2006年08月29日

アイスフラワーの睡蓮

時が止まったかのような印象を受けるお花、アイスフラワーのご紹介です。
プリザーブドフラワーと違ってアイスフラワーは氷点加工されたいわばお花のフリーズドライです。なのでお花の色もナチュラルで生花と見間違えってしまうほどの美しさです。生花よりはお値段は高いですが、その分3〜4ヶ月の長い期間楽しめます。バラの種類も豊富でプリザーブドフラワーのように人工的に着色されていないのでお式が終わってからもずっと余韻を楽しみたい花嫁様にお薦めです。これからブライダルのブーケでもどんどんご紹介させていただこうと思っておりますのでご期待下さい。
そしてこれは睡蓮のアイスフラワーです。睡蓮は生花ですと水揚が難しいのでこのような形で利用するのが不可能です。でも7月8月の真夏のブライダルでアイスフラワーの睡蓮を並べたメインテーブルなんてとても高貴な感じがしませんか?ぜーんぶゲストの方にお持ち帰りいただけますのでご参加される皆さんにも喜んでいただけることと思います。



waterlily.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:32 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6351294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック