2008年06月11日

ブルーポピー

梅雨時の楽しみな仕入といえばブルーポピー。別名、『ヒマラヤの青いケシ』と呼ばれる幻のお花。

今年も入荷しました。その年の生育の状況でいついつ入ってくるという情報もあまりなく、ある日突然入ってくる貴重なお花です。そして1輪が蘭などよりもはるかにとても値段が高いです。

今年はアレンジメントのレッスン予定日の直前に入荷できたので調度見ていただける方もいらっしゃいました。なかなか目にすることが出来ない逸品です。何故かというと仕入れて2、3日で直ぐ枯れてしまうからです。この世の中で究極のぜいたく品と呼べるかもしれません。

梅雨時のむしむしした季節にスカッと抜けるような青さがきもちいいです。これほど鮮やかなスカイブルーの生物はこの地球上にもないのではないかとおもうぐらい神々しい花色を放っていて、みとれてしまいます。

「青いものって何でも高いですよね〜」といわれましたが、確かに、いわれてみるとそうかもしれません。
自然な色で赤系は比較的偏ってできやすいのかもしれませんが、青ってなかなかつくりにくいし色が定着しにくいのかもしれません。去年上野でみた花の博覧会でも花の色についていろいろ説明がありました。ブルーポピーは目玉として取り上げられていました。ブルーポピーの説明でこのブルーの色は赤い色も含まれていて発色がブルーにでてくるようなことがかかれていました。だからちょっとしたことで直ぐに赤色に振れてしまうこともあるのでこのブルーがうまくでてくるというのはこの植物が置かれている自然環境に大きく由来するものなのかもしれません。

ブルーポピーは大きな一番花が開いて入荷してきますが、一枝に他の蕾が1つか2つついています。
その蕾をうまく咲かせると濃い紫がかった色あいの花が咲き、2番花は決して青色を咲かせてくれません。
一番花の青い花も花の付け根というかおしりの部分がわずかにですが少し紫のしみっぽいのが見えます。

ヒマラヤの青いケシとよばれるだけあって、本来は標高の高い植物にとっては寒さや酸素や水分などどれをとっても過酷な環境の中で背丈をとても低くして神々しく花を咲かせています。紫外線もとても強いのでこの色がでているのかもしれません。

市場に入荷しているこのポピーは、ヒマラヤからの入荷ではなくて、国内の高原で大切に育てられているポピーです。なので春先に見かける普通のポピーと同様に茎もひょろっと長いです。

bluepoppy3.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:22 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15906971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック