2007年04月01日

桜満開のガーランド

3月最後の土曜日、東京は桜満開の週末となりました。
今日は雅叙園さんにブーケや装花のセッティングで伺いましたが、途中の目黒河沿いの桜が満開でお花見を楽しむたくさんの人手でにぎわっていました。風もつよいので薄い花びらがひらひら風の流れに舞い降りてます。

桜満開にあわせた今日のこの日のブライダルにあわせて桜のガーランドをご用意させていただきました。
1本の長さが2mほどで10本以上用意して装花のセッティングに臨みました。

桜の切り枝は啓翁桜をよく目になさると思います。
この日のために私は東海桜をご用意いたしました。
桜の花は開花すると花びらが落下しやすいので、テーブル花には控えましたが、鏡開きの周りには桜の枝をたっぷりと・・。
花びらが散りやすいものは、食べ物周りには、かえって不衛生に受取られてしまいますので気をつけます。

なので、この日のためにこのフェイクの桜のガーランドを見つけて、ずっと温めていたのです。
フェイクですが、色合いも上品ですし、お花のサイズが本物より一回り大きく存在感があって、素晴らしいです。

sakuragarland.jpg

テーブルクロスの赤を背景に薄紅色の花色がまさに桜ドロップです。
会場が派手さのある和風のインテリアでしたので、お下見をさせていたとき、映画の「さくらん」のイメージがめらめらとわきあがってきました。ブライダルにはちょっと強すぎるインパクトなので、その色合いに春霞のパステルのヴェールをかぶせたイメージに仕上がりました。

sakuragarland2.jpg

お花もぐっと和のイメージです。
この日のために特別に仕入れたミニサイズのグリーンアンセリウムの表情が繊細で見入ってしまいます。器も高さが22cmほどと高さがある塗りの器で落ち着きがあります。
ここからがミルフルール・フラワーデザインのすごいところですが、この器もゲストの方にお持帰りいただいております。
お持帰りいただくゲストの方も大層なプレゼントにきっととても喜んでいただけることと思います。

<フラワーレシピ>
ミニのグリーンアンセリウム・グリーンシャムロック・アストランティア・マリモ・グリーンのヒペリカム・白のラナンキュラス・スプレーカーネーション(ロイヤルグリーン)と緑づくしのお花をはじめ、バラのアフタヌンティー・ガーベラ (フォタモルガナ)カーネーション(プリメロマンゴー)などです。着物の絞り模様を意識しました。

ガーベラも画像ではうまく表現できてませんが、実物は玉虫色した何ともいえない表情の赤色で深みがあります。

sakuragarland3.jpg

そして高砂のテーブルは、大きなサイズのアンセリウムを利用しています。

gajoen.jpg

雅叙園さんは原則外部からの業者のお持込はご許可をいただけないそうです。今回のウェディングは特別なお取り計らいだと思われます。
この件でのご質問等は大変申し訳ありませんが、お受けいたしかねますのでご了承くださいませね。

さて、桜の花を楽しめるものあと数日です。
桜の木が葉桜になる頃、4月は新しい生活が始まる皆さんもたくさんいらっしゃることと思います。
素晴らしいスタートの1年となられますように・・・。
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:50 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6351389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック