2008年02月14日

紫の蝶のウェディングブーケ

私がお花を好きなのは云わずもがな。。ですが、お花を好きな女の人がとても好きです。
お花からインスピレーションを受けること、プラス、それ以上にお花をまとう方のイメージを確認しながら頭の中で構想があれやこれや捏ねられていきます。

それはウェディングブーケや、花束を受取られる方のイメージ
はもちろんのこと、フラワーアレンジメントのレッスンでのお花を手にとられる方のイメージを頭に描いただけで胸が躍ります。

特にブーケのレッスンでは、綺麗なお花をただ愛でるばかりではない、花に対する厳しい目線、複雑な感情が入り混じった上での
お花を手にする方の表情は緊張感を伴って、特別に神々しくさえ感じます。
その一瞬を切り取ったら、どの瞬間も1枚の絵になります。

そばにいる私も至福の時間となり、次はこんな花色で別の美しい姿を見てみたいなぁ。。と明日へのモチベーションとなり、お客様にそんな意味でも本当に感謝しています。

バラのマレーラのような方だなぁ。。。と思いながらも、また別のバラをあわせてみると、別の魅力が楽しめたり、あわせるお花で変幻自在です。
どんな宝石よりも、お花は女性を輝かせる、本当にそう思います。

今日ご紹介のブーケは、スノッブな感じを楽しみたい。
題して<ベルベットの花嫁>。

パープルのバラのウェディングブーケは光沢感のあるベルベットで格調高く、より一層の高貴な演出を。。
バラの名前は「ドラマチックレイン」。妖しげに光を放つ今宵のパープルのバラは夜会へ誘うパピヨンの姿に変え、人々を惑わせます。
今宵のナイトパーティーは、いつもと違った自分に酔いしれるのです。
papiyon1.jpg

papiyon2.jpgpapiyon3.jpg

papiyon5.jpg

妖艶に輝くパピヨンのウェディングブーケはスノッブな夜会へ〜、そして甘美なマスカレードの世界へと誘います。
papiyon6.jpg
----------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

フラワーアレンジメントの壁紙を楽しめるページは・・・
http://mille-fleurs2.sakura.ne.jp/

posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:54 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10876340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック