2013年06月01日

E マレ探索(2013.5.27-6.6)

6月3日


アッという間に旅行も終盤です。

今回のパリ旅行は楽しい気持ちで向かうことができず、10日間眠れない日々も続き、仕事に専念するように、と考えていました。
でもぴゅんがいつもそばにいてくれたことが唯一心の支えになってくれました。

どんな時でもまっすぐな目で見つめて信じてくれるぴゅんを心から愛してます。



さて、今日も何か撮影の記念になる場所とおもって、近場で選んだのが右岸のポンピドーセンター。

paris84.jpg

paris83.jpg



石の上に乗って撮影。
こういうちょっとした観光地では、油断すると必ず怪しげな人たちが何やらわからぬ署名を求めて近づいてきます。

近づいてくる人には完全無視!が一番です。

paris85.jpg

paris86.jpg


paris87.jpg




ポンピドーセンターのもうちょっと先を行ったところにアトリエがありますが、あいにくこの日はお休みでした。

日本人のファンが多いです。
★の形の器がトレードマークです。

「le petit ateier de paris」
http://www.lepetitatelierdeparis.com/welcome.html


paris89.jpg

paris90.jpg

paris91.jpg

paris92.jpg

paris93.jpg



あと、ポンピドーに向かうすぐ手前のところで道路右側に見つけた獣医さん。
放射状に道が入り組んでいて私個人的には地図が読みにくいと感じる左岸より、右岸は碁盤の目状に区画がなってるし、ここは駅近くで分かりやすいからストレスなく辿り着けてお薦めかもしれません。

paris88.jpg

paris94.jpg


臭いに敏感なぴゅんは病院に興味津々。

paris95.jpg

paris96.jpg




「HOTEL de ville」の駅前にドーンと構えるBHVの裏がわにはBHVのペット館があります。

paris97.jpg

paris98.jpg


ここに来ればロイヤルカナンの小袋も手に入ります。

paris99.jpg


paris101.jpg

paris102.jpg


ポンピドーセンターに行く道よりももう1本駅よりの道をまっすぐ歩くともう一つのペットショップにたどり着けます。
ベルギー発のパン屋さん「pain quotidien」のカフェが右手に見えるのでその先をもうちょっと先に行ったあたりです。

口髭という名前の「moustaches」(マスタッシュ)。
こちらのお店のほうがBHVのペット館よりかは品揃えのセンスがまだいいです。



paris103.jpg


paris104.jpg



paris105.jpg

各種サイズ揃えのベッド。

paris106.jpg

これなんかイタグレちゃんあたりが身につけたらかっこよさそうなハーネスです。

paris107.jpg


この籐のベッドもインテリアになじみそうで素敵。

paris108.jpg

paris109.jpg

paris110.jpg





そこからとことこお散歩でサンポールまで向かいます。

サンポールの広場のまわりには骨董屋さんがひっそりと立ち並んでいます。
周りの喧噪が嘘のように通りから少し入ったこの一角は静かでのんびりできて落ち着きます。

私はひとりのときはここでパンをかじったりしてひと休みしてます。

paris111.jpg

paris112.jpg

paris113.jpg

paris114.jpg


paris116.jpg

paris115.jpg



サンポールを後にして、右岸のマレからセーヌ河に向かって左岸へと戻ります。

穏やかな日差しに包まれるセーヌ河。
あるいてる人が何気にトリコロールです。

paris118.jpg

paris117.jpg


途中で見つけた子供服のお店。
シンプルな中にセンスを感じさせられる街中の日常に五感でこうして触れられるのがパリの素晴らしさです。

paris119.jpg

こうして見覚えのある左岸まで戻ってきました。
この日はいつもより歩いたね。



paris120.jpg







夕方からのお出掛けはお土産のチョコレートを買いに再びでかけました。

paris79.jpg

ショップの男性店員さんが物腰が柔らかくて優しい。自分で食べる用のチョコのサービスまでしていただき大満足。


いつものカフェで簡単な夕食を。後ろに見える袋がチョコレートの袋。
ほとんど毎日このカフェで夕食はチキンサンドとワインのデカンタ。

チキンはぴゅんと分かち合うための絶対譲れないメニューなのです。


paris80.jpg

paris81.jpg


チョコレートが意外に重量があるし、機材でいっぱいのスーツケースに潰れないように詰め込むのが至難の業なのですが、懲りずに今年も買ってしまいました。

paris82.jpg



酔っ払うのも怖いけど、お酒を飲むと憂さ晴らしができる。
ホテルも徒歩200mぐらいなのでちょっと酔いが覚めるまでうだうだと時間を過ごせるし。。。


明るく見えるけどもうすぐ夜8時ぐらいになってます。


posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00 | TrackBack(0) | フラワー・海外