2007年06月20日

バイカウツギ(梅花空木)の薫り

パリのdiptyque(ディプティック)キャンドルは数え切れないほどの花の香りの種類があります。

今回バイカウツギの花の香りのキャンドルをパリで買ってきました。
フランス語でセレンガ(SERINGA)と呼びます。
バイカウツギは5月〜6月頃咲くお花です。
枝物で入ってくる、小さな白いお花です。

アジサイと同じユキノシタ科のお花で、花が梅の花に似ていて、茎が空洞になっているということからこのような名前が付いています。

花に顔を近づけてみると、石鹸のような爽やかな香りがします。

baikautugi3.jpg
枝から小さく切り落として、ポットに生けてみました。
すると枝についているときの閑静な印象とはまた別のスプレーウィット(小さなオールドローズ系のバラ)のような清楚な姿を見せてくれました。
baikautugi2.jpg

baikautugi1.jpg
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 17:49 | TrackBack(0) | Flower Lesson
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6351422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック