2007年02月09日

SPRING HAS COME!

春の小花のいよいよ登場です。
この限られた早春に楽しめる嬉しい花々です。
2月の教室通信でもお話していた小花が入荷したので、少しご紹介させていただきます。
http://www3.ocn.ne.jp/~m-fleurs/tushinFeb07.htm

去年、小花たちを入荷した時期は、みしみしと少し固くなった雪の上を歩きながら花を運んでいたなぁ・・とちょうど1年前のこの頃を思い出しました。本当に今年は2月とは思えないほどあたたかいです。

根付きのムスカリと、水仙。この季節の楽しみです。
明後日、日曜日のレッスンで早速花材としてお渡しします。
「わーっ球根が付いてるーっ!!」というリアクションが楽しみです。
通常のアレンジのお届けですと、根がついていても切り落としてあしらうので、根付きをお渡ししてご覧いただけるのはレッスンならではの楽しみです。根付きとご説明しているのは、球根から丸ごと切花として売られていることです。ちょっとしたおまけ付きみたいで嬉しくなりますよね〜。
切るのが何だかもったいなくなります。

さて、最初に登場するのはユリ科のお花で春を最初に告げてくれる花の天使、ムスカリです。とてもいい香りがします。
musukari.jpg

次ぎはおなじみ、ミニ水仙。黄色い色合いがまさしく春色です。これも根が付いてます。
suisen.jpg

こちらは大きい水仙ですが、色合いが上品な淡い色です。アイスフォーリスという名前です。
icefolisu.jpg
この季節の楽しみ、翁草(おきなぐさ)。お花が終わってからふわふわした綿のような種がまた切花として出回ります。小さいのにとても存在感があります。
okinagusa.jpg
春の代名詞、ヴィオラ。
viola.jpg

それからクローバーと同じ仲間、ストロベリーキャンドル。
赤ツメ草をきゅーっと伸ばしたキャンドルの炎のような形をしています。
これも私が大好きなお花です。

strawberrycandle.jpg

まだまだ小花は続きます。書き切れないので今日はこのぐらいでまたこの次のご紹介としましょう。レッスンでは10種類ぐらい使うことと思います。

春の小花との出会いは限られた数週間なので、このせつなさが、より一層貴重な一会に思えてなりません。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:48 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6351371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック