2010年11月09日

リーダーになるために・・・

8月生まれのうちの愛犬「ぴゅん」は今年の11月で1才と3ヶ月になりました。
人間の年でいうと今がちょうど19歳ぐらいでまさに青春真っ只中。

自我もしっかり芽生えて、油断をしていると、リーダーが逆転してしまいそう。
リーダーが逆転してしまって、自分が支配しようという立場になると、飼い犬としてのコントロールが効かなくなり、とんでもなく手に負えない状況になります。なので飼い主は飼い犬に対していつも毅然としたリーダーである必要があるのです。

最近ちょっと油断して可愛がりすぎて、わがままな傾向が出てきたので、軌道修正を図るべく、まずはお食事の態度を変えました。

週に1〜2回ほどは夕食を一緒にまじえることがあるのですが、今までは「いただきます」の家長の号令のもと食事をスタートしていたのです。
でもその食事の速度の速いことといったら、おしょうゆを取ったりしていて私が食事に手をつけ始める前にはあっという間にいつもお皿の中味はぺろりと綺麗になくなっています。

そのあきれた速さにいつも面白がって慣れてはいたのですが、犬のしつけの情報で食事も必ず主人が食べ終わってから与えること!と明記されていて、どうしようかと戸惑いながらも、実行することにしました。食事の順番で自分が早いと勘違いして、人間とわんこの優位性の順位が逆転してしまうのだそうです。

目の前でずっと「待て」のコマンドをして、自分達人間の食事が全部終わってから。。というのも酷なので、何口か食事を済ませて間をとりながら、ほどよいところで、食べさせることを実行しています。

昔の日本の家長が食べ終わってから、その長男、次男、。。という縦社会のようです。

pyunwinter.jpg

犬の祖先の狼は群れで過ごし、その暮らしは全くの縦社会。

人間の世界の会社のリーダーとは、部下の気持ちを細やかに斟酌し、カリスマリーダーもあったり、逆にサーバントリーダーもあったり、上にたって人を纏め上げるためには必要な要素がたくさんあります。

わんこの世界では力関係がリーダーであるための唯一絶対の条件。
日々の引張りっこのような単純な遊びでも、いつも相手との力量を本能的に測っています。
ちょっとした遊びも気が抜けません。

こんなつぶらな瞳で見つめられると、本心はもうめろめろなのですが、心を鬼にして、私はリーダーなのだ!と毅然とした態度を心がけている今日このごろなのです。


pyunwinter2.jpg

---------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/


posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 10:36 | TrackBack(0) | ドッグ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41650047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック