2009年07月31日

バラは秋色

今日は7月最後の1日です。
8月を目の前にいつも一足早い花のモードはすっかり秋色です。

秋色といってもその思い浮かべる色あいは様々。
夕焼けの深い色、こっくりとした色あい、濁り色、実りの果実の色あい、そんな秋色をぎゅっと集めてきました。

その中から今日ご紹介のバラは今までにも何度かご紹介させていただきました、「キャラメルアンティーク」。深いオレンジ色です。厚く巻き上がった花びらが重厚感があります。

花も大きく、蕾の時と、開ききった様子が全く違った顔を見せます。大輪なのでとにかく豪華のひとことに尽きます。

caramelanatique.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:59 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月30日

ポム

窓を開けると朝からジージーとせかされるような甲高いセミの声に、夏のど真ん中にいることを実感させられます。

外を歩くとあまりの暑さに頭がパーになってしまいそうです。

青リンゴといえばちょっと前までは秋口ぐらいのものでした。
俳句に季語があるように、お花のアレンジメントでも青リンゴを使うと、秋の空気感をそれとなく伝えるアイテムでした。
便利になったもので、この青リンゴ、最近は春でも夏でもよくみかけます。(冬はさすがにクリスマスのデコレーションで赤のほうがほとんどです。)

篭いっぱいの青リンゴを仕入れてきました。
リンゴの丸いアウトラインとえくぼのようにくぼんだ軸の部分のフォルムが可愛く、アレンジメントには隠れた人気アイテムです。なのでいつも出きるだけ手元に置いておきたいアイテムです。

果たしてこの手作りの青リンゴ、おいしそうにみえますでしょうか?

pomme.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:52 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月29日

真夏にイングリッシュローズのブーケを

深いピンク色と花びらの巻きが美しいイングリッシュローズ。
バラの名前は「オーガスタ・ルィーズ」です。

生花でも「オーガスタ・ルィーズ」はあまり出回らないですし、とても貴重な花材です。そしてこの真夏になんて本当は考えられないことです。

実は、このブーケはアイスフラワーなのです。
憧れのイングリッシュローズもアイスフラワーならどんな季節も実現可能です。アイスフラワーのイングリッシュローズは他のバラよりも見た目のフレッシュ感がより一層きわだって本当にお薦めです。ご結婚式が終わってからもご新居で上質のインテリアとして長く楽しんでいただけますし、何よりも、イングリッシュローズならではの、このぷっくりとした花のフォルムを心行くまで日々眺めていられるのはこのうえない豊かな気持ちにさせられます。

ウェディングブーケのみならず、ホームインテリアのアレンジメントギフト用にもご注文うけたまわれます。

augustlouise.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:26 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月28日

砂漠

くらくらするような暑さが続く夏休み真っ只中のこの季節です。

オアシスを夢見ているような素晴らしい大輪ダリアが入荷しました。
その名も「砂漠」。
白地に赤紫色の絞り模様のような斑点が豪華絢爛な花の夏姿を彩っています。

こんな浴衣地があったら着てみたいなぁと思わせるダリアのファッションショーを眺めているようようです。

この季節はダリアの旬なので色のヴァリエーションも豊富です。
真っ白な生まれたばかりの更肌のダリアの花びらに花の神様フローラが絵筆で気ままに色を落としこんだような、そんな遊び心を感じさせる楽しいダリアです。

バラやカーネーションにこの模様に似た種類がいくつか頭に直ぐ浮かんではくるのですが、ダイアのような大輪で繰り広げられるとスケール感はとても比べ物になりません。

例えばカーネーションは↓http://www.tableflower.mimoza.jp/darktempo.htm

私はこの種類の色あいと模様は特に好きです。

ダリアは特に花びらが薄いのでお花のもちがあまりよくないのと、
大輪は花びらの外側からの萎れが目立ってしまいます。
安定した状態を見せるのにはもう少し気温が低くなってくれることが必要です。

シャクヤクよりもより一層花びらが薄いので、自然光の入るレストランウェディングにも個性的で透明感のある素晴らしいフラワーデコレーションになりそうです。
珍しい品種なので注文しても入荷が安定しているのかどうかは確認してみないとわかりません。


sabaku.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:25 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月27日

秋からの新しいフラワーアレンジメントレッスンのご案内

この秋からミルフルール・フラワーデザインのレッスンがカルチャー教室でもご受講いただけることになりました。

場所はコープとうきょうの本部がある丸の内線の新中野駅前です。

今回募集させていただく期間は10月から3月までの6ヶ月です。
このタームは毎月第2水曜日の月1回のレッスンになります。
月1回ですし、何といってもコープさん主催なので、多分東京一リーズナブルな受講料なのではないか。。と、いろいろな面で無理なく通っていただきやすいレッスンだと思います。
定員が20名様までで、8月末までのお申込を受付けています。

コープとうきょうの組合員さんとそのご家族の方が対象なので、
ご興味のある方は私のほうに最初ご相談いただいても結構です。
これを機会にコープの会員になっていただくと、日々のちょっとしたお買い物のお役に立てることと思います。

毎日このブログを発信させていただいておりますミルフルール・フラワーデザインは東京メトロ・丸の内線の新宿から3つ目の駅、「新中野」から徒歩5分程度のかなりのご近所になります。

会員の方に折込で先週末にこんなチラシが配布されました。
coop.jpg

coop2.jpg

カリキュラムは下記の通り予定いたしておりますが、お花の入荷によって変更になる場合もございます。
日々の暮らしに気軽にとりいれられる簡単アレンジメントです。
お花を習うのは初めての方はもちろんのこと、お花の好きな方も毎月素敵なお花をお持帰りいただけるので楽しんでいただけます。

カリキュラム:
10/14 秋のティータイムを飾るテーブルフラワー
11/1 キャンドルを取り入れてしっとり晩秋のアレンジメント
12/9 エヴァグリーンを使ったクリスマスの花飾り
1/13 ワイヤーを利用して花留めテクニックをマスター
2/10 ヴァレンタインに贈る早春の薫る花束
3/10 春色のカラフルフラワーバスケット

花・材料費: 1回¥2,500〜¥3,000

コープとうきょうさんのHPはコチラになります。↓
http://tokyo.coopnet.or.jp/study/bunyabetsu.php#culture

ミルフルールのレッスンのHPでも後ほどご案内させていただく予定でおります。

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:49 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月26日

ダンシングクィーン

外にいると太陽のまぶしさと暑さで真夏を肌で感じます。

夏はバラに厳しい季節です。幾重にも巻かれた花びらが開き切ってぺったりしてしまうとバラの魅力も半減してしまいます。夏はバラの花びらの性質を良く見ながら暑さに比較的強そうな巻き方のものを慎重に選びます。

このバラは「ダンシングクィーン」。名前が派手な印象をうけますが、清楚なピンク色の爽やかなバラです。
花びらの外側がきみどりがかっています。

花びらは日にちがたっても仕入れたときのまま、形を保っています。茎が長いと水揚も心配なので茎をとても短くして花瓶に水をたっぷり張って生けてみるのもこの季節にはお薦めです。


dandingqueen.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:44 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月25日

キャンドルグロー

シックな色あいのカラーです。
フレアースカートのように花びらが波打っていてとてもエレガントです。
このフレアーがキャンドルの炎の揺らめきに見えるから名づけられたのでしょう。

不思議なことに今日のカラーはダブルに巻いています。

カラーは球根花なので水揚には苦労しませんが、この季節気をつけなければなりません。
茎が柔らかいので、温かいお部屋に置くと直ぐに茎に傷みがでてしまって、気が付いたら茎の途中から水に溶けたようになってしまいます。

水を出きるだけ冷たくするように心がけるためにも、水替えを頻繁に、そして、茎が広範囲に水にあたることのないように、花瓶の水も少なめで充分です。

candlegrow.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:45 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月24日

オリエンタルリリーのメリア

ウェディングで憧れのメリアをオリエンタルリリーでつくりますと、「リリメリア」と呼ばれます。
今週のレギュラーコースのレッスンでこのウェディングブーケを作製していただきました。

よく知られている「カサブランカ」よりひとまわり小ぶりの「シベリア」という真っ白なユリが花材です。凛々しい咲き方に特徴のある「シベリア」はメリアに作り変えると花びら1枚1枚の違ったプロフィールが見え始めます。
花びらが巻き爪のように反り返っているので作製に大変手間がかかりますが、その分仕上がりが繊細で、より立体的になります。

通常のウェディングブーケの構成理論と違う点や、ウェディングでの実践での細かな留意点をご説明させていただきました。

lilimeria2up.jpg

夜時間のレッスンの撮影ではどうしてもユリの白さゆえの魅力が画像では表現しきれないので、翌朝ご自宅で撮影していただくとディテールがあらためてご確認できて、美しさを再確認していただけることと思います。

lilimeria4up.jpg

ちなみに「カサブランカ」での作製するとこんな仕上がりになります。ちょっと見では、どこが違うの?という誤差程度にしか画像では見えないかもしれませんが、肉眼ではだいぶ表情が違っているのです。

lilimeria6up.jpg

ブーケの大きな画像はミルフルールのフラワーアレンジメントのレッスン専門サイトでご覧いただけます。↓
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/lilimeria.htm

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:26 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月23日

スモークパープル

昨日ご紹介させていただいた「スモークツリー」の葉です。
スモークツリーの出回りが終わった頃ぐらいからこうした葉ものが顔を出し始めます。

スモークツリーの枝についている葉は気をつけて見ないと気にも留められないぐらいの存在感です。

この葉は「スモークパープル」という名前で売られています。
葉に特化して育てられているので、これだけ立派な葉になります。
赤いスモークツリーの葉になります。
夏の花材ですが、シックな色あいなのでしっとり秋色のようです。スモークツリーの葉は綺麗な楕円を描く丸葉なのです。

スモークツリーと同じく水揚はあまりよくないので、オアシス生けは厳しいです。

いつも手に入る花材ではないので、やはり季節の顔です。

smokepurple.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 20:00 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月22日

ケムリの木

今日は皆既日食が日本で見れる大切な日、ですね。
梅雨明け宣言からまた梅雨が逆戻りしたような雨降りの1週間になりそうで、東京では今日の皆既日食観測は難しそうです。

梅雨の風物詩といえば、この「ケムリの木」、「スモークツリー」と呼ばれます。もじゃもじゃ、ふわふわと綿飴みたいな花をたくさんつける枝モノです。
梅雨明けとともにこの枝の季節ももう終わりです。

スモークツリーの花色もヴァリエーションが楽しめます。
これは黄緑と茶が混ざっているヴァージョンです。
これだけ大きい花材だと色あいでだいぶ雰囲気がちがってきます。
黄緑は爽やかですし、赤色はシックです。茶色は落ち着いた雰囲気がします。

菌糸のように見えるひとつひとつが花でポツリと小さく玉のように見える部分が花が終わったあとの種ですね。しばらくするとタンポポの綿毛のようになってひとつひとつ風にのって飛んでいくのでしょう。

smoketree4.jpg

仕入れによってその見せる表情は微妙にですが、違います。
これは前の年に入荷したとき撮影した枝です。

smoketree4.jpg

これは蓼科のイングリッシュガーデンに植えられていたおチビさんのスモークツリーです。イングリッシュガーデンの入り口には見上げてもみあげきれないようなスモークツリーの大木があるからです。スモークツリーは花が楽しめる期間が長いのでガーデンには華やぎになっていいそうです。

smoketree4.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:28 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月21日

ブラックスター

黒いカラー「ブラックスター」です。
鉛筆ぐらい茎が細いです。
お花に見えるところが黒く見えるのはもちろんですが、茎までずっと黒さが続きます。

カラーってシンプルなのに、シンプルさのその中に、花の直線と曲線の究極の美を見せてくれます。

blackstar.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月20日

檜の実

ちょっと珍しい花材です。
檜(ヒノキ)の実なそうです。
檜というと建材になったものとかしかすぐ頭に浮かんでこないのですが、こんな葉をしてるんだぁ〜、と手のひらの上の枝葉をまじまじと眺めてしまいます。

夏から秋にかけて植木のコニファーにオーナメントのようなまあるい黄緑色の実をたくさんみつけますが、まさにそんな感じです。クリスマスに買ったゴールドクレストもこんな実をつけますようね。

レッスンで利用したら、クリスマスの頃花材として使う、「ジェニパーベリー」に良く似ている、と言われました。さすがっ!鋭いですね。確かにジェニパーベリーに色違いですが、そっくりの姿です。

調べてみたら、ジェニパーベリーも、ゴールドクレストも皆ヒノキ科の植物でした。

マツボックリの実をつけるマツ科のエヴァグリーンとは実の形状がちょっと違いがあるようです。

(ジェニパーベリーの画像はコチラ↓)
http://www.tableflower.mimoza.jp/jeniperberry.htm

hinoki.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 13:51 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月19日

異人たちとの夏

昨日の夜は久方ぶりに舞台を見にいってきました。
日比谷シャンテの隣にあるシアタークリエの劇場です。

10日ほど前、街でたまたま見かけた1枚のポスターが目にとまり、それからずっと気にしていたので、予定がつけれそうになって前日に予約したら思ったよりいい席が取れました。

山田太一さんの「異人たちとの夏」の文庫を手にしたのはもうずいぶん昔です。タイトルから「太陽がいっぱい」のアランドロンやコートダジュールの青い海の風景が頭に広がり、外国でのヴァカンスの話っぽいと、勝手に思い込んでました。お洒落気分な期待で読み始めた、学生時代のこの1冊の読み始める前の一瞬のことを今でも思い出します。

目に付く活字という活字を濫読多読していた学生時代の中でもこの「異人たちとの夏」はそのとき受けた感動以上に年月を経てより一層今でも心に残る温かい1冊となりました。

舞台化ってどうやって舞台にこのお話をもってくるのかと演出家の方のこの挑戦がどうしても気になって仕様がなくて、仕掛けがみたくって行きました。

私はテレビドラマに頻繁にでてくるような俳優さんの舞台はあまり好んで見に行かないのですが、でも皆さん好演してらっしゃいました。

原作はその中にずっと入っていたい湯たんぽのあったかさや優しさが広がっていくようでもあり、生きていくぎりぎりの刹那感や切実感もあって、そして甘酸っぱくて、私の中では名作中の名作なのですが、この心象風景をヴィジュアルの制限のある中で表現していくのは本当に難しそうです。

日本特有のこの湿り気のあるちょっとただならぬ妙な気分になる夏の夜に読む1冊にはぴったりだと思います。

まだ舞台が東京でもありますし、これから大阪・名古屋でも公演は予定されているようです。

ついでに楽屋の花も見にいこうと思ったら、ここの劇場はお祝いのお花は観客の見えるところではなく裏の楽屋口に全部かざられるとのことでした。

(シアタークリエ 「異人たちとの夏」HP)↓
http://www.tohostage.com/ijin/

blue.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:53 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月18日

パリのおみやげ 2009

パリから戻ったのが6月のはじめなので、もう1ヶ月以上日にちが経ってしまい、全然タイムリーではないのですが、パリからのお土産のお話を今日はちょっとだけお話させていただきますね。
(季節のお花の出入りがあわただしい季節だったので、すっかり後回しになってしまいました。)

いつもご愛顧いただいているお客様にちょこちょことお渡しさせていただいた手土産です。

こちらはエッフェル塔のイラストと金箔が可愛らしいチョコレートです。イラストは他にも凱旋門とか名所の描かれたものがあったのですが、やっぱりエッフェル塔がお土産らしいです。
中のチョコは甘みが抑えられていてもそもそした感じがするのですが、カカオ含有率72%と書かれているので身体にはよさそう。1852年世界で一番初めに出来たデパート「オ・ボンマルシェ」のグランエピセリで見つけました。世界からの選ばれた食材が広い敷地に数限りなく集まっているのでお土産選びにはもってこいの場所です。

それまでの物販は交渉で値切ったりしながら物の売買がされていたのが、デパートの出現によって定価販売がされるようになりました。「オ・ボンマルシェ」とは安売りという意味で高級デパートに一見不相応なネーミングに見えますが、そういう由来からなのです。

ヨーロッパでは産業革命の時期でこうした大量消費の時代へと時代は流れ、このボンマルシェはこれから始まるベルエポックの文化の中枢ともなっていきます。

その頃日本は。。といえば、ペリー来航などで大慌てしている時の頃です。

そんな昔をあれこれ思いながら苦いチョコレートをかじるのもおつなものです。
(オ・ボンマルシェが紹介されあているURLを見つけました↓)
http://www.marketmanila.com/archives/la-grande-epicerie-at-au-bon-marche

parismiyage1.jpg

カーヴィングされているソープはディスプレイにもワードローブに入れて香付けにも、いいかなと思いました。

parismiyage2.jpg

フランスは香ものには事欠きません。香水はもちろんのこと、石鹸や、キャンドル、たくさんの老舗のメーカーさんが競ってだしていてそのどれもが素敵です。この石鹸はコントワール ドゥ ファミーユ (Le comptoir de famille)で見つけたものです。このお店の雑貨は日本でも人気がありますが、パリのお店では、キッチン、勉強部屋、寝室、リビングなどシーンごとに家具や雑貨がまるごとディスプレイされていてわくわくしてきます。
おばあちゃんのお家に招かれたような、ノスタルジックな雰囲気がテーマなのだそうですが、日本だと昭和のレトロを感じる。。といったところでしょうか。

店内のディスプレイはこんな感じです。↓
http://www.comptoir-de-famille.com/homepage-1-2.html
ねっ、素敵でしょ!

日本人にとってはどんぶりよりも大きく感じるカフェオレボウルが彩りよくたくさん並べられています。

パリというとカフェオレというイメージもありますが、実際はデミタスでいただくエスプレッソがほとんどで、ボウルにパンを浸して食べたりというのはフランスでも田舎の人がやっているというイメージなそうです。

今気付いたのですが、お土産の石鹸がこのページの左下に載っていました。感激です。
http://www.comptoir-de-famille.com/soaps-and-candles-265-2.html

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:50 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月17日

玉川ホトトギス

昨日に続き、山野草です。
よく見かけるのは薄紫色の花です。
このホトトギスは「玉川ホトトギス」といって薄い黄色をしています。玉川とは京都の玉川で見つけられたからそう命名されているそうです。

花についている斑点模様が鳥のホトトギスの胸の模様に似ているからホトトギスと呼ばれています。

春の鶯、そして夏を告げる季節の渡り鳥「ホトトギス」。この鳥の初音が聞かれるころ季節を同じくして咲く花なので名づけられたのでしょうね。

この鳥の初音を聞く為に一晩中寝ないで待った・・云々など昔からホトトギスは歌にも詠まれている日本人の季節感に馴染み深い鳥でもあり花でもあるのです。

花びらが6枚あってユリ科のお花です。山野草にしては比較的花の日保ちがします。花びらがぽろっと頭から落ちやすいのでそっと優しく扱います。

tamagawahototogisu.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月16日

ボタンカラマツ

自由な時間ができやすい毎年7月のこの時期、私は区の健康診断に走り回ります。婦人科検診では早期発見で「本当おかげさまで早期で助かったわぁ〜」という方も実際にいらっしゃるそうで、そういうお話をうかがうと定期検診の必要性を痛感します。

保険所で行っているマンモグラフィー検査は(X線検査)は最初に触診を受けてからでないと受付けてもらえないので、はしごをしました。保険所では乳房の中のよく言われているシコリもついた実物大のサンプルが置かれてあって、それがどういうものか実際触ってみて体験できます。
今年まだの方、夏休み前に済ませておかれると安心ですよね。


さて、暑さの中、楽しみなのが毎年恒例、山野草です。
園芸品種と違って、飾らない素朴な美しさが魅力です。
この「ボタンカラマツ」は白い花です。良く見かけるのは青い花の種類が多いです。
ふわふわと羽毛のような広がりが幻想的です。
キンポウゲ科の夏のお花です。

botankaramatsu.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:43 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月15日

グズベリー

昨日の突然の梅雨明け宣言には驚きました。
いよいよ夏本番です。暑くなりそうですね〜。

暑かったり寒かったりと真夏や真冬は気温的には過ごしにくさがあるかもしれませんが、私が唯一気持ちよく過ごせる季節でもあります。花粉が飛んでる気配が全くないからです。快適です。

今日ご紹介の実もの、名前が「グズベリー」とは、日本語だと情けない響きですね。

1ヶ月ぐらい前に出回っていた「房スグリ」の粒を一回り大きくした大きさです。スグリの種類です。調度ブドウのデラウェアぐらいの大きさです。徐々に赤色に熟してきます。

このベリーのソースはガチョウ料理には欠かせないとか。
なるほど、だから「グズベリー」なのでしょう。
ガチョウは英語で「goose」(グース)、そう「マザーグース」のグースです。
ガチョウ料理自体が残念ながら日本人には馴染みがないですけどね。でも甘酸っぱくてきっとおいしんだろうなぁ。。ととろりとしたシロップみたいなソースがイメージできます。

翡翠色で、スイカのような縦の縞が入っていて透明で綺麗な粒です。

gooseberry.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:57 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月14日

ホスタ

「ギボウシ」というとお分かりになられるかもしれませんね。夏のガーデンで良く見かける、うす青くうつむき加減のお花をつける背の高い植物です。

お花は直ぐにしぼんでしまいます。別名デイリリーと呼ばれるぐらいなので切花では出回りません。

でも葉は人気で単体でよく出回ります。この水彩画のようなグリーンの滲み具合が素晴らしくはありませんか。真似して描いてみたくなるような筆裁きです。「ホスタ」はどんなお花もアーティスティックに変身させてくれます。

hosta.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:06 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月13日

紅白のバラ

お誕生日のお祝いに大阪のライブ会場に宅配でお届けさせていただいた花束です。

赤と白に染め上げられたバラは特別感のあるバラで、オランダから取り寄せられました。おめでたい席にぴったりのお花です。
インクを茎から染めたら花びらは全部均一になるはずなのに花びらごとに赤と白が交互になっているのはミラクルで、このテクニックは地球規模でのトップシークレットなのです。

japan3.jpg

ご依頼のお客様が赤と白のバラの色あいにこだわられていらっしゃったのであわせるお花も白でまとめました。
お届け先の女性の方が好きなお色がクロと紫なのでそれにあわせてラッピングです。贈り主様のお名前を象徴するようなピックを見つけたので独断でお付けしてみました。

花びらにはゴールドで「Happy Birthday」の文字入れを致しました。 

この季節、宅配便はお中元のお届け物の多い調度繁忙期にあたります。宅配のお届けの際にはいつもネットで随時無事お届けができているかなぁ・・と確認させていただいているのですが、ライブ会場へのお届けは、ある程度の時間に届いてくれないと、夕方ではせっかくの気持ちが届けられなくなってしまうので、現地の宅配業者さんとお昼過ぎから連絡を取って状況を確認させていただいたりします。(ネットのお荷物お問合せ状況はリアルタイムではないことが多いのです。)

業者さんから「納品完了しました!」の晴れ晴れとしたご連絡です。「帰りにまとめてお渡しすればいいか。」なんて会場の方にそのままにされたら。。。と心配なので、会場にお電話してそのお荷物がきちんとご本人のお手元にお届けできたかどうか、お問合せをして折り返しご連絡を待ちます。
贈り主様にもお電話をして、もう会場にはお荷物も届いているはずなので、もし会場スタッフの方とお話できたらご確認していただけると安心の旨ご連絡させていただきます。
「着きました?!」の弾んだお客様のお声に緊張がほぐれます。

宅配便はどんな業者さんでも繁忙期には近郊へのお届けで、午前中指定でも夕方にお届けになることもあるので、時間のリミットがあるケースでは遅かったで済まないので、自分の手から離れたら、事前にひとこと業者さんに注意喚起すると心にかけてもらえます。

遠方で確実に午前中にお届けしたければ前々日に発送のお手配を、ということなのですが、早くても前日夕方にしか発送手配ができない生花の発送の難しさです。

こうしてつつがなく大切なお花をお届けしてくださる佐川急便さんには、お届け完了のご連絡を頂くたびに、「ありがとうございます!」の言葉以上の精一杯の感謝の気持ちをお伝えしたく心の中で思っております。

japan4.jpg

大切なメッセージを純白のバラのカードに託して一緒に花束にお届けさせていただきます。
お花やメッセージの内容からイメージのカードを選ぶ瞬間も私の楽しみでもあります。

japan5.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:16 | TrackBack(0) | Flower Lesson

2009年07月12日

エスニックな香り

週末のウェルカムフラワーは「チュベローズ」です。
蕾の時は細長い楕円の形をしていて、開くと鳥の羽のような花びらの先がさきわかれて、小さいながにも華やかな形になります。
ひとつひとつの花は白い水仙を八重にしたようなイメージです。

花の濃厚な香りは夏が似合います。
地植えのチューベローズは夜が更けてくるほど香りが強くなり、
月夜にはその香りが濃厚になるので、別名「月下香」と呼ばれます。

サマー・ナイトウェディングにもぴったりですね。
花の表面はテカテカと妖しげな光をはなっています。

chuberose3.jpg

1月にもご紹介していました。茎についている状態をご覧いただけます。↓
http://mille-fleurs2.sblo.jp/article/10055787.html
---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:15 | TrackBack(0) | Flower Lesson