2011年08月24日

ドライフラワーのアレンジメントレッスン

今日の午前中コープとうきょうさんのフラワーアレンジメントのレッスンで作製していただいたドライフラワーのアレンジメントです。
ドライフラワーアレンジメントを製作する際の一般的な形を説明させていただきましたが、出来上がった作品は驚くほど創意工夫がされていてとても楽しく拝見させていただきました。

ドライフラワーは水分をほとんど含まないカサカサとした質感なので、それにあわせた器の用意も必要になります。以前のレッスンで利用したブリキの器をご用意いただきましたが、それ以外でも木製の器、陶器の器、をご持参なされたり、サイザル麻で編みこまれた器をご提案させていただいたりしました。モダンなイメージよりもカントリーっぽい雰囲気を楽しむために、素朴な器や陶器でもマット感のあるものが適しています。

ルリ玉アザミやセンニチコウ、ラグラス、ヘリクリサムなどは生花のときから同じような質感なので、旬の季節に生花で見つけたら新鮮な状態ですぐにドライフラワー作りをしてみるのも自家製の花材ができて便利です。

ラベンダーは中でも香りの素晴らしい富良野産のものなので、まだまだ続く残暑の中、寝室などで心地よい眠りにこのアレンジメントが皆様のお役に立てたら。。。と願っております。


dryflower.jpg

--------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp


posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 15:02 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47529482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック