2011年03月24日

動物のレスキュー

やまない余震、野菜の汚染、そして今度は都心での水の放射能汚染・・・。


大地震から2週間というのに、いまだ震災の傷は深く、広く、波紋のように人々を不安にさせたり、苦しめます。
余震や、原発の問題だけでも早く解決して、被災地の復興に国中で全力投球できるように願います。


被災地では、飼っていたペットも野放し状態にされていて、殺処分こそは免れているようですが、過酷な毎日を過ごしているそうです。

犬のフォトグラファー「mili」さんかのブログ(http://ameblo.jp/dogphotographermili/
)で、そういった動物をレスキューしてくれる団体さんがいらっしゃることを知りました。

今回の震災で特に大きな被害を受けなかった私どもですが、わが身になって考えたとき、愛犬のことが一番気がかりです。

きっとリードの手を外すことなく、私もずっと最後まで愛犬と一緒に寄り添っていくことを切願することと思いますが、これほどの震災でいったいどのような状況が自分に襲ってくるのか、その時いったい自分がどうした対処が求められるのか、全く想像できません。

ペット連れの被災者の家族受け入れが難しくて、たとえ自分が大変な状況でも、愛犬だけでもこういった団体さんにレスキューしてもらって、温かいベッドで休んでいてくれていることが保障されるだけで、どれだけ心が満たされることか思います。

今たくさんの募金が紹介されていますが、私もこの「一般社団法人UKC JAPAN」に募金させていただきました。

レスキューするにも、搬送のガソリン、人、物資、レスキューしてからの保護、そして場所、食事代と、きりがないぐらい何から何まで物入りなことと思います。

テレビで広く紹介されている募金はある程度資金も集まり易いことと思いますが、こういったペットのことまで報道でも手が回ってこないことと思いますので、きっと厳しい条件の中で、団員さんが懸命に活動してくださっていただいていることと感謝致します。


遠くから状況を見守るだけでなかなか自分でできること、ということも限界があり、歯がゆき気持ちが募りますが、一匹でもワンちゃんが早く飼い主さんのもとに戻って温かいお部屋で過ごせることが出来ますように心から願うばかりです。




もしよかったら、是非、募金のご協力お願い致します。

------------------------------------------------


一般社団法人UKC JAPAN

〒621-0046 京都府亀岡市千代川町北ノ庄惣堂6番3

一般社団法人UKC JAPAN




一般社団法人UKC JAPANのブログ

http://ameblo.jp/dog-rescue/



一般社団法人UKC JAPAN

http://www.amane-taz.com/




物資の送り先↓
〒253-0102
神奈川県高座郡寒川町小動341
グローリータッズ湘南
TEL:0467-84-7456 FAX:0467-84-7457


◎銀行振込み
京都銀行
須知(しゅうち)支店
口座番号:普通 3594957
口座名義:「命(ヌチ)どぅ宝 一般社団法人UKC JAPAN」


◎現金書留
〒621−0046
京都府亀岡市千代川町北ノ庄惣堂6−3
「一般社団法人UKC JAPAN」 宛



ranankyurasu.jpg


posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 08:54 | TrackBack(0) | ドッグ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43975273
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック