2012年06月19日

カストラート

最近映画も年に2〜3本観るぐらいの頻度になってしまいましたが、パリに行く飛行機の中では往復で目一杯映画を見てしまいます。
今年も行きに5本、帰りに4本観賞できてしまいました。
(帰りは偏西風の影響で飛行時間が短いのです。)

その中で気に入った映画のひとつがイタリア映画の「カストラート」。

18世紀のヨーロッパが舞台で壮麗なゴシックの甘美な世界が広がります。
当時の音楽事情、兄弟の微妙な愛憎、アーティストとしての葛藤、諸々が物語に織り込まれていて、主人公「ファリネり」の歌声にどんどん引き込まれていきます。

「カストラート」とは18世紀のヨーロッパで、ボーイソプラノを維持するために人為的に去勢された歌手のことを呼びます。
今は存在することのない幻の声となってしまいましたが、その背徳的で禁断の雰囲気にもぞくっとしてしまいます。


純粋に映画を楽しめるといいのだけれど、うちのぴゅんのことが時折 脳裏をよぎり寂しくなりました。



farinelli.jpg
*画像はDVDの表紙のページからコピーさせて借用させていただきました。


--------------------------------------------------
ミルフルール・フラワーデザインのHPは・・・
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/

ブライダルのウェディング・ブーケや会場装花のページは・・・
http://www.mille-fleurs.sakura.ne.jp/

フラワーアレンジメントのレッスンのサイトは・・
http://www.mille-fleurs.sakuraweb.com/lesson/

ミルフルールのお花を調べようと思ったら・・ ・
http://www.tableflower.mimoza.jp
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 18:35 | TrackBack(0) | ドッグ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56578477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック