2020年06月05日

シルキーラテ

petunia,
monroe walk series, silky latte.

ペチュニアのモンローウォークシリーズは、ニュアンスカラーのラインナップで今までのベチュニアのイメージを変えました。

この花色はシルキーラテという種類になります。

このポット苗が入ったティーカップのような器はチャンバーポットと呼ばれる古い陶器で、昔ヨーロッパで使われていた、いわゆるオマルです。

古い映画では子供がこれにしゃがんでるジーンを見つけることもあります。が、フランス映画でレア.セドゥ演じる映画、小間使いの日記で、仕えているお屋敷の奥さまの寝室のベッドサイドテーブルの棚から、メイドがこのチャンバーポットを取り出して片付けるジーンが一瞬あって、メイドってそんなことまでさせられるのって、さすがに驚きました。

水洗トイレが登場するまではこの携帯トイレは寝室での夜間の使用目的で子供だけでなく大人も一般的に使われてたようです。

今日はすっかり下ネタになってしまってすみません。


_36A5720.JPG

#ペチュニア #モンローウォーク #シルキーラテ #petunia #monroewalk #silkylatte #小間使いの日記 #チャンバーポット #chamberpot
#LeJournaldunefemmedechambre
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 16:04| Flower Lesson

2020年06月04日

ローマ

astrantia, rome.

ピンク色のアストランティア、
ローマと言う名前です。

いつのまにかもう6月。

ぴゅんのトリミングに行ったら虫除けの商品が売っていて、蚊の対策始めなきゃ、にはっと気づかされてます。

コロナにばかり気をとられてると、いろんなことが意識から飛んでしまいそうです。

フィラリアの薬は年中飲ませてるので大丈夫。

今日も縞々模様の蚊を見つけました。

_36A5676.JPG


#アストランティア #ローマ #astrantia #rome
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月30日

サンアデュー

rose, sans adieu.

まっき黄のスプレーローズ、
サンアデュー。
またまたフランスネーミングですね。

sansは英語のwithout,
アデューは訳すとサヨナラ、
だけど、永いお別れを意味する。
さらばじゃ、みたいな感じ。

永遠のお別れじゃないよって
回りくどいけど、サンアデューを
普通のサヨナラ、の意味で
使ったりするようです。

普通のサヨナラは、
au revoir.
英語の
see you,
日本語なら、さしづめ
またね!

とはいえ、
バリバリ愛知みなみ渥美のバラです。

_36A5284.JPG



#サンアデュー #バラ #ローズ #sansadieu
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月15日

ブルーミルフィーユ

rose, blue millefeuille.

モーヴピンクのバラ、
ブルーミルフィーユ。

最近の真夏日で、バラも大変そうです。

来月予約していた伊豆の予約もやぬを得ず今朝キャンセルの連絡をしました。
東京は未だ先が見えないです。

半年前にはこれほどまでとは思ってもいなかったです。

静岡コネクションの話によると、静岡も解除されて、駅前とかすごい人混みにいきなりなって、また心配だと言ってるそうです。

_36A4116.JPG


#ブルーミルフィーユ #バラ# bluemillefeuille #rose
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月13日

ルーズベルト

peonies, roosevelt.

うれしい芍薬の季節。

淡いピンクのルーズベルトです。

30度の暑さのせいで、仕入れた先からどんどん花開いていきます。

先週仕入れた芍薬はまだまだ二分咲き程度なので逆転現象が起きてます。

_36A3888.JPG


#芍薬 #ルーズベルト #peonies #roosevelt
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月12日

チャイムライトピンク

campanula, chime light pink.

カンパニュラのチャイムライトピンク。
今が季節なので花色も豊富です。

ピンクも濃いめの種類が他にあるので、こちらの薄めのピンクは、ライトピンクと区別した名前がついてるようです。

紫外線が強いからでしょうか。
もっとピンクなのに、青っぽく写りました。

_36A4095.JPG


#カンパニュラ #チャイムライトピンク #campanula #chimelightpink
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月11日

ノビオラベンダーシック

bonnefêtemaman.

こんなご時世ですが、、、。 どうぞ素敵な母の日をお過ごしくださいますように。

今年のカーネーションは
ノビオラベンダーシックです。

_36A2872.JPG



#母の日 #カーネーション #ノビオラベンダーシック #bonnefêtemaman #mothersday
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月10日

麻里

clematis, mari.

クレマチスの麻里。

この前のローグチと麻里は、切り花のクレマチスではよく出回ります。
きっと水揚げがいい品種だからなのでしょうね。

_36A3425.JPG


#クレマチス #麻里 #clematis
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月09日

クリスタルドレス

rose, crystal dress.

クリスタルドレス。

ヌードカラー寄りのピンクで、
花弁の外側が緑色になっている
アンティークなバラです。

東京でもコロナの感染者数が以前より少なくなってきていて、少し気持ちが緩みそうです。

徒然草の高名の木登りしかり、
こういう時こそ一段と気を引き締めなければと、肝に命じて過ごしております。

_36A2924 (1).JPG

#crystaldress #rose #クリスタルドレス #ローズ
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月04日

ローグチ

clematis.

クレマチスのローグチ。

最近はまっているのが、レモネード。

切ったレモンを寝室に置くと快眠がとれると、嘘か真かネットで見たので、もったいないから絞り切ったレモンを置いてみました。

レモンは夜のイメージがないですが、香りが一晩中持続して癒されます。

_36A2780.JPG
#クレマチス #ローグチ #clematis
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月03日

フローレンス

rose, florence.

フローレンス。

から揚げ咥えたカラスが、
目の前のベランダに停まってドッキリ。

直ぐに他に飛んでいったので
ホッとしましたが、
家にいると、色々起こります。

_36A1562.JPG


#ローズ #フローレンス #rose
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月02日

プラチナブルー

delphinium, plutinum blue.

初夏の陽気で、
マスクをつけてると暑いです。

昨日フランスの方の話を聞いたら
5/11からやっと100キロ圏内の移動が許されるようになったとのこと。

でも、
レストランやカフェはまだまだだと。

日本もまだまだ。

_36A1892.JPG


#デルフィニウム
#delphinium
#プラチナブルー #pltinumblue
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年05月01日

キャナリーブリリアント

peonies, canary briliant.

梅雨いりまえのこの季節、
芍薬が花盛りです。

バラのジュリアの色合いでニュアンスカラーが芍薬にしては珍しいです。
お庭で育ててる方もいらっしゃるかも。

キャナリーブリリアント。
カナリアの羽みたいだからかな。(不明)
花弁はセルロイドみたいな質感です。

スモークツリー、ラベンダーが市場に出始めるともうすぐ梅雨入りのサイン。
街ではドクダミの花が低く咲いて雨を呼んでます。

昨日からぴゅんとフランスに行ってたはずなのに、いつもの当たり前はあまり前ではないことを、しみじみ感じます。

電車も3ヶ月ぐらい乗ってないかも。
髪の毛も人生で一番伸びて
ラブジェネのキムタク気取って
後で束ねられるぐらいになったけど、
その実、ひっつめおばちゃんになってます。

_36A4998.JPG



#キャナリーブリリアント #canarybriliant #芍薬 #peonyflower
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

スズラン

muguet.

今日はすずらんの日。
もう5月です。

桜も見てないうちに
ツツジが綺麗に咲き誇ってます。

人の辛さをよそに、
季節だけは淡々と
過ぎていくんだなぁ。

収束を願って
今日もステイホームです。

_36A1241.JPG



#スズランの日 #スズラン #muguet
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年04月30日

エンジェルローラ

angel rola.

スプレー咲きのエンジェルローラ。
花が大きめなので華やかです。

花を仕入れてきたので少しずつまたご紹介します。

うちのベランダは、ピンクのローズゼラニウムが花盛りです。

_36A1187.JPG

#エンジェルローラ #ローズ
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年04月01日

コロナ対策

日に日にコロナウィルスのニュースの内容が深刻になってきています。
ニューヨークの医療状況は大変な危機的状況です。
そこで働く日本人医師は、これがこれから日本に起こりうるであろう事態なことをきっちり認識してほしいと切実に訴えていました。

ネットでたまたま目に入ったタイトルから、イギリス在住の日本人の方のブログを読んでみたら、その方の住んでいる都市は、巨大精肉工場の冷蔵倉庫を借り抑えしたとのこと。いよいよ食糧の買い占めに入ったのかな、と想像しながら次の文章に進んで、愕然としました。
遺体安置所の確保である、と。
そして医療従事者のその人の友人は「まだ始まったばかり」と言っているそうなのです。

イギリスのある一都市で毎日100人単位の死者、
人口密度から考えて、中野区で毎日100人単位の死者、と考えるとぞっとしてしまいます。
でもまさにこれが海外では現在進行形で起こっている事実です。


これからどんなことが待ち受けているのでしょうか。
何よりも医療現場の受け入れが鍵となることと思います。

感染はどんどん広がっていくことでしょう。
もし夫が感染したら、同居の私も感染することでしょう。
自宅待機で済めばいいですが、二人とも入院となったら、ぴゅんはどうなるのか、感染家族の家のペットということで誰もお預かりするのはためらわれることだと思います。それはペットホテルでさえ同様です。
もし、もし、もしも、の心配のアンテナを張り巡らすとキリがないですが、ぴゅんのためにも頑張らなくてはなりません。ぴゅんのことが一番心配です。

通常は慈善や助け合いで頼れることも、すべての可能性が潰されてしまうことが伝染病の怖さです。
志村さんの死をもって、より強く思い知りました。

自粛で運動不足解消のために、今ペットのレンタルが人気と今朝テレビで放送されていました。
商魂たくましいのにもほどがあると憤りを感じました。
動物は人間よりもより一層繊細な生き物です。
アマゾンのCMでも言っていましたが、犬はおもちゃではありません。
こんなことを考えるのは日本人だけじゃないでしょうか。モラルが問われます。
大事なのはむしろ、感染者家族のペットの保護ではないでしょうか。

経済活動がどんどん停滞していく中で、これからの生活困窮、失業、問題は山積みですが、今大切なことはなにか、ひとりひとりの自覚が必要とされています。



posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 14:45| Flower Lesson

2020年03月22日

カフェラテ

rose, caffee latte.

茶バラのカフェラテ。

琺瑯のポットの絵柄のバラと同じ色でおあつらえむきです。

家族が昨日、熱海に行ったら三連休ともあって、お土産売り場も黒山の人だかりだったそうです。手ぶらで帰ってきました。

東京は小康状態ですが、ヨーロッパはパンデミックが大変なことになっていますね。

今年もぴゅんと5月末から6月にかけて渡仏を予定していましたが、昨日取り止めることに決めました。仕方ないです。

エールフランスは、今回は特別措置ということで、キャンセル料なしで一年間有効のヴァウチャーを発行してくれました。

ホテルにも連絡したら、今3週間の営業停止を強いられているとのこと。深刻ですね。

自分だけなら決行してたかもしれないけれど、入国後に現地で私が行動制限などをかけられたりしたら、とか不確定要素が多いと、何よりも、ぴゅんが心配です。

フランス人、手を洗う習慣ないんですよね、ドイツ人も手を洗わないって言ってたから、ヨーロッパ人、全般手を洗わないのか、それとも日本人が特別清潔なのか。

うがい、手洗いは、子供の頃からしつけされて、空気を吸うのと同じぐらい当たり前のことなのに。


_36A0198.JPG



#カフェラテ #ローズ
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年03月18日

ネグレッタ

こんなご時世でも、桜の蕾は膨らみ、季節は人の思いもよそに淡々とすすんでいきます。

今月始めに、深夜の妙な時間帯、深夜2時にテレビで映画、ヴェニスに死すが放映されてました。

監督ヴィスコンティ、没後40周年だからか、それとも別の意図があってなのか、分かりませんが、あまりにもタイムリーな内容で、歴史は繰り返してるのかと、思い色々に録画鑑賞しました。

そもそも1347年、ヴェネチアでペストが流行したとき、感染を広げないために、船を40日間強制的に港に停泊させる法律を作ったことが、検疫のquarantine(もともとは40という意味です。)の語源となっています。

ぴゅんとの渡仏もあり、quarantineの単語は馴染みです。

学生時代に映画を観たときは感動して、ヴェニスの砂浜に憧れたものですが、今観ると、なんか、、と苦笑してしまうシーンが
たくさんありました (-_-)゛。 また年を重ねると味わい深く観れるようになるのかな。

コロナウィルスのヨーロッパの現状は悪化してますが、日本は沈静化してるのかと錯覚するほど、家の周りは穏やかな日常が流れてます。

お彼岸も間近なためか、花の市場もいつも通りの花屋さんの顔ぶれで賑わっていました。

慎重になりながら、経済を回す。

私も静かに仕事再稼働です。


_36A0194.JPG



#チューリップ #ネグレッタ #tulips #ヴェニスに死す #ヴィスコンティ
#映画鑑賞の記録
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年02月19日

サンキュラスピーチ

ranancuras, suncuras peach.

宮崎県産のブランド、
サンキュラスシリーズの
ラナンキュラス、サンキュラスピーチ。

サンは宮崎の太陽、キュラスはラナンキュラスを連想させる全くの造語です。

花の色香に一層癒される今日この頃です。

昨晩近所の犬友さんからラインが回ってきて、杉並区の総合病院でコロナが発生して閉鎖しているそうとのこと。
調査中のせいかテレビではまだ正式に発表されてないみたいで、もう客船どころではなく既に巷で感染が広がってるみたいです。

ヤクルト1000を飲んで、免疫力を強化するしかないです。

_36A9140.JPG


#ラナンキュラス #サンキュラスピーチ #ranancuras#
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson

2020年02月18日

パステルラベンダー

delphinium, pastel lavender.

青い花、デルフィニウム。
パステルラベンダーです。

今、梅の花が綺麗ですね。
今年は桜の開花も早そうな予感。

花卉市場の花の入荷に
日々敏感に季節を感じているものの、
慌ただしい毎日の中、
街の桜や紅葉の時期は気づくといつも、
いつのまにか終わっているので
大事にしなきゃな、と思います。

_36A7926.JPG

#デルフィニウム #パステルラベンダー #delphinium #pastellavender #リューココリネ #コキンベンシス
posted by ミルフルール・フラワーデザイン at 00:00| Flower Lesson