2007年02月18日

ライム色の秋色あじさい

グリーンX白のテーマカラーのウェディングの装花です。
TATOU東京さんはゴージャス感の天井も高くて広く、スポットライトなどでの劇的なシーンの演出が素敵な会場さんです。お花もライティングに耐えうるだけの通常より力強さを感じるお花が似合うと思います。

秋色アジサイはブルーっぽいアンティークカラーやボルドーカラーのものが浮かびますが、今回利用した秋色アジサイは爽やかなライムカラーでシックなウェディングの会場装花のデザインにはぴったりです。

お花のボリューム感もあるので、豪華な会場に、より華やかさを感じさせます。グリーンは特注のマダガスカルジャスミンのつるです。
メインテーブルが客席より一段高くなっているので、ブーケデザインに利用のアイビーなどのつると比べて線の太さでしっかり存在感をアピールします。
とっても品のあるフラワーウェディングになりました。
後ほどサイトでも詳しくアップさせていただきますね。

TATOU1.jpg

そしてグリーンと白のバラのプリザーブドフラワーのアレンジはこんな風にしあがりました。
白バラにはかすかにシルバーのラメがダイヤモンドダストのように輝きます。
調度この時期は東京は粉雪が舞う確率が高いので、ピュアな雪とそこから春に向かって若葉が芽生える未来への希望のイメージと重ね合わせたこれから若いおふたりの新たな旅たちをそんなイメージでした。
幸いにも昨日は雨も遅くなるまで降らずお天気も持ってくれましたので、外に飾らせていただいたお花もニコニコです。
本当に今年はあたたかいですよね。
TATOU2.jpg


ドアにデコレーションするウェルカムフラワーもプリザーブドフラワーでコーディネート。
リースにくくりつけた長い長い柔らかいブラウンのオーガンジーのおリボンがゆれる度、冬風がそっと自分の居場所を教えてくれながら一緒に祝福してくれてます。

TATOU3.jpg
そしてアレンジの花材のご説明やアレンジのタイトル(誠に勝手ながら・・・)それからお花の取扱説明を添えて皆様にご用意させていただきました。

プリザーブドフラワーは高価なイメージですし、聞いたことはあるものの、実際ご自宅で飾られる方も少ないと思いますので、ゲストの皆さんも素敵なプレゼントにきっと喜んでいただけたことと思います。
TORISSETU.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 11:46 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6351377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック