2007年06月19日

ヒオウギアヤメ(檜扇文目)

葉の付き方が檜扇に似ているから、ヒオウギアヤメと呼ばれます。3方に広がる外側の花びらの全長でも子指ぐらいの小さな花を咲かせます。
蕾のままで入荷し、水揚すると直ぐ咲きますが花も1日ぐらいで終わってしまいます。大きなアヤメでも咲くとこの種類の花は切花では花のもちはあまりよくないのが常です。
花びらの面が広くそしてとても薄いです。
hiougi.jpg

hiougi2.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 23:47 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6351421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック