2018年09月27日

相模原のハーブ園へ

herbs and lavender field,
of organic natural farming.

相模原の完全自然農法でハーブを育てていらっしゃる畑をぴゅんと一緒に伺いました。
大学病院との提携もある研究所です。

写真は花の終わったラベンダー畑。
それぞれの株が心地よく育つのに最低3メートルの間隔が必要なそうです。
土は乳酸菌がたっぷりで、踏み心地がふかふかです。

一株から3000本の花が採取できるそうです。

刈り取った草木を細かくして加える馬糞の酵素で代謝が進み、循環が生まれます。

健康な土には全くダンゴムシも寄り付く隙もないです。

トゥルーラベンダーは標高が適さず、プロバンスでないと難しいそうです。
より順応力のある、トゥルーラベンダーとスパイクラベンダーの掛け合わせのラバンディン系です。
標高は、気温、湿度、気圧、があわさって環境が決まるので、人工的にその環境をつくるのは困難です。

herb1.jpg

herb2.jpg

アフリカから来たハイビスカスです。
ハイビスカスティーに使われるハーブです。
こんなにわんさかハーブティーが取れそうに見えますが、実際は葉っぱの上の方にあるわずかな新芽のみしか摘み取れないそうで、ほんの少ししか収穫できないそうです。
このハーブは塩分もビタミンもクエン酸も全てバランスよく含んでいるので、この葉を噛むと熱中症対策にパーフェクトなハーブです。

herb3.jpg

背が高くなって倒れても決して手を差し伸べることはありません。それが自然農法ならでは。
放っておくと自力で立ち上がってくるそうです。
herb4.jpg

コットンフラワー。
こちらは東京の提携している方が植えたコットンフラワー。
短いです。花もついてません。
herb5.jpg

反対側にある花は研究所で植えたコットンフラワー。
3〜4倍以上のボリューム感で花もたくさんつけて生育がいいです。
コットンフラワーの花は1日しか咲かないので普段見る機会もないのですが、初めてみました。
芙蓉の花にそっくりです。今まで考えたこともないけれど、調べたらコットンフラワーはアオイ科で芙蓉と同じ仲間でした。

茶色、白、緑色、があります。緑色の実を付ける花は少ないので貴重です。

herb6.jpg

herb7.jpg

herb8.jpg

これがクリスマスによく見るコットンフラワーの実の始まり。
まだみどりみどりしてますが、野球の硬球みたいでがっちり固まってます。
herb9.jpg


種まきの適期が決まっていて、サカタのタネとかの時期は神奈川を中心にされているそうです。
プロはこの日、と1年の中でその1日をピンポイントで指定してきます。その時に植えるとすくすくとした生育が約束されます。この一週間で、とかのアバウトさは許されません。
東京の人が植えたコットンフラワーは、「その日は仕事で〜」とか人間の都合でずれてしまうと、こんな風に育ち方が弱くなります。
豊かに育つためにはその適した時期で必要な管理をする大切さを学びます。

チェストフラワー。
女性フォルモンをつかさどる、大切な木。
ちょっとクセのある香りなのですが、この香りを好きだと思う人は何か欠如しているそうです。
ちなみに私もとても心地よく香りました。更年期で問題をかかえてるのかも。
あっ!そうだ、私子宮筋腫があるのです。
この花の名前を調べると、チェストツリーのサプリがザ--ッとでてきて、婦人科系の効能があがってます。

herb10.jpg

herb11.jpg


原種のエキナセア。
園芸種と違って丈も短く花も少ないです。
園芸種の方は効能はほとんどないそうです。
herb11.jpg

ハーブ畑をあとにして、テレビの志村どうぶつ園でも「日本犬の里」のロケ地ともなった古民家に移動します。

herb13.jpg

herb14.jpg

NHK朝ドラとか結婚式のセットみたいで素敵です。
ランチが用意されてます。
そしてぴゅんも一緒にくつろいでランチ。
庭でとれた栗で栗ごはん。渋皮をのこして、お赤飯みたいな色に仕上げたごはん。
栗がゴロゴロ入っていたので、ぴゅんも一緒に栗を堪能しました。

herb15.jpg

herb16.jpg

herb18.jpg

すいとんには庭で採れた柚子の皮を自分ですりおろして風味づけします。
herb17.jpg

茶わん蒸しには庭でとれたマツタケが!!

デザートも柚子のかわに、味噌や、クルミやいろいろ入ったゆべし、とよばれる自然の甘さです。
herb19.jpg


お食事を終えて、レモングラスのチンキづくり。
自分の好みのホワイトリカーを選びます。
ホワイトラム、バガルディ、珍しいズブロッカ。
私はズブロッカにして漬け込みました。
herb20.jpg

畑で収穫してきたレモングラスでハーブティーをいただき、ローション作りをしたり、まだまだ時間がたりない1日でした。




#自然農法
#ラベンダー畑
#lavenderfields #naturalfarming #organic
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184536055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック