2008年07月04日

蒲の穂

今週都内ホテルのパーティー会場にお届けさせていただいた大きなバスケットフラワーです。

夏の花材がてんこ盛りです。中でもこのアレンジメントをどっしりと見せてくれているのが、後ろにある蒲の穂です。
この蒲の穂はもともとの長さが、全長2mほどもありました。
蒲の部分なんて、25cmぐらいありました。とうもろこしの長さよりももっと長いんですよ。
蒲の穂をみると神話『因幡の白兎」のお話を思い出します。
ワニをだましたしっぺ返しに傷だらけされた兎が、通りがかりの神様に身体を海の水で洗うよう教えられます。でもかえって、ひりひりと益々傷みがひどくなってしまうんですね。そうして又、もう一人の神様に今度は、きちんと傷口を真水であらって蒲の穂の粉をぬってその穂の上で休むといい、と話されやっと安堵するというお話です。

蒲の穂には薬効があります。この穂をたくさん並べてウサギさんが寝ていたらそれは愛嬌があって可愛いだろうなぁ。。とこの巨大蒲の穂を生け込みながら楽しい想像を膨らませました。

枝モノは洞山ツツジです。細く長くしなやかに伸びる枝が清々しい夏山の風情を感じます。そしてユリは本来の自分の季節を謳歌しているようです。マルコポーロという限り無く薄いピンクの上品な色あいのオリエンタルリリーです。

basketflower.jpg

basketflower2.jpg

---------------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:03 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16607781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック