事で関わらせていただいた方たちの笑顔がぐるぐると脳裏に浮かんできます。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいますように。。。

新年は1月1日から営業させていただきます。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:22 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月28日

頬を染めるバラ

アプリコットピンクとレモンイエローの中間のような優しい色あいで、花びらの外側がほんのりピンク色をしている乙女のような大輪バラ、「ロマンチック・キュリオサ」といいます。

重なりあう花びらの厚みも、バラの豊かさが感じられる魅力です。冬の夕陽の色を切り取ったような、染め色ですね。

romanticcuriosa.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:05 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月27日

ピンク色のラナンキュラス

先日カレンダー完売のお話いたしましたが、ローズカレンダーをアマゾンでまた入荷されたようです。クリスマス過ぎてこの時期にあえて大量にまた入荷していただけるなんて思っていなかったので、驚きました。なのでローズ、まだまだアマゾンでお気軽にお買い求めいただけますので、卓上カレンダーも在庫が補充されました。残りわずかです。まだの方、どうぞ宜しくお願い致します。

今日は目の覚めるようなまっピンクのラナンキュラスです。
これこそ本当のピンク色!といった感じです。
花の色はピンク系が多いので、その色幅も広くそのニュアンスを言葉で表現するのにとても気を使いますが、全てのピンクはこのラナンキュラスのピンクに通ずる!とも言わんばかりの正々堂々のピンク色です。

ラナンキュラスのシリーズは今年はもうすっかりおなじみになりました「M」シリーズの「Mピンク」になります。
バラでこのピンクだとちょっとベタな感じがしてくるものですが、ラナンキュラスのピンクはお花の性格のせいからか愛らしく見えます。

Mpink.jpg
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:43 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月26日

セイオペラ

先日カタールのお話をしましたところ、カタールのお問合せなどもいただいたりしてました、が、どうも聞いたところによると、あれからカタールはバブルが弾けちゃったみたいよ〜、と昨日そんな話がありました。あれから1ヶ月もしていないのに帰国して2週間ぐらいでそんなことになったなんて。。。
果実が熟しきってしまう、ほんの限られた一番甘い時期に訪れることができたのかもしれません。

観光に力を入れるドバイに続けとばかりに、果てしなく続く更地にクレーンとたくさんの建設中のホテルと思われる建物があったのですが、それも全部建設ストップになったとかで。。「本当にいい時期に行ってきたわね〜」といわれました。

昔東欧を自由旅行してきて帰国数週間後、ベルリンの壁の崩壊のニュースを聞いた時と同じぐらい驚いてしまいました。

そういえば最近ニュースでアラブの記者がブッシュ大統領に靴を投げつけたことが報道されていましたが、本当、結構あちらでは足についてはタブーなことが多いんです。

普段腰掛けるとき足を組んだりすることも多いのですが、あちらの国では特に女性が足組みすることは許されないそうです。足組みして足の裏という汚らわしいところを相手に向けることが大変な侮辱にあたるそうです。気をつけましょう。

さて、今日ご紹介のお花です。
ピンク色のピンポンマムです。マットカラーのピンクがブライダルにも人気です。
花びらの付き方をみているとダリアのようにも見えます。
でも葉っぱがしっかり菊なんですよね。
ピンポンマムはお花の好きな女性の方に人気があって、ウェディングブーケにもよく使われます。
ただあまりお花に詳しくない方にお花のご依頼を受けるときにはあまり使わないようにしています。使ったとしても葉っぱをみせないで菊と分からないようにしてみたりと、ちょっとした工夫をします。

菊が悪いと言うわけではないのですが、もしかして、「何で私に
菊〜?」と違和感を持たれると心配だなぁあと思ってしまうからなんです。
ヨーロッパでは女性に菊のお花を贈るのは高級感たっぷりなのですが、日本ではギフトなどでは一般的に菊はまだ隅々にまで浸透していないような気がします。

sayopera.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:40 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月25日

クリスマス・イヴ ライヴ

クリスマス・イヴの昨日はいろいろなところでライブイベントがあったことと思います。
私は渋谷のライブ会場に大きなディスプレイフラワーをお届けさせていただきました。

ぞくぞくとお花が会場に届けられてきますが、その中でも一番目をひくように、、とファンの方たちからの熱い期待を背負い、臨んだわけです。
全体的にピンク系でのお任せいただきました。
焚き木ほどのオレゴン産のモミの木の枝束を一塊まるまる使って、バラはおなじみ大輪系の「タイタニック」、白に薄いピンクの入った大量のスィートピー、それからピンクの巨大ガーベラは真夏のヒマワリより大きい存在感で堂々としています。

クリスマスらしく、ピンクの丸ダマオーナメントに、お花を贈られるファンの皆様からのメッセージをそれぞれ手書きしていただき、モミの木に吊るします。

お花が出来上がったら、お花のイルミネーションコードを全体に引っ掛けて、お花のクリスマスツリーです。オレンジ色に光っているのはお店のライトではなく、お花自体から放たれている光なんですよ。電池で灯りがついているのでおそらく1日ぐらいは光ってくれていることと思います。会場スタッフに人気で、写メをたくさん撮られていました。

christmaslive.jpg

グループなので、ファンの皆さんがそれぞれの方に寄せ書きをしたメッセージを、ミルフルール・フラワーデザイン、オリジナルのクリスマスカードにしたためて・・そして、スノーフレークの飾りをカードと一緒に同封します。
christmaslive2.jpg

たくさんの熱い思いがこの束にこめられています。
christmaslive3.jpg

どうぞ今日も皆様、楽しいクリスマスをお過ごしくださいますように。
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:37 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月24日

年末年始の営業について

今日はクリスマス・イヴ。昨日が休日だったので、昨日のうちにクリスマスを済まして(?)しまったご家庭も、もしかしたら多いかもしれませんね。

ミルフルール・フラワーデザインの年末年始の営業ですが、12/30〜12/31の2日間を勝手ながら休業させていただき、あとは年始も早々から営業させていただきます。この期間もお電話は繋がるようにいたしておりますので、お問合せは承れます。

11月の1/3以上国内に不在だったもので、12月は大変バタバタした毎日を送っているうちに気が付いたらもう年末年始が目前!となってしまいました。
年末年始のことをまだ計画していなかったので、お客様からのご注文をどんどんおうけしているうちに、日にちが何とかあきそうな日をお休みいただくことにしました。

12月29日が年内最後、1月2日が年初の配達を既に承っております。1月1日から今年がんがん働かせていただきますので、どうぞご遠慮なさらず、年末年始のご注文、お問合せください。

それからミルフルールのカレンダー3冊、クリスマスを目前に残念なことにアマゾンで全て在庫切れとなってしまいました。
ご購入の際、いろいろお声を掛けてくださり、本当に皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

年末までにはと、思っていただいたお客様、最寄の書店さんで1冊からお取り寄せも可能ですし、もしくは直接ミルフルールにまでお問合せください。
¥1000以上のご注文でしたら、送料も振込手数料(後払いです。)も無料でご自宅に直ぐお届けのお手配できます。

それでは皆様どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしくださいますように♪

kirimanjarobridalchristmas.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:48 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月23日

キリスト教のカレンダー

明日はいよいよクリスマスイヴですね。
今年最後のミルフルール・フラワーデザインのカレンダーのご紹介になります。

クリスマスにふさわしく、新改訳聖書刊行会様の年間カレンダーをミルフルール・フラワーデザインのお花で彩らせていただきました。昨日私のところにも届いたばかりのカレンダーです。残念ながらこちらもお店で売られるお品ではありません。
きっと今年のクリスマスのミサの日に信者の皆様に配られるプレゼントになることと思います。
使われているお花は爽やかなグリーン色のアストランティア、それから赤い小花はインド原産の「カカリア」という面白いお花です。小指のツメのそのまた半分もないほどの小さな花が真っ赤に燃える花びらを付け、初夏に出回ります。
christcalender.jpg

そもそもクリスマスは、イエスキリストの誕生(12月25日)を祝うキリスト教の記念日です。昔の暦は日の入りから翌明け方までを1日の区切りとしていたので12月24日をクリスマス・イヴとしてお祝いしました。英語の クリスマス(Christmas) は、「キリスト(Christ)のミサ(Mas)」なのです。
この日はイスラム教徒も、イエス・キリストの生誕を敬して、クリスマスをお祝いします。

聖歌の調べは日本人の私達にも心に響きます。
クリスマスはヨーロッパでもドイツが一番クリスマスらしいクリスマスの街なみだなぁと感じます。
今年の12月ミルフルールではお客様にこんなDVDを流しながらお過ごしいただきました。ドイツのほかにフランス、オーストリアの国のクリスマスの様子も楽しめます。フランスも確かにドイツに近い方の地域が紹介されています。



---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:35 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月22日

アイスフラワーブーケの1day レッスン

ミルフルール・フラワーデザインのアイスフラワーブーケのレッスンをご紹介していただきました。

ご結婚が決まった花嫁様必見の人気のウェディング雑誌
「Brides Wedding」(ブライズ・ウェディング)12/22発売です。

iceflowerlesson1.jpg
「Brides Wedding」のサイトはこちらです。↓
http://www.brides-net.com/book

慌しい前日のレッスンになってしまう生花と違い、保存できるアイスフラワーならご都合に合わせて事前に作製して本番を迎えれるので、花嫁様ご本人手作りのウェディングブーケを大切な日に持つことを実現できます。

憧れのシャクヤクも季節を問わず周年ご利用いただけます。
プライベートで最初から丁寧にレッスンさせていただくので、初めての方でも大丈夫です。
当日そのまま安心してお使いいただけるよう、全て安心してお任せいただけます。

出来上がった手作りのウェディングブーケを前に、きっと喜びもひとしおと思います。

ご希望の方はどうぞご日程にゆとりをもってお申込ください。

iceflowerleson2.jpg

icefloweralesson3.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 04:00 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月21日

気軽に楽しむフラワーライフ

毎日の生活にお花のある暮らしを、、。
誰にでも簡単に取り入れられるフラワーカレンダーが「PANASONIC」さんからでました。ミルフルール・フラワーデザインのお花です。

全長60cmx幅21cmの大きなカレンダーで月ごとの手軽にできる花あしらいのアイディアが掲載されています。ちょっとした花あしらいのポイントもカレンダーに月ごとにコメントさせていただいております。

ノベルティなのでご購入はいただけないのが申し訳ないのですが、お近くのPanasoc商品お取扱店でお問合せくださるともしかしたらもらえるかも、しれません。

Panasonicさんは、ご存知創業者の松下幸之助氏が大正7年に松下電気器具製作所設立以来今年90周年を迎え、10月1日にパナソニック株式会社に社名を変更され、ブランド名もPanasonicに統一なされたばかりです。
こんな大切な節目の年のカレンダーにと、お声を掛けていただきましたこと、大変光栄に感じております。

パナソニック株式会社のHP↓
http://panasonic.co.jp/new-company-name/

表紙はセピア色の透かし絵がアンティークな雰囲気です。
flowerlifecalender1.jpg

1月はお正月のお花を日本水仙で。
flowerlifecalender2.jpg

ドアノブに小さなフラワーリースで来訪のお客様におもてなしの気持ちをお伝えします。
flowerlifecalneder3.jpg

海外に更なるブランドの発信、益々のPanasonicsさんのご発展が楽しみです。”明る〜いナショナ〜ル♪”のCMソング、ご存知ない方も今の若い方にはいらっしゃるかもしれませんね。この旋律にノスタルジィーを感じてしまいます。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:33 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月20日

クリスマスのウェディングに・・

スモーキーピンクのローズが大人のクリスマスの夜を演出します。ウェディングブーケでも人気の「キリマンジャロブライダル」です。花びらの外側がライトグリーンでアンティークな作りになっています。

kirimanjarobridal1.jpg

全くのおまかせデご注文いただいたので、クリスマスをイメージしてプラスマットなピンクをのせてコーディネートしてみました。
kirimanjarobridal2.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 21:29 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月19日

クリスマスのレッスン

レギュラーコース2年目のクリスマスレッスンは1週目に引き続きクリスマスの花飾りです。
アイスフラワーを利用してハイクラスなフラワーデコレーションを作製していただきました。

シルバー系のエヴァーグリーンも1週目とはまた違った種類なので、また少し違った雰囲気があります。

オーガンジーのキラキラリボンをつけて、出来上がり!です。

festoon.jpg

(モミの木・シルバーダスト・ブルーアイス・アイスフラワー(スプレーローズ)・プリザーブドフラワー(オルタンシア)

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:28 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月18日

クリスマスキャンドル

今年最後のレッスン、クリスマスのキャンドルフラワーです。
エヴァーグリーンがボリューム感があるのでとっても大きなアレンジメントが仕上がりました。幅70cmほどの聖夜の晩餐会みたいな雰囲気です。

キャンドルの黄色い光は、寒くて暗い冬の夜は一層、ありがたく感じられます。

オアシスに生けるとお花の水揚はあまりよくないので、ご帰宅後、一旦生花は外して水切り後花瓶にさしてお愉しみいただき、1週間後のクリスマスの夜にまたこのエヴァグリーンのベースにあしらっていただくのがベストだと思います。

今はかなり派手目なフラワーデコレーションですが、クリスマス本番にはグリーンもお花もきっと調度良いバランスでコーディネートいただけるようにご用意させていただきました。

christmascandle1.jpg

christmascandle2.jpg

前回のレッスンではシルバー系のグリーンをご紹介したので、今回はゴールド系のエヴァグリーンのヴァリエーションをご用意させていただきました。

(利用花材:モミの木・シルバーダスト・雪冠杉・さくらんぼみたいな姫リンゴ・カランコエ・着色ペッパーベリー・ラナンキュラス(トゥーロン)・スィートピー(クリムゾン)・マツボックリ・クルミ)・ヤドリギ
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 19:05 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月17日

きれいピンクのバラ

ピンク色の甘さの魅力が全開のバラ、「ファンタジー」です。
透明感のあるそれでいてガーリーな色あいが人気でウェディングには欠かせないロングセラーの息の長いバラです。

そして何よりこのバラはスプレー咲きなので、小回りがきいていろんな風に使い勝手がいいのも心強いです。

マット感のある色あい、淡い色あい、濃いピンク、どんな色にも主張しすぎず、しっかりとした存在感をもって、同調してくれます。花びらが鋭角的なのもバラらしい優雅さがあります。

fantasy.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:00 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月16日

シェルブール

クリスマスと平行して続々と春のお花が順番に顔を揃え始めています。

こちらのラナンキュラスの花、私は今年初めて見るので新種かも(?)しれません。「シェルブール」といいます。
白い地色に薄い濁りピンク色の斑点のような模様が、遠目では絞り模様のようにも見えて、今までにはないシックなラナンキュラスの柄です。

このツブツブが雨のようにみえるから昔のフランス映画、「シェルブールの雨傘」から名づけたのかなぁ。。と勝手に想像しております。

何分自然のものなのでこの斑点がうまく出ないこともあるのか、画面右に見える綺麗なピンク色のお花も同じ種類で売られています。ここのラナンキュラス全部「シェルブール」なんですよ!

ヴァリエーションがあって均一でない方が花瓶にざっくり生けたとき、表情があって、かえって素敵だなと思います。

sherubu-ru.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:02 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月15日

ホワイトローズの饗宴

ホワイトローズが4種類このウェディングブーケにきゅーっと詰まっています。

○アイボリーホワイトの大輪バラ「ポロ」(まん丸くぽっこりと咲きます。)
○筒形をした純白「ローズユミ」、(巻きスカートのような花びらの付き方です。)
○アイスホワイトの白バラの代表挌「ティネケ」、(四方にバランスよくその花びらを開かせます。)
○そして、グリーン色のバラ「ライム」です。(時間と共に花びらがあまり開くこともなく、比較的同じ状態で長持ちするバラです。)

雪の中で暮らすエスキモーの人たちは白色の種類も何十種類も認識します。一面銀世界の環境で、白色に対する視覚が研ぎ澄まされてくるのでしょう。

そんな白いピュアな世界をバラの中にイメージします。
大きな大きな白バラに埋もれた幸せのウェディングブーケです。

whiterosebouquet2.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:48 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月14日

お手紙ありがとうございます!

ミルフルール・フラワーデザインのカレンダーのご感想をこの度直接お手紙を出版社気付けで私宛に大変ご丁寧なお手紙を頂戴させていただきました。
どうもありがとうございます。毎年アンケートハガキでたくさんのご意見ご感想をいただき、ありがたく参考にさせていただいておりますが、こうして直接お手紙をいただくのは、お客様の息遣いがそのまま感じられ又違った感激を覚えます。

神奈川県のお客様から頂戴しましたお手紙をご紹介させていただきます。

「前略
このカレンダーを娘と一緒に本屋さんで見た時はあまりのステキに声がでませんでした。
バラ好きの私は思わずたくさんあるカレンダーの中でひとめで気に入ってしまいました。ロンドンで生活していた娘もバラは見慣れていたはずなのに、私同様すごく喜んで二人で買って帰りました。私は来年になるのが待ち遠しいです。

今年の玄関はこのカレンダーのデザインを真似てバラを飾ってみたいと思ってます。
ステキなカレンダーを作ってくださりありがとうございました。

早々」

バラのお好きなお客様は本当にたくさんの種類のバラを育てられたり楽しんでいらっしゃる方だと思いますので、バラをご覧になられる目はきっと厳しいことと思います。
お花への思いがとても強く伝わり、私のほうがかえってお客様の深い感受性に心をうたれました。
こちらこそ、ステキな方のお目にとめていただきありがたく思っております。私からもお礼のお手紙させていただきました。
本当にありがとうございます。

さて、今日ご紹介させていただくお花は、淡いピンク色のバラです。「フランソワ」といいます。
丈は短いのですが、プックリとお花のふくらみは大きく、豊かな気持ちなるバラです。オールドローズのような風合いなので花びらが柔らかいです。これからどんな表情をみせてくれるのかが、とても楽しみです。

francois.jpg
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:17 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月13日

ラナン

昨日のクリスマスリースのレッスン作品でご紹介したアイスフラワーのバラ、ラナンを今日は生花でご紹介です。
コロンとしてまあるく、そして小ぶりなバラです。
斑入りの花びらの模様が絵的な雰囲気をかもしだしています。

バラの名前はもう言うまでもなく春のお花、ラナンキュラスに花のシルエットが似ているからです。

ranan4.jpg

アイスフラワーのラナンもこんな風にみずみずしく見えて素敵です。
christmaswreath6up.jpg
---------------------------------------------------------
★クリスマスリースのご注文についてはHPで詳細ページを作製させていただきましたのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

<クリスマスリースご注文の詳細>
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:36 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月12日

ミルフルールのクリスマスレッスン

12月初めのミルフルールのクリスマスレッスンは、25日のクリスマスのその日までまだ日にちがあるので、その間長く飾って楽しんでいただけるようなアレンジメントのカリキュラムをご用意させていただいております。

基礎コース
話題のアイスフラワーを実際に手にとってご体験いただき、蔓を利用したクリスマスリース作りです。
オアシスにエヴァグリーンをあしらっていくよりも蔓を利用してのテクニックの方が難しいので時間がかかってしまいますが、せっかく1年に1度のクリスマスのリースなので、手間をかけて作っていただいております。
アイスフラワーのバラは、「ブラックバッカラ」と「ラナン」です。こうしてみると本物のバラのように艶やかです。

蔓を利用してデザインするときの留意事項、クリスマスのエヴァグリーンについての説明や、花屋さんで購入する際の見分け方、壁掛けリースのデザインの際の花の見せ方の注意点などなど。

直径30cmの大きなクリスマスリースです。
christmaswreath5.jpg
(利用花材:モミの木・ジェニパーベリー・ヒムロ杉・サンキライ・アイスフラワー、バラ2種(ブラックバッカラ・ラナン)・松ボックリ・シナモン・ハスの実・オンバーナッツ・ミニバクリ・コットンフラワー・へーゼルナッツ

レギュラーコース2年目
大きなゴージャス版、クリスマスガーランドの作製です。長さが70cmほどになります。
ただひたすら、細かな手作業が続きますが、出来上がったときは感激ひとしおかと思います。
<画像をクリックしていただくとアップでご覧いただけます。>

christmasgarland.jpg

(利用花材:モミの木・ジェニパーベリー・ヒムロ杉・着色ポポラスベリー・サンキライ・ヤドリギ・コットンフラワー・姫リンゴ)

ガーランドのレッスンの詳細のページはこちらでもお愉しみいただけます♪
レギュラーコースのページはこちらから。。クリック!

---------------------------------------------------------
★クリスマスリースのご注文についてはHPで詳細ページを作製させていただきましたのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
<クリスマスリースご注文の詳細>
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:25 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2008年12月11日

イスラム美術館

イスラムの世界では身内内では比較的自由ですが、公共の建物などを撮影することは許されていません。偶像崇拝の禁止が根本にあるからです。実際警察や告発などがあればその後どうなるかわかりません。なので移動のバスの中で街中を少し撮影する程度でカメラを持ち歩くことはありませんでした。

今回カタールを訪ねたのはドーハでのイスラム美術館のオープニングパーティーでフラワーデコレーションの作業のお手伝いにでかけたのですが、残念ながら、ご紹介できないのがとても残念です。作業の為、館内に入るときも飛行場以上の厳しい身体検査がされます。

最初の週はずっと敷地内の大きな体育館ほどの広さのあるテントの中,たくさんの生花があるので冷蔵庫のような寒さで、朝早くから深夜までずっと作業でした。日本から「ホッカイロ」を腰につけていた人は、オープニングが近くなってから館内の飾りつけのため急遽美術館にはれて入館することになった時、この「ホッカイロ」の説明でかなり時間をとられてました。

カタールは日本政府からも危険地域の指定があるぐらい、いつテロがあってもおかしくない国です。国をあげての一番のイベントなら、一層厳重なセキュリティーチェックが行われます。
そんな中で、どうみても「ホッカイロ」は怪しいですよね〜。
こんな暑い国で、「ホッカイロ」の存在自体が不思議でしょうし、いかにも火薬っぽくみえますから。。

私はといえば、海外の男性スタッフと一緒についていったら、すごい勢いで呼び止められて、女性のセキュリティーチェックの列は別で連れていかれてしまいました。
男女、席を同じうせず・・こういったセキュリティーがどうの、というわけではなく、女性の地位はこの国では大変低いのです。
女性が男性に物言いをすることなんてありえないことです。
他のイスラム諸国から男性のフローリストがたくさんきていましたが、オランダの若い女性フローリストが中心になって期間中指揮をしてくれていたので、私が想像するそれ以上に彼らの心中、本当はかなり耐え難いものだったのかもしれません。

こちらがイスラム美術館です。
パリのルーブル美術館にある、ガラスのピラミッドをつくったチャイニーズアメリカンの有名な建築士「イオ・ミン・ペイ」氏の設計によるものです。
建物が海にはりだした威風堂々とした素晴らしい建物です。
これはカタール空港の飛行機にあった雑誌の表紙です。

islamicmuseum1.jpg

カタールは地図を見るとペルシャ湾にぽっこりとイボのように出ている国です。この形からペルシャ湾の真珠と呼ばれています。秋田県ぐらいの広さの小さな国です。

islamicmuseum2.jpg

盛大なオープニングレセプションの様子は翌日のカタール中の新聞の一面で掲載されています。
レッドカーペットを歩くカタール国王の王妃は、若き日のソフィアローレンのような美しさです。

ガーデンを囲み大きなテントが張られそこに贅の限りを尽くした高級カーペットやテーブル、カーペットとインテリアが並べられてパーティー席ができあがります。
テントの中にはいくつか大きなスクリーンがあり、大きな会場の前の方での様子が映し出されます。
ここは雨の心配がないからこの準備は何ヶ月も前からすすめられるのは面白いなぁと思いました。

islamicmuseum4.jpg

近隣アラブ諸国の王族の方々、中心にいるアジア人が「イオ・ミン・ペイ」氏でございます。
そして盛大なお祝いの花火の様子です。
islamicmuseum3.jpg

世界的に有名な「イオ・ミン・ペイ」氏がお作りになられたということで、センスがいいのはもちろんなのですが、大富豪のようにきらびやかに作るのかなぁと想像していたので、いい意味で期待を裏切られました。

日本の安土桃山時代のお城にしても、ベルサイユ宮殿にしても、建物はその時代の権力者の力を見せしめるだけの、これでもかという豪華絢爛さがあります。フラワーデザインについても共通していえることでありますが、ヨーロッパの豪華なインテリアは豊かさのシンボルでもあり、見栄の文化でもあり、そういうものが常と私自身が思っておりました。

ところがイスラムの建物では外からみるととても質素であってなんの変哲のない外見の建物が、一旦中にはいるときらびやかな世界が広がっているということが多いそうで、いいものは、全てうちうちでこっそりと楽しむ、というのが概してイスラムの文化に共通していえるそうです。なので、それを外に見せびらかそうという考え方は、建築に限っていえばまずないそうです。

スペインのアルハンブラ宮殿はヨーロッパの支配下になった時も、スペイン人がその建物の中に入って、その見事な美しさに感銘して、そのまま残されることになったのは有名な話です。

自国と全く違った文化は理解することがどうしても難しいことが多いですが、こうやってたくさんの異なる文化を背負ったフローリストが集まって、それぞれの立場で文化的に少しずついろんなことを我慢しながらも、協力して、作品作りを遂げることができたことは、大切な宝となりました。

文章が大変長くなってしまいました。いままでお付き合いいただきありがとうございます。
今日でカタールのお話は終了です。
明日からはまた通常どおり毎日のお花をご紹介させていただきますね。

---------------------------------------------------------
クリスマスリースのご注文についてはHPで詳細ページを作製させていただきましたのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
<クリスマスリースご注文の詳細>

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:19 | TrackBack(0) | フラワー・海外

2008年12月10日

ドバイのクリスマス

先日ドバイの7つ星ホテルでランチビュッフェをして云々。。というところまでお話してました。

カタールが砂漠の乾燥した風土なのに比べて、ドバイはそこから飛行機で2〜3時間飛んだだけで、亜熱帯の気候になります。
11月の末は季節は一応冬なので、日差しの強さは感じるもののまだ過ごしやすい良い季節なのです。
ドバイの夏は気温が40度〜50度とも言われる想像を絶する暑さになり、その上、湿度が80%もの蒸し風呂状態のように街がなるとか。日本人のガイドさんが、帰国して、岩盤浴に行ったら全然楽〜と思ったとの笑い話をしてくださいました。

ドバイには有名な巨大ショッピングモールが2つほどあり、その一つを訪れました。
とても1日では歩きまわれないほど、現地の富裕層向けにたくさんのブランドのショップが軒を連ねています。
お買い物ができたらきっと楽しんでしょうけど。。

dobai13.jpg

私はクリスマスのデコレーションが可愛くされたインテリアショップを訪れました。

dobai14.jpg

気分をもりあげようとフェイクの雪がディスプレイされています。

dobai15.jpg

洗練されたヨーロッパからのクリスマスオーナメントがこんなにたくさんならベられています。商品はmade in France, made in Germany, made in Italy どれもこれも素敵でうっとりします。

dobai16.jpg

ここの名物は人工のスキー場です。
ちゃんとしたリフトもあり、ゲレンデも100m以上あるかと思われるしっかりしたスキー場です。
窓越しに中の様子が覗けるので、眺めているだけで時間を過ごせます。

dobai17.jpg

モールを出て建物を見上げると、プルメリアの花が。。。
ここが亜熱帯の土地だとあらためて気付かされます。

dobai18.jpg

---------------------------------------------------------
クリスマスリースのご注文についてはHPで詳細ページを作製させていただきましたのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
<クリスマスリースご注文の詳細>

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 04:10 | TrackBack(0) | フラワー・海外