2010年06月15日

初夏を彩る花材A 〜セダム(ピンク)

多肉植物でおなじみのセダムですが、切花でこんな風に花を咲かせて出回ります。ふかふか絨毯を敷き詰めたような小花がぎっしりです。

秋に出回るセダムは深いボルドー色が人気です。
その頃になるとセダムの花のつき方もよくなり、直径10cm程もある大型になってきます。バスケットフラワーや花束のボリュームアップに重宝する花材となってきます。

このぐらいの花の大きさですと(直径3〜5cm)繊細でテーブルフラワーにも利用しやすいです。

葉がサボテンの葉のように肉厚で水分をたっぷり含んでいるなとよく分かるような植物を多肉植物といいます。

多肉植物は育てるときに、あまり水をあげすぎないよう注意が必要ですが、切花の場合、普通のお花と同じように、水替えをマメにして水揚をしてあげると日保ちがいいです。

外見が水揚がよさそうに見えるのですがそれに反して意外にデリケートで油断すると直ぐにくったりしてしまいますので、むしろよく面倒を見てあげる必要があります。


sedamupink.jpg

----------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:42 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38938666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック