2011年04月06日

バンジャルカ

街を歩いているとあちこちで桜の花が満開です。
週末までもちこたえてくれるのでしょうか。

切花の季節のボーダーーラインはまさに桜の開花の時期です。
冬の間楽しませてくれたチューリップやスィートピー、ラナンキュラス、の球根花ともそろそろお別れの季節がやってきたようです。
もうちょっと、もうちょっと、。。。と終りを感じながら花を手に取るときは「別れの時が近い鶴」と対峙しているような切なさもあります。

「日保ちがやや悪くなってきた」から「日保ちがしない」その線引きがまさに桜の時期なのです。
今年はそれでも気温が低い日が多かったので持ちこたえてくれたほうだと思います。




オレンジ色のチューリップ「バンジャルカ」といいます。
不思議な名前は何なんだ?と思って調べたら、ボスニアの第2の都市の名前なそうです。
綴ると「BANJA LUCA」です。

花びらの縁が内側にふくらみをもっています。こういう咲き方のチューリップを「パロット咲き」のチューリップと呼べれます。
ぷっくりした花の形がパロット(オウム)の丸い身体にそっくりですね。

水彩の絵の具の色が滲んで溶け出しているような面白い羽の色です。

窓辺に飾っても比較的全開しないで持ちこたえてくれましたが、開くと花の中心が黒くなっていてそれもちょっとはっとしてしまいます。

鮮やかな色あいがインパクトたっぷりのチューリップです。
庭植えされても、華やかで素晴らしい役者さんだと思います。



banjaruka.jpg

---------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/

posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:38 | TrackBack(0) | Flower Lesson