2020年02月16日

アンブリッジローズ

ambridge rose.

スバイシーな芳香で儚い。
アンブリッジローズ。
ころんとしてチャーミング。

都心の飲食店では禁煙化がすすんでいるのかもしれませんが、家の近所はまだまだ喫煙可なところがほとんどです。

煙が嫌なので外食もまず気が進まないのですが、とにかく昼を済ませてさくっと次の仕事に、と思った先日のこと。

人もいなさそうだし、と油断して近所の蕎麦屋さんに入ったら、なんと奥の方で昼からおじさんが日本酒ちびちび、蕎麦をすすり、煙草を吸い始めてて。

花粉症も酷いので数台の空気清浄機を駆使して日々クリーンな生活を送っている私にはちょっとの煙にも反応してしまうので、咳き込んで押さえようと思うと、なかなか止まらない。

コロナウィルスの恐怖に
脅かされてるこのご時世、
違います、違います、とも言えず、
あとから入ってきた女のお客さんやらの視線が痛いったら。

公衆でのちょっとした咳き込み、
憚られます。

それにしても電車の中での変な咳が聞こえるのは怖いですね。
わざとやってる訳じゃないし、お互い様だから、と、気を紛らすために、こんなとき人はどんな対応するのかと、人間観察してたら、マスクをしてる人はわりと強気に見え、その隣に座っていたビジネスマンは、おもむろに懐からもう一枚マスクを取り出して、なんとマスクの重ね付け。

予防大切です。

_36A9406.JPG

#アンブリッジローズ #ローズ # ambridgerose #rose
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson