2010年11月11日

ドラセナリーフを使って器づくり

昨日のコープとうきょうさんのフラワーアレンジメントのレッスンで作成していただいた作品です。
秋のおもてなしのテーブルフラワーをテーマにリーフで花器を用意するところから始めていただきました。

土台にするフローラルフォームのサイズはそれぞれにお任せしたので、ずっしりと大きな方、小さい方、正方形の方、と様々です。手作りのナチュラルな器と馴染ませる為にお花は高さを出さずに馴染ませるように低く生け込みます。

花ではなく、実を主役にして多用した秋ならではのデザインです。実ものは比較的花より日保ちがいいので、ガーベラの部分を少し取り替えていただけば長くお愉しみいただけます。
お弁当箱に愛情を詰め込むような優しいイメージのお花、ジュエリーが溢れんばかりのキラキラしたボックスのイメージ、かとおもうと、晩秋をかんじさせられる、赴き深い作品など、フリースタイルだと、皆様の泉のように湧き出るアイディアにいつも感服させられます。


coopnov20101up.jpg

---------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp/


posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 09:02 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41673908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック